11月17日
ジョージ・ハリスン「ゴーン・トロッポ」でポカポカの年越しのススメ
43
0
 
 この日何の日? 
ジョージ・ハリスンのアルバム「ゴーン・トロッポ」が日本でリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1982年のコラム 
ナナナはロックの言葉、エネルギーしかないピーター・ウルフの咆哮!

時計じかけのスティング — 超暴力的スリラー「ブリムストン&トリ-クル」

フィービー・ケイツだけじゃない「初体験 リッジモント・ハイ」は音楽も豪華

恋はあせらず — 80年代に引き継がれた僕たちのモータウンサウンド

ディレカン製作「さらば相棒」ARB の歌が聴きたい!ピンク映画も見たい!

赤井英和に捧ぐ驚愕のテーマ曲、浪花エキスプレス「RED ZONE」

もっとみる≫

photo:ソウマ マナブ  

今でこそ年末商戦を見据えたビートルズ関連のリリースは恒例行事だが、80年代はおとなしいものだった。それでも82年の冬はちょっと盛り上がった感がある。ポール・マッカートニーがマイケル・ジャクソンとデュエットした「ガール・イズ・マイン」の大ヒットは、多くの人が思い出すことができるだろう。しかし、同時期にジョージ・ハリスンのアルバム『ゴーン・トロッポ』がリリースされたことは忘れられがちだ。

ジョージのオリジナルアルバムの中でも、もっとも売れなかったから “忘れられがち” というよりは、そもそもリリースされたことが知られていなかった…… という方が正しい(同時期に出たヨーコ・オノの『イッツ・オールライト』よりもUSチャートの最高位は下だった)。

おまけに、このアルバムに対するファンの評価は当時(も今も!?)さんざんだ。が、80年代に洋楽耳を育んだ自分にはフィットした。とくに最初のシングル「愛に気づいて(Wake Up My Love)」は、いきなり大げさなシンセのリフが響き、いかにも80年代的。今となっては、この曲に昔からのファンが拒否反応を示したのは理解できるが、当時の10代の耳にはスンナリ受け入れられた。

それに『ゴーン・トロッポ』自体、悪い内容ではない。“トロッポ”、すなわちトロピカルな空気感が宿り、タイトル曲はつい口ずさんでしまう。ジョージがプロデュースした映画『バンデットQ』の主題歌「ドリーム・アウェイ」(日本でシングルカットされた際には「オ・ラ・イ・ナ・エ」と邦題が改められた)のミステリアスだが、のどかな南国テイストも妙味。売れなかったのは、北半球の冬にこのアルバムを出してしまったからか。ちなみにこの頃のジョージはオーストラリアで暮らす時間が長かったという。

寒い季節が苦手な自分は、冬になるとこのアルバムを聴きたくなる。ジョージの大晦日ソング「ディン・ドン」を聴きながら年を越し、『ゴーン・トロッポ』で温かい新年に浸る…… というのもオツじゃないか!

2016.12.30
43
  YouTube / Beatles❤Girl


  YouTube / COASTAL TOWN 2


  YouTube / jmoul59
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1966年生まれ
ソウママナブ
コラムリスト≫
46
1
9
8
8
ジョージ・ハリスンの指南、作りたい曲だけを作るというビジネスモデル
カタリベ / 宮井 章裕
53
1
9
8
7
ジョージ・ハリスンの「クラウド・ナイン」は驚きの連続だった
カタリベ / 宮井 章裕
16
1
9
7
8
偉大なるパロディ「ラトルズ」を見ずしてビートルズは語れない!
カタリベ / DR.ENO
39
1
9
8
7
80年代のビートルズ、誰にも真似なんてできない史上最強バンドの行方
カタリベ / 中川 肇
17
2
0
1
6
80年代はビートルズファンにとって失われた10年だった
カタリベ / 佐々木 美夏
24
1
9
8
9
ビートルズのソロで初めて武道館のステージに立ったのはリンゴ・スター!
カタリベ / 宮木 宣嗣
Re:minder - リマインダー