11月23日
稀代のトリックスター、ジョン・ライドンはいつだって驚きを巻き起こす
22
0
 
 この日何の日? 
パブリック・イメージ・リミテッド(PiL)のアルバム「メタル・ボックス」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1979年のコラム 
松原みき、真夜中のドアをたたくと19歳の彼女がいた!

ポップス史上最も成功した作曲家のクリスマスソングはなんだか寂しげ?

ツインボーカルが衝撃的だったクリキンの『大都会』は福岡なんだって!

サマーといえばドナ・サマー、涙が出るほどカッコいいデュエットライブ!

石川優子の「クリスタルモーニング」硬派な俺は隙を見せる訳にはいかない

ピンク・フロイド「ザ・ウォール」はプログレ時代の終わりの始まり

もっとみる≫

photo:FANART.TV  

何かに驚かされること。そんな瞬間が僕は好きだ。

そして驚きには二種類ある。「素晴らしい!」という歓喜ともう一つは「これは…… 一体なんなんだ?」という困惑だ。

その二つの驚きをいつも僕に抱かせてくれたアーティストがいる。その男の名はジョン・ライドン。

例えば「セックス・ピストルズ」という名前は未だ口にするのに抵抗のあるグループ名だ。少なくとも電車の中では言えないだろう。このグループのアルバムを買った中学生の僕は、親に見つからないようにCDラックの裏に隠した思い出がある。つまり困惑させられていたのだ。

そこには敏腕(悪徳?)プロデューサーのマルコム・マクラーレンの知恵もあるのかもしれないが、例えば「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」の歌詞を見てみよう。

ジョンは「未来がない」とYou=女王や大英帝国に向かって叫ぶ。

しかし彼は同時に “We are the future, your future” と、叫んでいる。つまり汚らしい格好で歌う自分たちこそお前=女王と大英帝国の未来だと言う。

そして最後に盛大なオチがくる。“No future for me” の部分だ。

辛辣な言葉を挑発的に並べ連ねた挙句「俺にだって未来なんかねぇんだよ」と言い切ってしまう醒めた部分。ここにジョンの自己批評を兼ねた知性が見えないだろうか。

単なる反抗ではなく、ユーモアさえ感じる自己との距離感。僕はそこに「パンク」を感じて驚き歓喜したのだ。

歓喜と困惑を巻き起こすジョンのパンク的知性は止まる所を知らない。まさに自身の「俺たち(セックス・ピストルズ)に未来はない」という発言通りにピストルズを離れPiLを結成した彼。

アルバム『メタル・ボックス』を買った中学生の僕は驚き唖然としてしまった…… なんだこれは。

僕は「ポストパンク」なる言葉も音楽も知らず、セックス・ピストルズのヴォーカリストが脱退後に結成したバンドだから、という理由だけで手に取ったのだが、すっかり困惑してしまった。キャッチーなメロディーのない読経のような歌、シャリシャリした音像のギター、暗黒のリズムを刻むベース。

この困惑こそ、ジョンが意図的に引き起こしていたのだと感じるのには時間がかかった。そして今聴いてもこの『メタル・ボックス』の衝撃は薄れることはない。優れた「現代音楽」ですらあると感じる。と同時に素晴らしくパンク的であるとも思うのだ。

セックス・ピストルズが過激な歌詞とアティテュードに加え、その自己批評性でパンク的なるものを規定し歓喜と困惑を与えたとするなら、PiLのこのアルバムでジョンは音そのもので歓喜と困惑を巻き起こすことに成功した。パンクの知性は常に歓喜と困惑を呼び、人を唖然とさせ、かき乱し驚かせるのだ。刹那的ではないユーモアがそこにある。

ジョンはその後も「トリックスター」的性格を失わず歯に衣着せぬ発言や、バターのCMに出演するなど驚きを与え続けている。これからも僕のパンクヒーローは、僕を… そして社会を驚かせ続けるだろう。

2018.01.31
22
  YouTube / PublicImageLimitVEVO


  YouTube / broukzitterd
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1991年生まれ
 白石・しゅーげ
コラムリスト≫
23
1
9
8
6
生真面目なPiLの試み、CDは1枚、LPなら2枚、さらには3枚組の12インチ!
カタリベ / ジャン・タリメー
8
1
9
8
6
どちらも生真面目!? PiLとスタカンは似てない双子か他人のそら似
カタリベ / ジャン・タリメー
22
1
9
8
4
ロックとパンクの壮大なパロディ、キッチュが売りのフランキーとジグジグ
カタリベ / ジャン・タリメー
42
1
9
8
0
モリッシーも愛したポストパンクの重要人物、リンダー・スターリング
カタリベ / 後藤 護
41
1
9
8
3
あくなき反骨精神、マドンナの知られざるパンク・スピリット
カタリベ / 後藤 護
20
1
9
7
9
バンドメンバー募集中、フォーク発フュージョン経由ロンドンパンク行き!
カタリベ / やっすぅ
Re:minder - リマインダー