5月25日

ニッポンのロックバンドここにあり! BOØWY から ZIGGY へ受け継がれたもの

63
4
 
 この日何の日? 
ZIGGYのアルバム「HOT LIPS」とシングル「GLORIA」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1988年のコラム 
マイケル富岡のタレント人生を変えてしまった野沢直子のプロデュース力

ジュン・スカイ・ウォーカーズがもたらしたパンク・ロックの大革命! 

水戸華之介が覗いていたもの、アンジー「天井裏から愛を込めて」

幻に終わったゴンチチの全米ツアー、西ドイツ経由アメリカデビュー?

リア充なんてクソ食らえ!? レコオタ道へと続いていた “愛の家”

1988年、RCサクセション、ブルーハーツ、佐野元春、そしてミュートビート

もっとみる≫






photo:Tokuma Japan Communications  

酒の席で、ニッポンのロックの転換期をひとつ挙げるとしたらどこか? という話題。そして、それは BOØWY 以前と以後になるのではないか。という答えで満場一致、納得した。

それまでニッポンのロックというのは、必ず背景に海外のバンドからの影響があり、ルーツをたどり、それを知ることが美徳とされていた。しかし、BOØWY の登場により、そんな方法論で音楽を遡る必要がなくなったのではないだろうか? なぜなら、今そこに立っている四人のカッコよさに心酔するだけで、十代の若者が楽器を手にしたいという衝動に駆られるのに十分なインパクトがあったからだ。

そして、BOØWY と同じくらい大きな衝撃を与え、忘れてはならないのが ZIGGY の存在だ。1988年5月25日、彼らの代表曲となる「GLORIA」をリリース。BOØWY が東京ドームで “LAST GIGS” を行った少し後の出来事である。

ZIGGY と BOØWY は方向性や趣向が全く違うバンドである。しかし、そのポップで疾走感あるメロディは、ロック然とした地下のライブハウスだけでなく、例えば、それが海沿いの国道で車高の低い族車から流れてきても、そこに唯一無二の「忘れられない青春の1ページ」という光景を描くことができた。彼らが奏でる音楽はそんな美しさを兼ね備えていた―― つまり、族車のハンドルをギターに持ち替えて、人生そのものを塗り替えてしまうぐらいの影響力があるということだ。


 GLORIA, I need to your love
 お前の熱いHeartで
 Hold me tight Lonely night
 もう二度と見せないで


確かに ZIGGY の背景には、エアロスミスはもとより、ニューヨーク・ドールズ、ハノイ・ロックスというグラマラスなロックンロールバンドが基盤としてある。しかし、そんな背景を凌駕する普遍的な歌詞とポップなメロディ。それは口ずさむだけで、冴えない日常のドアを蹴飛ばし、どこか違う場所に連れていってくれるような幻想に満ち溢れていた。ロックンロールが現実から理想郷へ超特急で運んでくれる夢の乗り物だということを ZIGGY で知った人も少なくないだろう。

そして、「GLORIA」リリースから一週間後の88年6月1日。当時、バンドブームの一翼を担った雑誌『バンドやろうぜ』が宝島社から創刊される。

BOØWY の解散、ZIGGY の登場、『バンドやろうぜ』の創刊…。何かが大きく動くときは、ひとつひとつの歯車が静かに重なり合っていく―― ZIGGY のメジャーデビューと同時期に創刊された『バンドやろうぜ』はブームに拍車をかける。CD の売り上げが爆発的に増え、ミリオンセラーが続出する90年代に突入だ。

そのころ僕は、いくつかのヴィジュアル系のバンドをインタビューさせてもらったことがあるのだが、そこで共通していたことは、どんなバンドに影響を受けたかという質問に対する「歌謡曲も好きだし、なんでも聴きますよ」という答えだ。それはやはり ZIGGY の影響だなと思わずにいられない。

フロントマンであり、ソングライターの森重樹一氏が公言しているとおり、ヴォーカルパートのメロディアスな部分には、彼が幼少の頃好んで聴いていた沢田研二、西城秀樹といった “70年代黄金期の歌謡曲” の影響が色濃く見て取れる。そしてそのメロディこそが、派手なメイクや衣装、ステージアクションと相まって大きなインパクトを残しているのだ。

つまり、歌謡曲というカテゴリーの中で、お茶の間にロックを持ち込んだのが沢田研二や西城秀樹だとすれば、ロックに歌謡曲を持ち込み、それをスタンダードにしたのが ZIGGY の大きな功績ではないだろうか。

“ロックバンドはこうでなきゃならない。これを知っとかなきゃいけない”

ヴィジュアル系バンドの爆発的なブームの背景には、それまでのこうした既成概念を大きく取り払った彼らの功績がある。これもニッポンのロックバンドのひとつの在り方だ。

十代の少年が楽器を手にとるのに細かい取り決めや、理屈はいらないのだ。そして、その源流に BOØWY からバトンを受け継いだ ZIGGY の存在があるとういことを忘れてはならない。


歌詞引用:
GLORIA / ZIGGY


※2018年5月25日に掲載された記事をアップデート

2019.05.25
63
  YouTube / retro39jp
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1965年生まれ
高野 悠
デヴィッド・ボウイ、そしてジギー・スターダストか。やはりその影響力は並々ならぬものがありますね。間違いなく日本のロックを作った礎だよなあ。
2018/05/25 05:32
2
返信
1968年生まれ
本田 隆
ですね。その影響力を彼ら流にマッシュアップさせていったところにZIGGYの凄さがあると思います。
2018/05/25 13:48
0
カタリベ
1968年生まれ
本田隆
コラムリスト≫
335
1
9
8
1
目撃!伝説が生まれる瞬間、新宿ロフトの暴威(BOØWY)初ライブ
カタリベ / ロニー田中
73
1
9
8
3
私と BOØWY の奇妙な因縁、松井恒松が作った丁寧で真面目なオムレツ
カタリベ / ロニー田中
43
1
9
9
0
80年代ビートロックの豊穣な恵み、UP-BEATはポストBOØWYの仇花か?
カタリベ / 吉井 草千里
37
1
9
8
5
ブレイク直前のBOØWY、ニューウェイブとヤンキーカルチャー、奇跡の融合
カタリベ / 本田 隆
33
1
9
8
7
BOØWYがヒットを連発した87年、僕の知ってる原宿のドリーミーな原風景
カタリベ / 本田 隆
106
1
9
8
6
贈られた曲は「わがままジュリエット」私がBOØWYワールドに陥落した瞬間
カタリベ /  ポリ
Re:minder - リマインダー