9月25日
魂を揺さぶる加藤登紀子の歌声「時には昔の話を」はノスタルジーを超える
36
1
 
 この日何の日? 
加藤登紀子のアルバム「MY STORY / 時には昔の話を」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1986年のコラム 
マリーンの「ジャスト・ア・ウーマン」、凛とした女子力に一目惚れ!

プリンス初来日公演30周年記念、歴史に残る横スタ狂乱のオープニング!

80s音楽にビジネスを学ぶ:シンディのアトラクション&リテンション #2

田中泰延が会社を辞めたもう一つの理由、ジグ・ジグ・スパトニックと布袋寅泰

特捜刑事マイアミ・バイス、潜入捜査官には真夏の夜がよく似合う

『聖闘士星矢』のファンタジー、小宇宙(コスモ)高まりまくり!

もっとみる≫

photo:OKMusic  

僕が加藤登紀子という天才シンガーソングライターを強く意識したのは、1983年11月12日に公開された、高倉健主演の映画「居酒屋兆治」を観た時だ。もちろん高倉健の演技は文句なしで素晴らしく映画も感動的であったけど、僕の心を強く揺さぶったのは高倉健がとつとつと歌い上げる主題歌「時代遅れの酒場」だった。

この曲の作詞・作曲がこの映画で高倉健の妻を演じている加藤登紀子だ。「時代遅れの酒場」は1977年10月21日のリリース。加藤登紀子が歌う「時代遅れの酒場」をどうしても聴きたくなった僕は貸レコード屋に走る。そしてレコードに針を落とした瞬間、加藤登紀子の実力に気付き、その凄さに愕然とした。これはブルースだ。以来、加藤登紀子は僕の中で大切な存在となる。

「時代遅れの酒場」と同じくらい、いやそれ以上に僕が魂を揺さぶられる加藤登紀子の名曲がある。それが今回のコラムで紹介したい「時には昔の話を」だ。1986年9月25日発売のアルバム「MY STORY / 時には昔の話を」にてリリースされた曲で、この曲とも僕は映画の中で出会うことになる。そう、スタジオジブリの長編アニメーション映画「紅の豚」だ。

「紅の豚」の公開は1992年7月18日。宮崎駿が子供向けではなく同世代向けに作ったと公言する大人向けの作品だ。物語の内容の紹介は読者の皆さんも良く知っていると思うので割愛するけど、この映画を初めて観た時、このカッコ良さはなんだ、このセリフの素晴らしさはなんなんだ、と僕は感動で震えた。そう、この映画には、僕が理想として追い求め続ける男のロマンとダンディズム、そして男の尊厳がすべて詰まっている。自分はこんなカッコイイ人生を送ってこれてはいないのだけど、送ってこれなかったからこそ、この素敵な男たちの物語に深く感情移入してしまう自分がいる。そして、この素敵な物語を見事に演出し、僕の心を激しく揺さぶるのが加藤登紀子の素晴らしい歌声だ。

この映画でマダム・ジーナの声優としても活躍している加藤登紀子がこの映画の中で歌う曲は2曲。1曲目はジーナ役として歌う挿入歌「さくらんぼの実る頃」。1866年に発表されたフランスの曲で、加藤登紀子はこの曲をフランス語で歌い上げる。実に見事なシャンソンで、僕はジーナが経営するホテル・アドリアーノにいるつもりで彼女の歌声に聞き惚れる。

そして2曲目が「時には昔の話を」だ。エンディングで「時には昔の話を」が流れてくると、僕は今でも必ず号泣してしまう。それくらい加藤登紀子の歌声は素晴らしく、「紅の豚」は、「時には昔の話を」がなければ成立しないと言ってもいいくらい、この映画を語るうえで必要絶対要素だと僕は思っている。宮崎監督だってきっと同じ気持ちに違いない。

加藤登紀子の曲や歌声は、何故か強いノスタルジーにかられます。この齢になって聴く加藤登紀子はグッときます。でもね、「時には昔の話を」は過ぎ去った時代をただ懐かしんでいるだけの曲ではないんです。これからもなお、夢を追いかけ続けよう、夢を追いかけ続けなさいよ、って男たちへのメッセージが込められているんです。よし、頑張ろう!

2016.10.08
36
  YouTube / TAKI TOURU


時には昔の話を / 加藤登紀子

 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1965年生まれ
ユパ
確かに、心揺さぶられますねぇ。

「時代遅れの酒場」も聴いてみました。

高倉健さん
https://www.youtube.com/watch?v=T8Hn_FzfPk0

おときさん
https://www.youtube.com/watch?v=1JL4iOKXnV0
2016/10/08 12:26
2
カタリベ
1965年生まれ
藤澤一雅
コラムリスト≫
20
1
9
7
9
バンドメンバー募集中、フォーク発フュージョン経由ロンドンパンク行き!
カタリベ / やっすぅ
17
1
9
8
2
フォークランド紛争勃発!「喜多郎」はロンドン在住日本人の清めの儀式!?
カタリベ / デーモン大久保
12
1
9
7
8
フォークソングの終焉、ポップスの平原を自在に駆け抜けた伊勢正三
カタリベ / 藤本 真
22
1
9
8
0
長髪デビュー最後の世代、チャゲアスの「万里の河」に感銘した記憶
カタリベ / 藤本 真
21
1
9
7
8
野性の証明、演歌魂溢れる町田義人のソウルフルなバラード…
カタリベ / ライダー#13
17
1
9
8
3
五月雨は緑色、村下孝蔵の初恋を聴く度思い出す「原宿・恋の大作戦!!」
カタリベ / 鎌倉屋 武士
Re:minder - リマインダー