4月1日

ロザーナ、ジェフ・ポーカロの “おしゃれ” なハーフタイム・シャッフル

60
2
 
 この日何の日? 
TOTOのシングル「ロザーナ」が全米でリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1982年のコラム 
きっかけはエボニー&アイボリー、80年代を彩るピアノの黒鍵と白鍵

スコーピオンズを永遠にした立役者、マティアス・ヤプスの功績

日本で売れた「ラヴ・アイランド」スティーヴィーの手がけたレゲエソング?

大好だった山下久美子「赤道小町?夏小町?」妄想独白篇

アナログシンセの卓越したセンス「赤道小町ドキッ」レコーディング篇

言葉が変われば曲だって変わる「赤道小町ドキッ」楽曲制作発注篇

もっとみる≫






photo:The 80s Rocks  

突然ですが、問題です。

米国のバンドで初めてグラミー賞の最優秀レコード賞(Record of the Year)を受賞したのはイーグルスの「ホテル・カリフォルニア」、次がドゥービー・ブラザーズ「ある愚か者の場合(What A Fool Believes)」ですが、3組目は誰の何という曲でしょう?

正解は TOTO の「ロザーナ」。

この3組が全て西海岸のバンドというのはただの偶然かもしれないが、他にも不思議な共通点がある。どのバンドもリードボーカル然とした人がいないのだ。

「ホテル・カリフォルニア」はドン・ヘンリー(ドラム)が歌っているし「ホワット・ア・フール・ビリーヴス」はマイケル・マクドナルド(キーボード)がボーカルをやっている。TOTO には役割としてのリードボーカルはいるが、他メンバーに見下されているのは明らかで、存在感もない。一般に、米国ではバンドの中でボーカリストの地位が最も高い(ボーカリストしか注目されない)と言われている。

例えばレッド・ツェッペリンは、本国ではジミー・ペイジ(ギター)のバンドとして認識されていたのに、米国進出後はロバート・プラント(ボーカル)のバンドになってしまった。真偽はともかく、少なくともメディアでの露出はそんな感じだった。だからこそ、この3つの西海岸のバンドは、独特の存在感を醸し出していたようにも思う。

ということで、その「ロザーナ」だが、正直なところ当時も今も歌や詩にこれといったものは感じない。なのにこれだけ印象に残っているというのは、やはり彼らの演奏が優れているからだろう。

特に、この曲の魅力の殆ど全てが、歌が入る前に既に表現されていると思う。とにかくジェフ・ポーカロのドラムが “おしゃれ” なのだ。

このリズムパターンはハーフタイム・シャッフル(Half-Time Shuffle)と呼ばれ、TOTO の代名詞とも言えるものだ。叩いている本人は、スティーリー・ダンの「安らぎの家(Home at Last)」「バビロン・シスターズ」でのバーナード・パーディのプレイと、レッド・ツェッペリン「フール・イン・ザ・レイン」でのジョン・ボーナムのプレイを元にアレンジしたと後に告白している。

便利になったもので、今では彼がそう語っているのを YouTube で観ることができる(恐らくは教則ビデオからの抜粋)。そのジェフ・ポーカロも92年に38歳の若さで死んでしまった。今、改めて彼が演奏している映像を観ると、本当に惜しい人を亡くしたと思う。合掌。


Song Data
■Rosanna / TOTO
■作詞・作曲:David Paich
■プロデュース:TOTO
■発売:1982年4月1日


Billboard Chart
■Hotel California / Eagles(1977年5月7日1位)
■What A Fool Believes / The Doobie Brothers(1979年4月14日1位)
■Rosanna / TOTO(1982年7月3日2位)


※2016年8月15日に掲載された記事をアップデート

2019.04.01
60
  YouTube / TotoVEVO


  YouTube / Sam Johnson
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1965年生まれ
中川 肇
ついでにRosannaのライブ動画もご覧下さい↓

(1) 1991年のライブ。『Live At Montreux 1991』に収録。92年に他界したJeff Porcaroの姿が見られる最後のライブ
https://youtu.be/S0QDB9FtnUM
(2) 2003年のライブ。『Live in Amsterdam (25th Anniversary)』に収録。15年に他界したMike Porcaroの姿が見られる最後のライブ。ドラマーがSimon Phillipsに代わったので違う曲に聴こえる
https://youtu.be/MbhE72l-rBY
(3) 2007年のライブ。『Falling in Between Live』に収録。キーボードがGreg PhillinganesでベースがLeland Sklar。この時のアレンジが最も凝っているのでは?
https://youtu.be/I6apwAZHzkw
(4) 2013年のライブ。『35th Anniversary: Live in Poland』に収録
https://youtu.be/lu2oo5cqasg
(5) 2018年のライブ。リリースされたばかりの『40 Tours Around The Sun』に収録
https://youtu.be/S-CXfoveDFw
2019/04/01 10:07
1
返信
1965年生まれ
ルパン四世
おっしゃる通りですね。技量じゃないんですよね。

サイモン・フィリップスは、どのパッケージに入っても、
その技量からなんでもそつなくこなす精密機械って感じで、うまいんだけど彼は消えちゃう感じ。
ドラマーうまいなぁ~、誰だろう、なんだサイモン・フィリップスか、そりゃうまいわ、って。

ポーカロは、ちゃんとポーカロがいるって感じ。うまく言えないけど・・・

ちなみに僕の奥さんは和太鼓をやっているのですが、
サイモン・フィリップスのように太鼓を叩きます(笑)
2016/08/21 00:34
2
返信
1965年生まれ
中川 肇
Jeff Porcaroは本当にセンスのあるドラマーでしたね。TOTOで後任のSimon Phillipsの方がテクニカルな面では上という意見が多いですが、音楽ってそういうものじゃないですしね。
2016/08/17 10:15
1
返信
1965年生まれ
ルパン四世
ジェフ・ポーカロは大好きなドラマーだったので、亡くなった時はかなりショックだったなぁ〜。
MTVで散々観たけど、ロザーナは飽きなかった。アフリカは飽きてしまった。

演奏は優れてましたよね、さすが全員がスタジオミュージシャン。
2016/08/15 09:27
1
返信
カタリベ
1965年生まれ
中川肇
コラムリスト≫
18
1
9
8
2
ブリティッシュ・インヴェイジョンの狼煙に阻まれたTOTOの「ロザーナ」
カタリベ / KARL南澤
32
1
9
8
2
早打つ鼓動を抑えつつ。漫画オリンピアとTOTOの「ロザーナ」
カタリベ / 時の旅人
34
1
9
8
3
追悼:みんな覚えがアルジャロウ?「モーニン」は朝のキラキラAOR
カタリベ / @0onos
35
1
9
8
2
はじめて買ったレコードは TOTO ー 聖なる剣のミュージックテープ!
カタリベ / 阿野仁マスヲ
20
1
9
8
2
TOTO 日本武道館ライブ、初体験は NHK の「ヤング・ミュージック・ショー」
カタリベ / 阿野仁マスヲ
49
1
9
8
0
ボズ・スキャッグス「ミドル・マン」秋の夜長に聴きたいAOR
カタリベ / 中川 肇
Re:minder - リマインダー