6月1日

イントロクイズで答えたい! 船山基紀が編曲を手掛けた知る人ぞ知る名曲♪

46
1
 
 この日何の日? 
榊原郁恵のシングル「ROBOT」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1980年のコラム 
超アナログで超クール!ギタリストとしてのナイル・ロジャースを考える

祝復活!石井聰亙の狂い咲きサンダーロード、Xデイは丸坊主で迎え撃ち!?

デイヴィッド・カヴァデールは僕の中に君臨するNo.1ヴォーカリスト!

ジューシィ・フルーツのイリアは日本の女性ロック史におけるキーパーソン

少し翳あるオトナの女? 1980年組、柏原よしえは14歳デビュー!

三浦徳子の確信犯っぷり、河合奈保子のデビュー曲「大きな森の小さなお家」

もっとみる≫







編曲家という職業で40年以上音楽チャートの上位にランクインする曲を手掛け続けている人物がいます。誰あろう、それは船山基紀(ふなやま もとき)さん。

歌謡曲が好きな人なら絶対に一度はレコードやCDに書かれているクレジットで名前を見たことがあるのではないでしょうか。沢田研二の「勝手にしやがれ」、五輪真弓の「恋人よ」、少年隊の「仮面舞踏会」など、70〜80年代のヒットソングから、King & Prince の「シンデレラガール」や Sexy Zone の「カラクリだらけのテンダネス」など、2018年に発売された曲の編曲も手掛けています。

私は、2018年5月にDOMMUNEで開催されたトークライブ『ニッポンの編曲家 Vol.2 船山基紀の世界』に参加しました。その時に船山さん本人のトークセッションでの発言の中で、とても印象に残っている言葉があります。

「音楽は変わらないですよ。形は変わっていきますけどね。いろんな手法があっていいけど皆さんが聴きたいのは、ワクワクするリズムとか、きれいなメロディとか、きれいな女の子が歌っているのをみたいとか、そういうのは昭和の戦前から変わらない」

私は「船山基紀」という編曲家のスタイルが、この言葉にすべて集約されていると思います。変わらない普遍的なものを探求し、多くの人の心に届く作品を出し続けていることは本当に素晴らしい。大リスペクトの編曲家です。

その船山さんが編曲を手掛けた曲で2018年5月にDOMMUNEで開催されたトークライブでビックリする真実を語っていた曲を1曲紹介します。


■ ROBOT / 榊原郁恵
  作詞:松本隆
  作曲:筒美京平
  編曲:船山基紀
  発売:1980年6月1日


イントロから鳴り響くピコピコ音と郁恵ちゃんの、どう捉えても笑ってしまうロボットダンスが印象的な「テクノ歌謡」というジャンルの先駆けとなった曲です。この曲の制作に関して船山さん本人はーー

「テクノが流行ってるので、そういう感じを入れようと思って。当時の打ち込みは非常に大変で、YMOみたいに時間をかけられるアーティストならいいけど、ぼくらみたいに毎日毎日歌謡曲やる人間はそれじゃ仕事できない。これは全部手弾きです」

なんとこのピコピコ音、ロボット(機械)ではなくすべて人の手で演奏したものだったそうです。それを知って曲を、特にイントロを聴いてみると聴こえ方が全く違ってきますね。

このようなグッとくるエピソードをさらに聞くことができるイベントを6月1日(土)に開催します。渋谷の Loft9で船山基紀さんと音楽評論家のスージー鈴木さんと一緒に『80年代イントロ十番勝負 - 夏のINTROフェスティバル!』というイベントを開催。

イントロクイズを体験できるのはもちろん、第1部は、船山基紀さんをお迎えしたスペシャルなトークショー。第2部は、スージー鈴木さんによる「爆音・EPICソニー名曲列伝」もお送りします。私もクイズの出題と進行で出演します。今回の曲紹介で、イベントに興味を持った方がいらっしゃいましたら是非、一緒に楽しみましょう!

2019.05.11
46
  YouTube / leaderz666
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1979年生まれ
藤田太郎
コラムリスト≫
41
1
9
8
8
80年代の船山基紀、アナログとデジタルの狭間を駆け抜けた編曲家
カタリベ / スージー鈴木
42
1
9
8
5
流行り歌なら船山基紀、派手なイントロとインパクトが真骨頂!
カタリベ / 太田 秀樹
36
1
9
8
7
1987年の船山基紀 — 1986オメガトライブと少年隊
カタリベ / ケモノディスク 中村
40
1
9
8
0
冗談だよと笑ってほしい… 五輪真弓が名曲「恋人よ」に込めた渾身の力
カタリベ / 宮井 章裕
24
2
0
1
9
イベントレポ:80年代イントロ十番勝負Vol.4 夏のINTROフェスティバル!
カタリベ / さにー
32
2
0
1
9
アレンジャー船山基紀、その楽曲は日本人にとっての味噌汁だ!
カタリベ / ケモノディスク 中村
Re:minder - リマインダー