12月1日
もう歌なんかいらない!? ギターがヤバすぎた高中正義のブルー・ラグーン
36
1
 
 この日何の日? 
高中正義のアルバム「JOLLY JIVE」がリリースされた日(ブルー・ラグーン収録)
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1979年のコラム 
サマーといえばドナ・サマー、涙が出るほどカッコいいデュエットライブ!

石川優子の「クリスタルモーニング」硬派な俺は隙を見せる訳にはいかない

ピンク・フロイド「ザ・ウォール」はプログレ時代の終わりの始まり

眩しい日差しを味方につけて、夏の朝はブルー・ラグーンでビタミン補給!

ユーミンの名曲「DESTINY」今日に限って安いサンダルをはいていたくない

戦国自衛隊のサントラは10曲すべてがメインテーマである

もっとみる≫

photo:UNIVERSAL MUSIC JAPAN  

79年、「ブルー・ラグーン」のヒットでフュージョンというジャンルを日本に拡散する役割を担った高中正義。いわゆるインストゥルメンタルだが、「ブルー・ラグーン」で演奏される彼のギタープレイは、まるで映像やストーリーを描いていくようだった。

強い太陽の光を照り返す南国の青い海や、風に流れる白い雲や、陽焼けの火照りのような感覚や、冷えたコロナをゴクッと飲み込んで胃袋からシュワシュワと体を巡っていく快感まで、彼のフレーズから躍り出てきた。マジでシュワシュワが体を巡っているようなちょっとハイな気分になれた。

クラウディアとかマヌエラとか、そういう名前の美しいブロンドの女性が一緒にいたらもっとハイな気分になれるのになあ、なんて、そんな想像までできた。青い海は透明で、虹色の魚がスッと泳いでいくのを見つけたクラウディアがはしゃいで踊り出したりして... ヤバイ、これ聴いてるとアホになるね、なんてことを友だちと話してたのを覚えてる。

さて、その当時、ぼくは友だちとアコースティックギター・デュオでプロのミュージシャンを目指そうと、ジャンガジャンガとギターをかき鳴らし、曲を作り、懸命に詞を練りあげていたのだが、自分が書いたつまんない詞より高中のギターフレーズのほうがよほど雄弁で、「ブルー・ラグーン」でひとしきりハイになったあとは、けっこう落ちたりもしていたのだ。

70年代の終わりから80年代にかけて、もうアコギで歌い上げるような音楽は「暗い」と一言で片付けられるような時代になっていた。そりゃそうだな。もう歌なんかいらない! そんな気もした(笑)。

2016.05.21
36
  YouTube / ai71382
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1959年生まれ
藤本真
コラムリスト≫
18
1
9
7
9
高中正義、夏のリゾート音楽の元祖は達郎でもサザンでもチューブでもない
カタリベ / @0onos
24
1
9
7
9
眩しい日差しを味方につけて、夏の朝はブルー・ラグーンでビタミン補給!
カタリベ / ミスターZ
20
1
9
7
9
バンドメンバー募集中、フォーク発フュージョン経由ロンドンパンク行き!
カタリベ / やっすぅ
57
1
9
7
9
ジョージ・ベンソン スタイル、ギタリスト野口五郎が眩しかった!
カタリベ / 千代田区のUra
21
1
9
8
6
フュージョンファンクも悪くない「TUTU」は私にとっての初マイルス!
カタリベ / DR.ENO
26
2
0
1
6
【R.I.P.】ギタリスト松原正樹の歌謡セッションベストテン! Part2
カタリベ / 太田 秀樹
Re:minder - リマインダー