11月7日
ジョージ・ハリスンとエリック・クラプトンの友情「ラン・ソー・ファー」
32
0
 
 この日何の日? 
エリック・クラプトンのアルバム「ジャーニーマン」が全英でリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1989年のコラム 
ミュート・ビート解散、1989年はジャパニーズ・レゲエの一大転機

誰もが知ってたニュー・オーダー、サンパウロで踊り明かした青春の日々

山下達郎 ー ロックシーンを “ポップ” で闘ってきた男の80年代史「JOY」

いまこそ再確認。デンジャラスでファビュラスな覆面バンド、タイマーズ

江戸川乱歩と人間椅子、おどろおどろしさとテクニックでえぐる世界

関ジャニのMETROCK出演に思う、プリプリが全力で勝ち取ってきたもの

もっとみる≫

photo:Warner Music Japan  

ジョージ・ハリスンとエリック・クラプトンが親友同士だったことは、よく知られている。

ただ、「ジョージは僕よりふたつ歳上で、だから少し威張ってる(笑)」、「本当の兄貴のように思えるんだ」というエリックの発言から、親友というよりは兄弟に近い感覚だったのかもしれない。

20歳前後で出会って以来、幾多の荒波を乗り越え、ジョージが息を引き取るまで、ふたりの関係が変わることはなかった。

1989年11月7日、エリックのキャリアで大きなターニングポイントとなったアルバム『ジャーニーマン』がリリースされた。そこにはジョージが書き下ろした佳曲「ラン・ソー・ファー」も収められている。

ジョージらしい優しいメロディーが際立つナンバーで、ジョージはギターとコーラスでも参加している。息の合った演奏と気心の知れた雰囲気が、派手な印象の本作に爽やかな風合いを残すこととなった。

そして意外にも、ジョージがエリックのソロアルバムに参加したのは、この時が初めてだった(※注)。エリックの方は何度もジョージのアルバムを手伝っているというのに、何か参加したくない理由でもあったのだろうか。でも、このアルバムでは「ラン・ソー・ファー」を含め3曲も書き下ろしている。そして、エリックはその中から1曲だけを採用したと。なんだかこの感じが、エリックが言うところの、兄と弟の関係なのかもしれない。


 薄い笑みを浮かべて君は飛び立つ 
 君が混乱しているのがわかるから
 僕はため息をつく


この後、歌はサビでこんな風に続く。


 孤独な日々 ブルーギター
 逃げ道はない 今は逃れられたとしても


おそらく、ここで歌われている人物は、出口の見えない状況に直面しているのだろう。でも、この穏やかなメロディーを聴いていると、暗い気持ちにはならない。「現実を受け入れてみるんだ。きっとそこから新しい道が開けるよ」と、ジョージが優しく語りかけているように思えるのだ。当時、エリックは深刻なアルコールの問題を抱え、結婚生活も暗礁に乗り上げていた。この曲には、そんな親友への励ましの気持ちが込められていたのかもしれない。

それから時は流れ、2001年11月29日、ジョージ・ハリスン永眠。その時、エリック・クラプトンは日本にいた。

このジャパンツアーで、1度だけエリックの演奏が荒れた日があったという。そしてワールドツアー全体でも、ラストナンバーの「オーヴァー・ザ・レインボウ」が演奏されなかったのは、この夜だけだったそうだ。ジョージの訃報が届いたのは、それから数日後だった。もしかすると、エリックには事前に何らかの知らせがあったのかもしれない。

2002年11月18日、1周忌を前にジョージの遺作『ブレインウォッシュド』がリリースされた。素晴らしい新曲群に交じって、そこには馴染みのある曲がひとつ収められていた。


 薄い笑みを浮かべて君は飛び立つ
 君が混乱しているのがわかるから
 僕はため息をつく


「ラン・ソー・ファー」である。この後、歌はこんな風に続く。


 孤独な日々 ブルーギター
 逃げ道はない 今は逃れられたとしても


12弦ギターの美しい響き。エリックのヴァージョンよりも、さらに優しく仕上がっている。どうしてジョージはこの曲を選んだのだろう? その答えを知る術はもうないけれど、きっと心配だったのだと思う。自分がこの世を去ることで、悲しむであろう親友のことが。かつてエリックに書き下ろした曲を、今度は自分で歌ってみせた。そこにはジョージなりの理由があったように思う。

「現実を受け入れてみるんだ。きっとそこから新しい道が開けるよ」

僕には、ジョージがエリックにそう語りかけているように思えるのだ。


※注:
エリックのソロではないが、ジョージは1970年にデレク&ザ・ドミノスのレコーディングに参加し、「テル・ザ・トゥルース」と「ロール・イット・オーバー」を録音したと発言している。この2曲はシングルとしてリリースされたが、その後すぐに市場から回収された。そして、アルバム『いとしのレイラ(Layla and Other Assorted Love Songs)』に収録されたのは、ジョージが参加していないヴァージョンの「テル・ザ・トゥルース」だった(「ロール・イット・オーバー」はアルバム未収録)。

そもそも、シングルでリリースされた「テル・ザ・トゥルース」にも、ジョージの名前はクレジットされていない。クレジット漏れの可能性はあるが、参加を明言するのは難しいだろう。B面の「ロール・イット・オーバー」に関しては、後にクレジットが確認されている。


2018.11.29
32
  YouTube / Eric Clapton


  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1970年生まれ
宮井章裕
コラムリスト≫
46
1
9
8
8
ジョージ・ハリスンの指南、作りたい曲だけを作るというビジネスモデル
カタリベ / 宮井 章裕
46
1
9
8
6
ブレイクショットの定番曲は、エリック・クラプトンの「ザ・ギフト」
カタリベ / 藤澤 一雅
22
1
9
8
1
ジョージ・ハリスンの知られざる秘話、ふたつの母なるイングランド
カタリベ / 宮井 章裕
53
1
9
8
7
ジョージ・ハリスンの「クラウド・ナイン」は驚きの連続だった
カタリベ / 宮井 章裕
32
1
9
8
6
エリック・クラプトン、心の底からの絶望と救済についての歌
カタリベ / 宮井 章裕
43
1
9
8
2
ジョージ・ハリスン「ゴーン・トロッポ」でポカポカの年越しのススメ
カタリベ / ソウマ マナブ
Re:minder - リマインダー