1月25日

ウィスパーボイスでソバージュヘアの美女 早瀬優香子、プロデュースは秋元康

62
0
 
 この日何の日? 
早瀬優香子のデビューシングル「サルトルで眠れない」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1986年のコラム 
マイ・レヴォリューション、次々と “10代初” を更新していった渡辺美里

EPICソニー名曲列伝:渡辺美里「My Revolution」エピック黄金時代がやって来た!

コーリング・アメリカ、既読スルーがなかった時代のもどかしいラブコール

スザンヌ・ヴェガ ー 冬の空気のシャープネスとかすかな日ざしの温かさ

メディアの転換期にリリースされた PiL のアルバム、CD、カセットテープ

ブルーでマニックな月曜日は、マンデーソングを聴いて乗り越えよう!

もっとみる≫




秋元康プロデュース、早瀬優香子「サルトルで眠れない」


日本語で歌われるウィスパーボイスってのが、どうも苦手だった。フレンチポップスやシャンソンならまだしも、滑舌が求められる日本語でそれはどうなんだろうと。かわいく囁くように歌うことで、歌唱力がないのをごまかしてるんじゃ… という思いが拭えなかった。

80年代のウィスパーボイスというと、思い出すのが早瀬優香子だ。彼女のMVを最初に観たのは、たしか、早朝に放送している『歌う天気予報』だった。アンニュイな雰囲気のソバージュヘアの美女。哲学書なんて手に取ったこともないであろうオシャレな女の子が、悩ましげに「♪ サルトルで眠れない~」なんて歌うのだ。正直、あざとい… って思ってしまった。

秋元康プロデュースと聞いて、ははーんとなった。ここで登場するサルトルは、単なる記号でしかない。野坂昭如ではないが、なんだったら、プラトンでも、ニーチェ(これは字足らず)でも、ソクラテス(これは字余り)でもよかったんじゃ? オールナイターズの山崎美貴に、「借りたままのサリンジャー」なんて歌わせた、いかにも秋元康な詞ではないか。

なんて、皮肉っぽくとらえながらも、「サルトルで眠れない」は、聴いててなんだかくせになるのだ。当時流行っていたニューウェーブっぽいサウンド。そこにのっかる、ちょっとかったるそうな、甘く囁くような歌声。さらに、ビジュアルのかわいさったら。

ソバージュヘアの美女は、なんと、あばれはっちゃくのマドンナ!


当時、彼女のようなソバージュヘアが大流行りで、私もソバージュにしてたのだが、髪が多いせいか、どうもマグマ大使のゴア感が漂ってしまった。それに対して、早瀬のふんわりソバージュのなんとオシャレなこと。笑顔も、すました顔も、当時のアイドルとは違う洗練されたかわいさで、あぁ私こんな風に生まれたかった… という思いがよぎってしまった。

ただ、その後にリリースした曲は、どれもぴんとこなかった。彼女のウィスパーボイスを活かそうとするあまり、甘ったるくなりすぎてしまっているような。今思えば、秋元康が突いた、甘さギリギリラインって絶妙だったのかもしれない。

10年くらい前、“あの人は今” 的なテレビ番組に登場した早瀬優香子を、偶然目にした。シンガーとしてではなく、1979年に放送されていた子ども向けドラマ『俺はあばれはっちゃく』のマドンナ役ひとみちゃんとしての登場。そのとき初めて、早瀬がひとみちゃんだったことを知った。久しぶりに見た彼女は、80年代と変わらぬ美しさだったが、さて、今はどうだろう。同じ1967年生まれとして、ちょっと気になるところだ。


※2019年3月16日に掲載された記事をアップデート

2021.01.25
62
  YouTube / hayaseyukako


  YouTube / hayaseyukako
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1967年生まれ
平マリアンヌ
コラムリスト≫
26
1
9
8
3
秋元康渾身の一曲、伊武雅刀「子供達を責めないで」これぞ企画屋の本領発揮!
カタリベ / かじやん
95
1
9
8
2
稲垣潤一「ドラマティック・レイン」秋元康の長期政権が始まった10文字のフレーズ
カタリベ / スージー鈴木
17
1
9
8
6
秋元康の手腕が唸る “うしろゆびさされ組” の逸品!読みは「なぎさのかぎかっこ」
カタリベ / 広瀬いくと
71
1
9
8
6
1986年の秋元康 ― 小泉今日子「夜明けのMEW」にみる ほとばしる才気
カタリベ / スージー鈴木
13
1
9
8
4
アーバンサウンドにウィスパーボイス!菊池桃子は唯一無二のアイドル・シティポップ
カタリベ / 広瀬いくと
34
1
9
8
7
始末に負えない2人のルーツ、とんねるず「嵐のマッチョマン」
カタリベ / 山口 順平