4月

日本で売れた「ラヴ・アイランド」スティーヴィーの手がけたレゲエソング?

24
0
 
 この日何の日? 
サード・ワールドのアルバム「ラヴ・アイランド」日本盤がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1982年のコラム 
パンジーから歌手デビュー!北原佐和子のキャッチフレーズは “さわやか恋人一年生”

80年代を彩る黒鍵と白鍵、ポールの「エボニー&アイボリー」がもたらしたものは?

スコーピオンズを永遠にした立役者、マティアス・ヤプスの功績

ロザーナ、ジェフ・ポーカロの “おしゃれ” なハーフタイム・シャッフル

40周年秘話 ③ 山下久美子「赤道小町ドキッ」細野晴臣レコーディング編

40周年秘話 ② 山下久美子「赤道小町ドキッ」松本隆に歌詞発注編

もっとみる≫



photo:Discogs  

80年代洋楽の夏定番曲として私が思い浮かべる好きな曲のなかに「ラヴ・アイランド」という曲があります。この山下達郎を想起してしまうような「ラヴ・アイランド」というのは邦題で、原題は「Try Jah Love」といいます。いかにも夏っぽい邦題をつけたものです。

で、演奏しているアーティストはサード・ワールド。はい、70年代から活躍しているレゲエ界のトップアーティストですね。なるほど「レゲエだから夏」というわかりやすい流れですが、この曲聴いてみると、全然レゲエのリズムではない。

美しいピアノのイントロで始まり、その後アップテンポになるものの全体的な印象は、哀愁感のあるディスコミュージック。でも夏っぽくないこともないし、浜辺とか野外で聴きたい解放感のあるいい曲ではないか。

ん? でもそれ以上に何か引っかかるこのアレンジ。ああ、あの人ではないか。

そうです、作曲、プロデュース、キーボードを担当しているのがスティーヴィー・ワンダー!! 他のアーティストの作品でもコーラスやハーモニカをちょっと加えるだけで自分の世界に持っていってしまうスティーヴィー様なのでした。

スティーヴィー・ワンダーとレゲエといえば、74年の「レゲ・ウーマン」(これもあまりレゲエぽくなかったりします)や80年の「マスター・ブラスター」などを思い浮かべますが、ここでの仕事も見事ですね。いい楽曲に仕上がってます。

この頃のスティーヴィーといえばポール・マッカートニーとの「エボニー・アンド・アイボリー」を発表したとき。前か後かはわかりませんが、ビッグプロジェクトの裏でも手を抜きませんね(笑)。

この「ラヴ・アイランド」を収録したアルバム『You've Got The Power』も邦題は『ラヴ・アイランド』とし、ジャケットも海辺に浮かぶ美しい小島の写真に差し替え、日本では大ヒットしました。

しかしながら海外でのシングルチャートは全英47位、全米101位。日本のレコード会社の作戦勝ちといえばそうなのでしょうが、CBSというメジャーからの発売とこの楽曲のポテンシャルからするともうちょっと海外でヒットしても良かったんじゃないかと思います。

まあ、彼らのキャリアからするとちょっと浮いてしまう異色の楽曲にはなってしまいましたが、既定路線の正統派レゲエに戻り、現在も地道に活動を続けるサード・ワールド。名作レゲエ映画『ロッカーズ』での冒頭曲や初期のアルバムなどは、シブい作品ですが素晴らしいのでこちらの方もこの夏を機にご一聴をおススメします。

2017.07.30
24
  YouTube / Brotherwhitelion


  YouTube / Albert Alls


  YouTube / william Stewart
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1968年生まれ
DR.ENO
コラムリスト≫
39
1
9
8
1
1982年のアカデミー歌曲賞は名曲「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」
カタリベ / DR.ENO
34
1
9
9
1
ガンズのライヴに欠かせない!ウイングスの「007 死ぬのは奴らだ」
カタリベ / 宮木 宣嗣
34
1
9
8
7
ミーハー魂は枯れず。現存する最古の美形バンド、デュラン・デュラン
カタリベ / 佐々木 美夏
9
1
9
8
6
ブリティッシュソウルのプライド、実はスターだったビリー・オーシャン
カタリベ / KARL南澤
37
1
9
8
9
唯一無二の日本語ラップ「近田春夫&ビブラストーン」夜になっても遊び続けろ!
カタリベ / 親王塚 リカ
41
1
9
8
4
5月13日が誕生日!スティーヴィー・ワンダーが80年代に目指したものは?
カタリベ / 宮井 章裕