2023年 6月2日

フジロック '23 ヘッドライナー【フー・ファイターズ】オルタナ以降の米ロック王道!

29
0
 
 この日何の日? 
フー・ファイターズのアルバム「バット・ヒア・ウィ・アー」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 2023年のコラム 
大江千里デビュー40周年!ポップスのジャズアレンジ「Class of '88」に込められた想い

小室哲哉ソングに愛と感謝とリスペクト!TK SONGS RESPECT NIGHT 開催決定

ヒット曲連発!大黒摩季【ライブレポ】30周年ツアーファイナルで魅せた “今とこれから”

山下達郎「RIDE ON TIME」制作当時20代!若者たちの抑えきれない荒々しさと躍動感

TM NETWORK 40周年の幕開け!ニューアルバム「DEVOTION」秋には全国ツアーも!

大槻ケンヂと筋肉少女帯!バンドブームに乗れなかったリスナーを掴んだオリジナリティ

もっとみる≫




最愛のバンドメンバーと母の死を乗り越えたデイヴ・グロール


2022年3月25日、フー・ファイターズのドラマー、テイラー・ホーキンスが亡くなった。

2022年8月17日、フー・ファイターズのボーカル、ギター、デイヴ・グロールの母、ヴァージニア・グロールが亡くなった。

デイヴ・グロールは最愛のバンドメンバーと母を立て続けて亡くしたのだ。

そして、2023年6月2日、フー・ファイターズは11枚目のアルバム『バット・ヒア・ウィ・アー』を発表した。

普通に考えると最愛の人を立て続けて亡くした直後に作られたアルバムなので、悲痛な作品になると思われるが、本作では力強くキャッチーな相変わらずのフー・ファイターズ節が貫かれている。
ただし、そこで歌われる内容は喪失感に向き合った内容も目立つのだが、ただただ、悲しみに打ちひしがれているわけではない。悲しみに向き合いながらも、そこから前を向こうとする力強さも同時に歌われており、演奏もそうした力強いサウンドが鳴らされている。

カート・コバーンの死から約1年でロックシーンの最前線に帰還


思い返せば、1994年4月5日、デイヴ・グロールは最愛のバンドメイトであるカート・コバーンを亡くしている。カートの死によって、ニルヴァーナは消滅したが、1995年7月4日にはフー・ファイターズとしてのデビューアルバムを発表している。



カートの死から約1年でフー・ファイターズとして再びロックシーンの最前線に帰還したことからも分かる通り、デイヴ・グロールという人は、悲しみに打ちひしがれても前を向き、その悲しみを力強さに変換していくポジティブな心を持っているように感じられる。

そんな人間性はフー・ファイターズの音楽にもよく現れており、センチメンタルでエモーショナルな楽曲を力強い演奏で聴かせるド直球で分かりやすいサウンドだ。パンクスピリットとハードロックのドライブ感が共存しており、そんなところはオルタナ以降のアメリカンロックの王道サウンドと言えるだろう。また、サウンドだけではなく、デイヴのヴォーカルも繊細さと力強さを上手く使い分け、感情の起伏をわかりやすく伝えている。

フー・ファイターズの最大の魅力とは?


こうして書いていると、あまりにも真っ当すぎるロックバンドであまり個性がないような書きっぷりになってしまうのだが、フー・ファイターズの最大の魅力はエモーショナルな切なさと力強さがとんでもなく高いレベルで同居しており、最終的にはポップに分かりやすく表現されているところだ。

涙が出そうなくらいセンチメンタルなメロディーの曲もあるし、明るく楽しい曲もある。一方ではモッシュピットで大暴れしたくなるような曲もある。また、そうした要素が1曲の中で同時に鳴っている曲もたくさんあり、それこそがフー・ファイターズの真骨頂と言えるだろう。

そして、本作『バット・ヒア・ウィ・アー』は最愛のバンドメンバーと母を亡くした悲しみとそこから立ち直ろうとする力強さの同居が今までのキャリアの中でも極めて分かりやすく、そして、メリハリあるさじ加減で表現されており、そのエモーションと熱量はキャリアハイと言えるほどの圧倒的なバランスだ。

堂々たるフジロックフェスティバル’23のヘッドライナー


さて、フー・ファイターズは、『でも、俺たちはここまでたどり着いた(バット・ヒア・ウィ・アー)』というアルバムタイトルどおりに悲しみを乗り越えた先の景色を表現した傑作アルバムを作り上げた。そして、傑作アルバムを手土産にこの夏、苗場スキー場にやって来る。そう、今年のフジロックにヘッドライナーとして登場するのだ!

最新作の充実度から察するにライブでも過去最大級のエモーションと熱量を爆発させてくれることは間違いなさそうな勢いだ。

そして、デイヴ・グロールは今年54歳になった。50代半ばのアーティストだと円熟味や渋さを表現の核にしている場合が多いが、デイヴは今でも前を向き、時には攻撃的なサウンドを作り出す。その姿はこれっぽっちも渋くない。だからといって、無理して若づくりしてトンガっている感じでもなく、至って自然体でトンガっているところがメッチャカッコイイ!

現在、51歳の自分は、デイヴ・グロールみたいな自然体でトンガっているおっさんになれたら最高だと思う。本作『バット・ヒア・ウィ・アー』を聴いて、「デイヴ・グロールみたいになりてー!」って痛感した。

▶ フー・ファイターズに関連するコラム一覧はこちら!



2023.07.29
29
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1972年生まれ
岡田ヒロシ
コラムリスト≫
11
1
9
8
9
現代に続くエレクトロの礎、デペッシュ・モードはスタジアムロックの雄!
カタリベ / 岡田ヒロシ
12
2
0
1
9
HAPPY SAD が集結したフジロック、今回のキュアーは最高!
カタリベ / ユリンベ
102
1
9
9
4
2024年を感じながら聴く【90年代ロック名盤ベスト10】懐かしむより、超えていけ!
カタリベ / ソウマ マナブ
64
2
0
1
6
30年越しのリック・アストリー ~ 奇跡の全英No.1復活篇
カタリベ / 宮木 宣嗣
19
1
9
9
1
R.E.M.「ルージング・マイ・レリジョン」の神話学
カタリベ / 後藤 護
22
1
9
9
1
スーパーソニックは僕らとオアシスのドキュメンタリー!
カタリベ / 浅井 克俊