2月2日
追悼:レナード・コーエン ① ~ 名盤「ロマンシェード」との出会い
5
0
 
 この日何の日? 
レナード・コーエンのアルバム「ロマンシェード(I'm Your Man)」が全米でリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1988年のコラム 
ばちかぶりの自虐? 和製ファンクは白人黒人にゃ敵・わ・な・い

1988年の夏休み、40ベイビーズとVESPAとスライダーズ

1988年夏、福生と上條淳士。BGMはストリート・スライダーズ

それが音楽の魔法、時の流れに左右されることのないアーマ・トーマス

メガデスとモトリークルー、ロサンゼルスの「アナーキー・イン・ザ・UK」

何度もカヴァーしなきゃならないランキンタクシーのプロテストソング

もっとみる≫

photo:Discogs  

今年は大物ミュージシャンの死が多く、音楽ファンとしては非常に残念で悲しむばかりですが、デヴィッド・ボウイ同様新作をリリースしたばかりのレナード・コーエンが亡くなってしまいました(その数日後にはレオン・ラッセルの訃報まで!)。82歳とはいえ、ここ最近は2年ごとに新作を出していただけに(最新作を含めた3作は過去の名作以上ともいえる傑作!)言葉を失うばかりです。

彼の存在を知ったのは80年代中頃。私の敬愛するニック・ケイヴがソロデビュー時にアルバムの冒頭でレナードの「アヴァランチ」をカヴァーしていたことや、私の好きだったインダストリアル・バンドがレナードの「フー・バイ・ファイアー」をカヴァーしていたり、私のフェイバリットバンドでゴスロックの代表格でもあったシスターズ・オブ・マーシーのバンド名がレナードの曲名であったりしたことなどから、レナード・コーエンには大変な興味がありました。

そんな折、彼の新作『ロマンシェード(I'm Your Man)』(88年作)に出くわしたわけです。加えてベストアルバムも購入しました。

『ロマンシェード』の感想は、彼の独特の歌世界がまだあまり理解できず、「ボブ・ディランとセルジュ・ゲーンズブールを混ぜたような渋いジジイ(当時54歳)のうた」というような印象でした。今思うと酷い感想なんですが、冒頭の「ファースト・ウィ・テイク・マンハッタン」や「エヴィバディ・ノウズ」「タワー・オブ・ソング」などはトム・ウェイツのアイランドレコード期に通ずるような異国ムード漂う、中毒性のある楽曲でけっこう愛聴してました。

同時に購入した『ベスト・オブ・レナード・コーエン』は、前述の「フー・バイ・ファイアー」「シスターズ・オブ・マーシー」を収録しており、他にも後にメル・ギブソン主演の映画「バード・オン・ワイヤー」の主題歌としてネヴィル・ブラザースにカヴァーされた同名曲、ベックやジョン・ケイルなどにカヴァーされた「さよならマリアンヌ(So Long, Marianne)」などなど傑作曲ばかり。いずれもレナードの歌を基調としたシンプルな作風ですが、それだけに曲の良さが引き立ちます。当然こちらの盤をよく聴いていたら『ロマンシェード』もぐっと良く感じましたね。

そんな『ロマンシェード』の良さに呼応したのか、ニック・ケイヴやピクシーズらのオルタネティヴ系アーティストやR.E.M.、ジョン・ケイルらによるトリビュート盤『I’m Your Fan』(I’m Your Manをもじっている)が91年にリリースされ、これも大変愛聴させていただきました。

さらに当時としては、珍しく2つ目のトリビュートアルバム『タワー・オブ・ソング~レナード・コーエンの唄』が95年にリリースされます。こちらは、ドン・ヘンリー、エルトン・ジョン、ボノ(U2)、スティング、ピーター・ガブリエル、ウィリー・ネルソンなど大御所が参加。レナード・コーエンのミュージシャンズ・ミュージシャンぶりがうかがえますね。

そんなビッグ・アーティストからの礼賛にもかかわらず、当時のレナード・コーエン自身の人気が通好みの域を出なかったのが残念です。

(つづく)

2016.11.28
5
  YouTube / LeonardCohenVEVO


  YouTube / LeonardCohenVEVO
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1968年生まれ
DR.ENO
コラムリスト≫
7
1
9
8
4
追悼:レナード・コーエン ② ~ 永遠の名曲「ハレルヤ」
カタリベ / DR.ENO
13
1
9
8
4
9月に聴きたいスタンダード、イアン・マッカロクのセプテンバー・ソング
カタリベ / DR.ENO
31
1
9
8
5
ポリス活動停止、ソロになったスティングの「ブリング・オン・ザ・ナイト」
カタリベ / 中川 肇
12
1
9
8
8
愛に溢れたスティングの声、この世の脆さや危うさを母のように訴える
カタリベ / ろーず真理
31
1
9
8
5
セット・ゼム・フリー!スティングがポリス解散後に得た自由
カタリベ / 宮井 章裕
19
1
9
8
1
スティングが歌う日本語、ドゥドゥドゥ・デ・ダダダは俺の言葉さ!
カタリベ / DR.ENO
Re:minder - リマインダー