9月20日

変わらないことへの讃歌、ヒューイ・ルイス「スタック・ウィズ・ユー」

26
0
 
 この日何の日? 
ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースのシングル「スタック・ウィズ・ユー」が全米1位になった日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1986年のコラム 
マイケルとプリンスに次ぐ3番手、ライオネル・リッチーのスターっぷり!

80s音楽にビジネスを学ぶ:シンディのアトラクション&リテンション #2

80年代の奇才、ジム・ジャームッシュ「ダウン・バイ・ロー」

走り続ける田原俊彦、その歌唱力を飛躍させた2人のキーマンとは?

魂を揺さぶる加藤登紀子の歌声「時には昔の話を」はノスタルジーを超える

体感アーケードゲーム「アウトラン」の神曲、マジカルサウンドシャワー!

もっとみる≫






photo:hueylewisandthenews.com  

大人になってから、悲しい思いをすることが増えた。

友人には「そういうもんじゃないの」と言われたりするが、本当の理由はよくわからない。でも、大人になって良かったと思うこともある。それは、代り映えのしない生活や、平凡な毎日が、実はかけがえのないものであると、身に沁みてわかるようになったことだ。

ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースの「スタック・ウィズ・ユー」は、そんな変わらないことへの喜びを歌った曲だ。

ここで登場するのは、ある程度の時間を一緒に過ごしてきた男女だ。彼にとって彼女と一緒にいることは当たり前で、彼女にとっても彼はそこにいて当たり前の存在だ。そうした感覚になるには、人それぞれかかる時間が違うだろう。つきあって1年という人もいれば、10年かかる人もいるかもしれない。とにかく、このふたりもまたそういう関係なのだ。

でも、彼らにだっていろいろあったはずだ。アップな時もあればダウンな時もある。人並みに別れようとしたこともあったかもしれない。でも、気がつけば今もこうして一緒にいる。別れるにしても、なんとなくタイミングを逸したというか、今さら遅いように感じている。

彼らもただ変わらなかったわけじゃない。いろいろな事があったのに、それでも変わらなかったのだ。今ではすべてが当たり前に思えるかもしれないが、最初からそうだったわけじゃない。

これまで生きてきて、仲間であれ恋人であれ、良好な人間関係を築くたび、ずっとその状態が続いていくことを願ったものだった。でも、ほとんどの場合、その願いは叶わなかった。いつしか僕らは疎遠になり、離ればなれになった。今ではそれが普通なのだろうと思っている。

でも、もし長い時間が経っても変わらない関係があるとすれば、それはやはり特別なのだ。この歌に登場するふたりも、きっとそういう間柄なのだろう。でも、大袈裟に考えるのは照れくさいから、自分たちのことをこんな風にして語るのだ。


 ずっと変わらない電話番号や
 昔からの友達や
 いつまでも同じ住所みたいなもの


古い番号にかければいつでも繋がって、会えば昔と同じ顔で笑ってくれて、訪ねれば必ずそこにいてくれる。それはこれからもきっと変わらないのだ。


 そうさ それが本当のところ
 僕は君とこうしていられて幸せだよ
 だって 見ていてわかるから
 君も僕と一緒で
 幸せだと思ってくれているのが


大人になってから、悲しい思いをすることが増えた。でも、そうじゃないこともある。かつては退屈でつまらないと思っていたことが、今ではこんなに愛おしい。

2018.09.20
26
  YouTube / HueyLewisTheNewsVEVO


  Spotify
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1970年生まれ
宮井章裕
コラムリスト≫
33
1
9
8
3
酒場からの叩き上げ、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースのロックンロール!
カタリベ / 宮井 章裕
20
1
9
8
1
アメリカンロックのアウトロー、トム・ペティは「なんかいい」のだ
カタリベ / 宮井 章裕
21
1
9
8
6
なんという歌の力! アメリカンロックの最高峰、ボブ・シーガー
カタリベ / 宮井 章裕
64
1
9
8
5
エイティーズの象徴「バック・トゥ・ザ・フューチャー」と「パワー・オブ・ラヴ」
カタリベ / 太田 秀樹
18
1
9
8
5
デロリアンに乗って教えてあげたいこと、バック・トゥ・ザ・フューチャー
カタリベ / 時の旅人
135
1
9
8
2
エアチェック全盛時代「FM局とFM雑誌」ヒットづくりの重要メディア
カタリベ / 喜久野 俊和
Re:minder - リマインダー