6月25日

連載開始! EPICソニー名曲列伝:80年代と書いてEPICソニーと読む

109
4
 
 この日何の日? 
佐野元春のシングル「SOMEDAY」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1981年のコラム 
博多ビートパレード:その神髄はとんこつ臭漂う濃厚な「カリスマ性」にあり

ユーミンの「守ってあげたい」その言葉の先には、きっと愛する人がいる

日本における「カノン進行」の源流を探る旅(その2)

ベタでもいい!佐野元春「サムデイ」は私にとってかけがえのない名曲

ディスコ・メドレーになったビートルズ、ビックリ仰天、ショッキング!

EPICソニー名曲列伝:傑作「SOMEDAY」を生み出した佐野元春の編集感覚

もっとみる≫







スージー鈴木です。さてこの「リマインダー」ではこれまで、「80年代音楽解体新書」というコンセプトで、数多くの記事を書かせていただきました。でも、ここでひと区切りということで、次回からは、新しい「連載」を始めたいと思っています。

題して「EPICソニー名曲列伝」。別名「80年代と書いて EPICソニーと読む」。

その先進的な音楽性で、80年代の音楽シーンを席巻したレコード会社=EPICソニー。レーベルの個性が見えにくい日本のレコード業界の中で、なぜ EPICソニーだけが、個性的なレーベルとして君臨できたのか。

その秘密を探っていきたいと思っています。しかしアプローチとしては、いわゆる通史ではなく、あくまで1記事・1曲のスタイルで、EPICソニーが残した名曲を批評しながら、その向こう側に見える EPICソニーの特異性を描き出していきたいと思います。

では具体的に、EPICソニーには、どんな曲があったのでしょうか? この輝かしいラインナップをご覧ください(これらの曲を時系列で取り上げる予定です)。


1.ばんばひろふみ『SACHIKO』(1979年9月21日)

2.シャネルズ『ランナウェイ』(1980年2月25日)

3.佐野元春『アンジェリーナ』(1980年3月21日)

4.佐野元春『SOMEDAY』(1981年6月25日)

5.一風堂『すみれ September Love』(1982年7月21日)

6.渡辺徹『約束』(1982年8月25日)

7.ラッツ&スター『め組のひと』(1983年4月1日)

8.THE MODS『激しい雨が』(1983年9月21日)

9.大江千里『十人十色』(1984年11月1日)

10.大沢誉志幸『そして僕は途方に暮れる』(1984年9月21日)

11.テリー・デサリオ『オーバーナイト・サクセス』(1984年9月21日)

12.LOOK『シャイニン・オン 君が哀しい』(1985年4月21日)

13.渡辺美里『My Revolution』(1986年1月22日)

14.BARBEE BOYS『なんだったんだ? 7DAYS』(1986年10月1日)

15.渡辺満里奈『深呼吸して』(1986年10月8日)

16.小比類巻かほる『Hold On Me』(1987年2月26日)

17.TM NETWORK『Get Wild』(1987年4月8日)

18.鈴木聖美 with Rats&Star『ロンリーチャップリン』(1987年7月1日)

19.大沢誉志幸『ゴーゴーヘブン』(1987年9月2日)

20.岡村靖幸『だいすき』(1988年11月2日)

21.BARBEE BOYS『目を閉じておいでよ』(1989年1月1日)

22.遊佐未森『地図をください』(1989年2月1日)

23.TM NETWORK『COME ON EVERYBODY』(1988年11月17日)

24.佐野元春『約束の橋』(1989年4月21日)

25.BO GUMBOS『魚ごっこ』(1989年7月1日)※アルバム『BO&GUMBO』

26.ドリームズ・カム・トゥルー『うれしはずかし朝帰り』(1989年9月1日)

27.岡村靖幸『あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう』(1990年10月10日)

28.ドリームズ・カム・トゥルー『笑顔の行方』(1990年2月10日)

29.バブルガム・ブラザーズ『WON'T BE LONG』(1990年8月22日)

30.真心ブラザーズ『どか~ん』(1990年9月21日)


圧倒的なラインナップだと思います。私が今これを見て、直感的に思ったことは、こういうことです。

(1)EPICソニーとはJポップだった:このラインナップは、基本的には歌謡曲ではなく、ロック系の楽曲がほとんどです。ただ、80年代までの日本ロックの一部が発していたある種の暑苦しさが無く、全体的にさらっと乾いたイメージの曲ばかりです。これは、言ってみれば、90年代以降の「Jポップ」の予兆だったのではないでしょうか。

(2)EPICソニーとはビジュアルだった:あと「絵が浮かびやすい」ことも、EPICソニー楽曲の特徴かもしれません。その「絵」とは、プロモーションビデオ(PV)だったり、タイアップCM だったり、もしくは80年代後半から始まった EPICソニーの番組=テレビ東京『eZ』だったりと様々でしょうが、とにかく、音だけではなく、ビジュアル面まで工夫が凝らされている音楽が多かったと言えるでしょう。

(3)EPICソニーとは、つまるところ佐野元春だった:EPICソニーが統一的なイメージを持ち得たのは、そのまん真ん中に佐野元春がいたからではないかと考えます。そして、佐野元春が生み出した日本語の歌い方の影響下にあるボーカリストが多かったことも、レーベルの統一感を形作っている気がします。

そんな仮説を、実際に音を聴きながら検証していきます。そして、EPICソニーを通して、日本の音楽シーンの未来まで、視野を広げられればと欲張ります。我ながら楽しみです。

ばんばひろふみ『SACHIKO』に始まり、真心ブラザーズ『どか~ん』で終わる計30曲。おそらく今年いっぱいはかかる仕事になると思います。気長に、末永くご期待下さい(書籍化のオファーも心よりお待ちします)。


 一歩踏みだせば 誰もがヒーローさ
 もしそれが 誰かの罠だとしてもだ

※佐野元春『君をさがしている(朝が来るまで)』より


まずは次回、EPICソニーの屋台骨を作った1979年のヒット曲=ばんばひろふみ『SACHIKO』からスタートです。

2019.02.27
109
  YouTube / Sony Music (Japan)


  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1966年生まれ
スージー鈴木
コラムリスト≫
65
1
9
8
0
EPICソニー名曲列伝:佐野元春と大村雅朗のガチンコ対決「アンジェリーナ」
カタリベ / スージー鈴木
65
1
9
7
9
EPICソニー名曲列伝:ばんばひろふみ「SACHIKO」が火をつけた大爆発への導火線
カタリベ / スージー鈴木
44
1
9
8
0
EPICソニー名曲列伝:シャネルズ「ランナウェイ」が連れて行ってくれた遠い世界
カタリベ / スージー鈴木
49
1
9
8
2
EPICソニー名曲列伝:渡辺徹「約束」歴史的必然だったシティポップ歌謡の誕生
カタリベ / スージー鈴木
73
1
9
8
3
EPICソニー名曲列伝:ラッツ&スター「め組のひと」と井上大輔の湿ったロックンロール
カタリベ / スージー鈴木
85
1
9
8
4
EPICソニー名曲列伝:大沢誉志幸「そして僕は途方に暮れる」の見事なチームプレイ
カタリベ / スージー鈴木
Re:minder - リマインダー