7月31日

インディーズ史に残るソノシート、あぶらだこは何故パンクス以外にもウケたのか?

53
1
 
 この日何の日? 
あぶらだこ のインディーズ・ソノシート「あぶらだこ(通称:ADK ソノシート)」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1983年のコラム 
YMO の最後の実験、シモンズドラムを使った「過激な淑女」と「禁区」

マドンナとライ・クーダーに想う、あっちこっちのボーダーライン

過去に戻ってアドバイス!?「あの娘にアタック」と「ライオンは寝ている」

長く暑い夏、東京の酷暑を乗り切るためのスタイル・カウンシル活用法

踊るリッツの夜、もしわたせせいぞうがビリヤードブームの原稿を書いたら

今年のテーマはユーリズミックス、爆音で響けスウィート・ドリームス!

もっとみる≫







数年前に、あぶらだこ のメンバーに、直接質問したことがある。

「あの、何でライブやらないんですか? 解散はしてないんですよね?」
…と。メンバーの名前は伏せるが、この問いに対して、
「恥ずかしいんだよね」
…という答えが返ってきた。

あぶらだこ の、ソノシート型式の『あぶらだこ(通称:ADK ソノシート)』(以下、ADK ソノシート)は1983年5月25日に録音された。発売の開始時期が全国で多少の誤差があったらしいが、インディーズであれば、それは仕方ないことでしょう…。

それでも、『ADK ソノシート』は発売から1か月後には売り切れ、1990年代の再発 CD までの間、かなりのプレミアがついていたともいう。元々インディーズは “自主盤” と呼ばれていたが、そもそも自主盤と呼ばれるようになったのもこの頃である。彼らも「自分たちの音源は自分達で出す!」という意識を持っていただろうが、激しいバンドサウンドは時代にそぐわず、ロックバンドがデビューできるなんて誰も思っていなかった。

だって、メジャーの音楽業界は中森明菜、松田聖子、河合奈保子、田原俊彦、細川たかしであり、ロックと呼べる歌手やバンドはアースシェイカーといったところだ。そりゃあ、パンクもメタルも自分で出すしかないだろう。だが何よりも、この当時のインディーズ盤の制作には、とにかく金がかかったのだ。

あぶらだこ の『ADK ソノシート』は、プロデュースを担当したザ・スターリンのTAM氏のレーベル、ADK レコードからリリースされた。この時期、海外からの影響によりパンクからハードコアの影響が日本のアンダーグラウンドでムーブメントになっていた。ただムーブメントとはいえ、島国であるためか、海外からの情報はタイムラグがあるうえ、文化の違いなど様々な要素が加わり独自のハードコアパンクに進化していく。それはのちに “ジャパコア” と呼ばれる世界に誇るハードコアに昇華していくことになる。

当時のパンクスは、暴走族やヤンキーやスラッシュメタルとの繋がりも多かった。だが、あぶらだこ は色々な面で抜きん出ていたと感じた。それは、『ADK ソノシート』を聴くとわかるが、妙にコミカルな空気があるということだ。“コミカルな空気なのにハードコア?” と思う方は、ぜひ聴いてみてほしい。疾走感がとにかく凄いうえに、空耳で聞こえてくる歌詞は猥雑な反面インテリ臭もする… という、ハードコアならではのエッセンスが盛り込まれている… ことがわかってもらえると思う。

あぶらだこ は、まごうことなくハードコアだ。が、作品ごとに変化していく。『ADK ソノシート』の翌年に『あぶらだこ(通称:ADK 12インチ)』、いわゆる12インチのミニアルバムを出すが、そこにハードコア的な曲は少ない。そらにその後、メジャーからリリースしたハードコアのコンピ盤などでは激しいパンクを披露するも、複雑怪奇なリズムや歌詞が増えていく。特に、歌詞はもう古文を読んでいるかのような感じだし、リズムがすさまじく変化する曲ばかり。

そんな あぶらだこ のサウンドを、「プログレだろ?」と思う方もいるだろうし、「アバンギャルドとか、ミクスチャーじゃないの?」と思う方もいるかと思うが、それは違う。ジャンルは “あぶらだこ” だ。しかし、メジャーに進出してから、彼らのアルバム制作は本当に音楽業界で孤立無援であり、徒党も組まない… といった姿勢で今に至る。そんな環境が、彼らの独自進化を加速させたようにも思うし、その結果、幅広い支持を集めることにつながったのではないだろうか。

しかし、同時に思うことがある。1983年に『ADK ソノシート』を買ってからずっと あぶだだこ を応援してきた身としては、やはりライブをやってほしいのだ。ところが彼らは、初期の曲はホント、演奏しない。そして、忘れかけた頃にアルバムを出すが、それでもライブはほとんどない。2004年には『フジロック』にも出演した あぶらだこ だが、彼らは、やはりライブハウスが似合う気がする。あ!意外にクラブ系でもいいのかもしれない… 石野卓球もカバーしているし。

私は、『ADK ソノシート』はハードコアに限らず、日本の音楽史やインディーズ史に残る名盤である!と確信している。たしかに、いまだに歌詞は発表されてないし、いまだに空耳で解読しているけれど、それでも、皆さん、ぜひ聴いてみてください。特に若い方にオススメです。「音、悪ぃよ」と思うかもですが、聴いてるうちに「この音質が “味” なんだよなあ」…に、変わってくるはずですから!!

2019.10.31
53
  YouTube / P-VINE, Inc.


  YouTube / takkyu ishino
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
鳥居 淳吉
石野卓球さんのカヴァーもかっこいいんですよね
2019/10/31 15:47
0
返信
カタリベ
鳥居淳吉
コラムリスト≫
32
1
9
8
7
これぞインディーズの極北、ゲロゲリゲゲゲのライブ盤「パンクの鬼」
カタリベ / 鳥居 淳吉
92
1
9
8
5
18歳の夏とラフィンノーズ、僕がホンモノのパンクスになれた瞬間
カタリベ / 本田 隆
31
2
0
1
8
THE MODS — 37年目の「TWO PUNKS」と雨の日比谷野外音楽堂
カタリベ / 本田 隆
35
1
9
8
4
ブルーハーツ以前のパンクスター、戸川純に求めたアイデンティティの模索
カタリベ / ソウマ マナブ
46
1
9
8
8
ジュン・スカイ・ウォーカーズがもたらしたパンク・ロックの大革命! 
カタリベ / 本田 隆
14
1
9
8
4
アナーキー&バイオレンス!リップ・クリームは速くて激しいハードコア!
カタリベ / ジャン・タリメー
Re:minder - リマインダー