3月29日

80年代を彩る黒鍵と白鍵、ポールの「エボニー&アイボリー」がもたらしたものは?

38
4
 
 この日何の日? 
ポール・マッカートニー&スティーヴィー・ワンダーのシングル「エボニー&アイボリー」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1982年のコラム 
青春のリック・スプリングフィールド「ジェシーズ・ガール」と「アメリカン・ガール」

リック・スプリングフィールドが歌う “80年代洋楽三大ストーカーソング” の恐怖!

パンジーから歌手デビュー!北原佐和子のキャッチフレーズは “さわやか恋人一年生”

スコーピオンズを永遠にした立役者、マティアス・ヤプスの功績

日本で売れた「ラヴ・アイランド」スティーヴィーの手がけたレゲエソング?

ロザーナ、ジェフ・ポーカロの “おしゃれ” なハーフタイム・シャッフル

もっとみる≫




様々なアーティストの共演が実現した80年代


思えば、1980年代の音楽シーンは「企画モノ」の宝庫だった。もちろん70年代以前にもデュエット曲などの企画は決して少なくなかったが、多くは同レーベル、同ジャンル、同人種によるものだった。それが80年代に入ると一変する。いくつもの垣根を乗り越えて、様々なアーティストの共演が実現するようになったのだ。

■ ハニードリッパーズ / シー・オブ・ラヴ
■ フィリップ・ベイリー with フィル・コリンズ / イージー・ラヴァー
■ パワー・ステーション / サム・ ライク・イット・ホット
■ ディオンヌ&フレンズ / 愛のハーモニー
■ アレサ・フランクリン&ジョージ・マイケル / 愛のおとずれ

もし、この一連の流れに何か「きっかけ」があるとしたらこの曲だろう。

ポールとスティーヴィーが共演「エボニー・アンド・アイボリー」


ポール・マッカートニーがスティーヴィー・ワンダーと共演したことでも話題になった「エボニー・アンド・アイボリー」だ。1982年3月29日にリリース、ビルボードで7週連続1位となり、その年の年間ランキングでも4位を記録した。

曲のコンセプトは「ピアノの黒鍵(Ebony)と白鍵(Ivory)が一つのハーモニーを奏でるように、白人と黒人、無色人種と有色人種、すなわち人類が調和する」… だから、これがなければ「ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス?」も「ウィ・アー・ザ・ワールド」もこの世に存在しなかったに違いない。

メイキング映像の中でポールは、スティーヴィーと共演した動機について、「僕がアイボリーだから、エボニーが必要だった。最適なミュージシャンは誰かと考えたんだ。スティーヴィーに直接電話したら、すぐにいい返事がもらえたよ」と言っている。

彼はその後、今度はマイケル・ジャクソンと「ガール・イズ・マイン」、「セイ・セイ・セイ」で共演した。


SONG Data
Ebony and Ivory / Paul McCartney
作詞・作曲:Paul McCartney
プロデュース:George Martin
発売:1982年3月29日(1982年5月15日1位)


■ The Girl Is Mine(1983年1月8日2位)
■ Say Say Say(1983年12月10日1位)
■ Do They Know It's Christmas ?(1985年1月19日 13位)
■ We Are The World(1985年4月13日1位)
■ Sea Of Love(1985年1月5日3位)
■ Easy Lover(1985年2月2日2位)
■ Some Like It Hot(1985年5月11日6位)
■ That's What Friends Are For(1986年1月18日1位)
■ I Knew You Were Waiting (For Me)(1987年4月18日1位)



※2016年1月29日に掲載された記事をアップデート

▶ ポール・マッカートニーのコラム一覧はこちら!



2022.03.29
38
  YouTube / Santi Toselli


 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1965年生まれ
中川肇
コラムリスト≫
32
2
0
2
1
ポール・マッカートニーとミック・ジャガーは今でも時代の先端を走っている!
カタリベ / 宮木 宣嗣
134
1
9
9
0
ローリング・ストーンズ初来日、ここから始まった21世紀型ライブビジネス
カタリベ / 喜久野 俊和
23
1
9
8
7
テレンス・トレント・ダービー、安直なジャンル分けを拒んだ果敢な挑戦
カタリベ / 岡田 浩史
31
1
9
8
5
80年代のジャクソン・ブラウン、デュオの相手はクラレンス・クレモンズ
カタリベ / DR.ENO
52
1
9
8
5
80s音楽にビジネスを学ぶ:マイケル・ジャクソンの企業買収とファイナンス(後篇)
カタリベ / 中川 肇
25
1
9
7
6
ニューミュージックの扉を開いたハイ・ファイ・セット vol.2
カタリベ / 鎌倉屋 武士