8月21日
ニューミュージックの定義は単純「松山千春」ただ一人!
48
0
 
 この日何の日? 
松山千春のシングル「季節の中で」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1978年のコラム 
資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 君のひとみは10000ボルト

野性の証明、演歌魂溢れる町田義人のソウルフルなバラード…

さだまさしの「檸檬」リスペクト、僕も聖橋から喰べかけの檸檬を投げた

ジャケットだけが好きになれない!ディーヴォ「頽廃的美学論」の買い方

羽生結弦もむせび泣き、ゲイリー・ムーアは泣きのギターを顔で弾く!

ぎんざNOW!が教えてくれた「ショットガン」と「めんたいこ」の味

もっとみる≫

photo:ラジオ歌謡選抜  

いろいろ調べてみたけど、ニューミュージックというジャンルを明確に定義する文献などは無いようだ。ちなみに広辞苑でニューミュージックを引いてみると “わが国で、1970年代から盛んになった、シンガーソングライターによる新しいポピュラー音楽の総称。欧米のフォークソングやロック・ポップスの影響下に成立” とある。高名な音楽評論家の方の見解も様々でとてもまとめられないので、ここからは、あくまで僕個人のニューミュージックの話として読んでください。

僕の中でのニューミュージックの定義は単純で、ニューミュージックとはシンガーソングライターによる曲。歌謡曲や演歌は作詞・作曲と歌う人(歌手)は別。ニューミュージックは作詞・作曲をした人が自分で歌う曲。じゃあ、フォークとニューミュージックの違いは何かというと、古いか新しいかだ。

1970年代が小中学生だった僕は、この程度の切り分けでニューミュージックというジャンルを捉えていた。当時の僕が大好きだった日本のミュージシャンは、「かぐや姫」や「アリス」や「さだまさし」などなどで、彼らもニューミュージックというジャンルで括られたりしていたけど、小学生低学年から聞いていたこともあって、フォークとは違うのかな、フォークでいいんじゃないか、となんとなく違和感を覚えていた。

『なるほど、これがニューミュージックか』と、僕がハッキリと意識した曲は、松山千春の「季節の中で」だ。この曲がリリースされたのは1978年8月21日、僕が中学1年生の時。この曲以前の松山千春はまったく知らなかったし、当時定番だった音楽番組「ザ・ベストテン」で1位になっても番組への出演を拒否したり、今までのフォークソングと違い、その歌詞も壮大な大地をイメージさせるものだったり、TVCMに採用されたりと、オリコンチャート1位を獲得し、累計枚数でミリオンを達成したこの大ヒット曲は、いろいろな点で新しく、まさに僕にとってはニューミュージックだった。

好きなシンガーソングライターは他にも沢山いるけど、今改めて振り返ってみても、僕の中でのニューミュージックというジャンルのアーティストは何故か『松山千春』のみである。大学生の頃は既にニューミュージックという言葉は死語に近かった気がするし、だからか、その頃から聴き始めた松任谷由美やオフコースはニューミュージックというイメージがないのかもしれない。

今の若者はニューミュージックという言葉を知っているのだろうか。僕たちの時代、人それぞれだとは思うけど、確かにニューミュージックという音楽ジャンルはあったんだ。でも変な言葉だよね。もし、“懐かしのニューミュージックコーナー” なんていうものがCDショップにあったとしたら、古いのか新しいのわからないコーナーになってしまう。死語となって良かったんだね、きっと。

2016.10.18
48
  YouTube / saikt1
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1965年生まれ
藤澤一雅
コラムリスト≫
76
1
9
8
2
北の国から — さだまさし vs 松山千春、北海道といえばどっちだ? 
カタリベ / 藤澤 一雅
22
1
9
7
5
ニューミュージックの扉を開いたハイ・ファイ・セット vol.1
カタリベ / 鎌倉屋 武士
20
1
9
8
1
さだまさしのセイ!ヤング、ラジオから流れるユーモアと流暢なおしゃべり
カタリベ / キマグレ絶望11人いる'16
918
1
9
7
9
男の夢みるわがままソング、さだまさし「関白宣言」は最上級の愛情表現
カタリベ / ミチュルル©︎
46
1
9
8
7
小田和正の名曲「君住む街へ」を生んだオフコース1987年のツアー
カタリベ / 宮木 宣嗣
43
1
9
8
0
僕らには何ができるのだろう、オフコース「生まれ来る子供たちのために」
カタリベ / ミチュルル©︎
Re:minder - リマインダー