4月25日
ピーター・ガブリエルのスレッジハンマーは僕を何度もノックする!? 
33
4
 
 この日何の日? 
ピーター・ガブリエルのシングル「スレッジハンマー」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1986年のコラム 
四月に雪が降ることもある、ありがとうプリンス… 感謝してる

モノマネはデーモン小暮、聖飢魔Ⅱを聴きまくった人生の転換期

夏を逃すな!サザンとは違う渇望から生まれるTUBEの世界観

宮殿ディスコの発火点、あの「マハラジャ」が京都祇園に誕生した日!

ピーター・ガブリエルの「スレッジハンマー」に脳天ガツンとやられました

大映ドラマの主題歌にこの洋楽を使いたい、胸アツ!ランキング Part1

もっとみる≫

photo:FANART.TV  

尺八の音が流れた後、わずかな間をおいてワクワクするようなホーンのフレーズが鳴り響く。

ピーター・ガブリエルの「スレッジハンマー」は、80年代で最も印象に残っているヒット曲のひとつだ。そして、なぜだか忘れた頃に僕の前に現れる曲でもある。

スレッジハンマーとは、大きなかなづちのこと。つまり、サビで歌われる「僕は君のスレッジハンマーになりたい」というのは、いささかセクシャルな意味あいを含んでいる。

ピーター・ガブリエルは、70年代に5大プログレバンドのひとつと称されたジェネシスのリーダーだった人だ。演劇的な要素を大胆に取り入れた音楽性は高く評価されたが、1975年にバンドを脱退し、ソロアーティストとなった。

「スレッジハンマー」がリリースされた1986年といえば、かつてのバンドメイトだったフィル・コリンズが全盛期を迎えていた頃だ。エンターテイナーとしての天性の素質とコマーシャルな曲を書く才能によって、彼はジェネシスをプログレバンドからポップバンドに変え、それ以上にソロアーティストとして大ヒットを連発していた。

そんなフィル・コリンズの活躍を、ピーター・カブリエルがどう思っていたかはわからないが、4年振りにリリースされたアルバム『SO』は、風変わりで個性的ながら、いつになくポップな要素を含んだ作品だった。中でも「スレッジハンマー」は飛び抜けてポップな曲だった。

この曲は1986年4月にリリースされると、秀逸なミュージックビデオの効果もあり、じわじわとチャートを上昇していった。そして7月には、奇しくもジェネシスの「インヴィジブル・タッチ」を蹴落とす形で全米ナンバーワンを獲得した。

友達とオートバイレースを観に鈴鹿サーキットへ向かう途中、『全米トップ40』というラジオ番組の公開放送があったので立ち寄った。そのときの第1位がちょうど「スレッジハンマー」だった。友達も僕も好きな曲だったから、一緒になって喜んだのを覚えている。

僕がなにより感心したのは、ピーター・ガブリエルがこの大ヒットを、いとも簡単にやってのけているように見えたことだった。あれだけアーティスティックな人が、「ヒット曲なんてちょろいもんだよ」と、僕らが喜びそうな曲を作って、ひょいと差し出してきたように思えた。実際、「スレッジハンマー」は、斬新なアーティスト性とコマーシャリズムが見事に溶け合い共存している曲だった。

このヒットの相乗効果で、アルバム『SO』は全米だけで500万枚を売上げ、チャートでも第2位を記録した。1988年9月にはアムネスティー・インターナショナル主催のコンサート『ヒューマン・ライツ・ナウ』のメンバーとして来日。そのときのステージで、僕は生の「スレッジハンマー」を聴いている。

時は流れ1998年。ひとり暮らしをしていた六畳一間のアパートでのこと。テレビをつけたまま雑誌を読んでいると、突然「スレッジハンマー」の冒頭に流れる尺八が聞こえてきた。

雑誌を置いて画面を見ると、とんねるずの番組だった。ゲストがお互いの嫌いな食べ物を言い当てるコーナーで、この曲の尺八部分が効果音として使われていたのだ。番組自体も面白かったので、その後もときどき見る機会があったのだが、尺八の音色が流れるたび、僕は「スレッジハンマー」を想い出した。

時はさらに流れ2010年。かつて読売ジャイアンツのファンだった僕は、長い逡巡の末、横浜ベイスターズのファンになっていた。その年、北海道日本ハムファイターズからひとりの外国人選手が移籍してきた。彼の名前はターメル・スレッジといった。

ある日、以前よりはいくらか広くなった自分のアパートで、僕はプロ野球のナイター中継を観ていた。読売ジャイアンツ対横浜ベイスターズの試合。スレッジ選手に打順が回ってくると、スタジアムにあのワクワクするようなホーンのフレーズが鳴り響いた。

スレッジハンマー!

反射的に僕の胸は高鳴った。そして、なぜか笑った。後で知ったことだが、スレッジ選手のニックネームは「スレッジハンマー」だった。これは長距離バッターということで、セクシャルな意味あいはないと思う。打席に向かうスレッジ選手を観ながら、僕は24年前のとても暑かった夏の日のことを想い出していた。

友達と行った鈴鹿サーキット。走り抜けるオートバイ。耳をふさぐようなエンジン音。そして、その前に立ち寄った『全米トップ40』の公開放送のことを。アシスタントDJの女性が、こんな風に曲に合わせて歌っていたことを。

アイウォナビー、スレッジハンマー♪

2017.05.03
33
  YouTube / Genesis Channel


  YouTube / takanaitame
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
Re:minder
この曲も巷でしょっちゅう耳にしました。小洒落た飲み屋にはビデオのモニターがあって、必ずこのミュージックビデオが流れたものです。クレイアニメのコマ撮りという途方も無い作業をよくもまああの時代に。歴史に残る一曲です。
2017/05/03 16:02
1
返信
1970年生まれ
宮井 章裕
とても印象的なミュージックビデオでしたね。当時は高校生で、初めて居酒屋へ行ったくらいでしたから、小洒落た店のことは知る由もありません。このビデオがそんなに流れていたとは。テーマはエロなんですけどねぇ。
2017/05/03 19:31
0
1965年生まれ
宮木 宣嗣
アムネスティーの時、イントロの尺八の後確かドラムの台から飛び降りたのをよく覚えています
2017/05/03 12:09
1
返信
1970年生まれ
宮井 章裕
あ、そうでしたっけ。おぼえているような忘れているような…。次のスプリングスティーンに気もそぞろだったもので。
2017/05/03 14:23
1
カタリベ
1970年生まれ
宮井章裕
コラムリスト≫
10
1
9
8
6
ピーター・ガブリエルの「スレッジハンマー」に脳天ガツンとやられました
カタリベ / DR.ENO
30
1
9
7
9
ピンク・フロイド「ザ・ウォール」はプログレ時代の終わりの始まり
カタリベ / 中川 肇
94
1
9
8
4
まさにワーカホリック、80年代に世界で最も活躍したアーティストは?
カタリベ / 中川 肇
14
1
9
8
3
プログレメタル「クイーンズライク」の原点は4曲入りのミニアルバム
カタリベ / KazーK
16
1
9
8
6
パンクとプログレを融合させミッキーの耳をつけてヤオンで演じたYBO²
カタリベ / ジャン・タリメー
21
1
9
8
2
ラジオ日本「全英TOP20」クイーンの作文コンテストで入賞した賞品は!?
カタリベ / 平マリアンヌ
Re:minder - リマインダー