5月31日
デイヴィッド・カヴァデールは僕の中に君臨するNo.1ヴォーカリスト!
51
0
 
 この日何の日? 
ホワイトスネイクの3枚目のアルバム「フール・フォー・ユア・ラヴィング」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1980年のコラム 
ライブが魅力のARB! 石橋凌の煽りは、雨の中OKシェイキン!

聖子チャンと良美チャン、クラスを二分した女性アイドル決選投票の夏!

祝復活!石井聰亙の狂い咲きサンダーロード、Xデイは丸坊主で迎え撃ち!?

ジューシィ・フルーツのイリアは日本の女性ロック史におけるキーパーソン

キンクスのライヴ盤「ワン・フォー・ザ・ロード」に叱られた中学生!

名曲が生んだ、実在するリアル「順子」のハッピーエンドな物語

もっとみる≫

photo:Discogs  

「デイヴィッド・カヴァデール」、通称デヴィカヴァ。言わずと知れたディープ・パープルの第三期ヴォーカリストであり、ホワイトスネイクの不動のフロントマン。僕が最も敬愛するヴォーカリストである。こんなに美しく、カッコよく、そしてセクシーなヴォーカリストを僕は他に知らない。

1981年、マイケル・シェンカーに出会いハードロックに目覚めた高校1年生の僕は、1970年代にも遡ってハードロックの世界にどっぷりと浸かることになるわけだけど、結局レッド・ツェッペリンには魅力をあまり感じず、ディープ・パープル(第二期)に嵌ることになる。未だに好きなギタリストはリッチー・ブラックモア(マイケル・シェンカーは僕の中では神なので別格)、好きなベーシストはロジャー・グローヴァー、好きなキーボード奏者はジョン・ロード、好きなドラマーはイアン・ペイスと答えるほどだ。

この第二期ディープ・パープルのヴォーカリストだったイアン・ギランが脱退した後、オーデションで新ヴォーカリストとして加入したのがデイヴィッド・カヴァデールだ。イアン・ギランも大好きなヴォーカリストだけど、リッチー・ブラックモアが恋したデヴィカヴァのその声は、僕にとっても特別で、35年経ってもなお、デヴィカヴァは僕の中でNo.1ヴォーカリストとして君臨している。

今回のコラムのテーマは、デヴィカヴァがディープ・パープル解散後に結成した「ホワイトスネイク」の3枚目のスタジオフルアルバム「フール・フォー・ユア・ラヴィング(原題:Ready an' Willing)」。僕が初めて買ったホワイトスネイクのアルバムだ。

この時代のハードロック業界は人事異動が激しく、細かく書き出すととてもスペースが足らないので割愛するけど、既にホワイトスネイクで活動していたジョン・ロードに加えて、このアルバムからイアン・ペイスが参加する。レインボーを結成したリッチー・ブラックモアとロジャー・グローヴァーとは別れ別れになったけど、ここから旧ディープ・パープルの3人を中心にホワイトスネイクの黄金期がスタートする。そう、このアルバムはホワイトスネイクにとって記念すべきアルバムなんです。

メンバーにディープ・パープルのメンバーが3人いても、ホワイトスネイクはデヴィカヴァのバンド。その曲調はディープ・パープルとはかなり異なります。従来からのハードロック路線に、デヴィカヴァが傾倒するブルースが加わり、これが実にカッコよくセクシーだ。ホワイトスネイクを通って来なかった方には、このアルバムからは「フール・フォー・ユア・ラヴィング」と「スウィート・トーカー」を是非聴いていただきたい。ロックやブルース好きな方ならたまらんと思いますよ。

ちなみに、フール・フォー・ユア・ラヴィングは、後のアルバム「スリップ・オブ・ザ・タング」(1989年)でセルフ・カヴァーされています。こちらはキーが高いバージョン。こちらの動画もエンベッドしますので、聴き比べてみてください。こちらはPV時代の動画でデヴィカヴァも円熟期に入り、超カッコいいです。

2016.09.07
51
  YouTube / Rogerio Rios


  YouTube / ClassiCHardRock1


  YouTube / WhitesnakeVEVO
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1965年生まれ
藤澤一雅
コラムリスト≫
24
1
9
8
5
ディープ・パープル再結成!武道館に「ハイウェイ・スター」が鳴り響く
カタリベ / 宮井 章裕
54
1
9
8
5
ディープ・パープル再結成、僕はその時5人のレジェンドを目撃した!
カタリベ / 藤澤 一雅
25
1
9
8
4
リッチー・ブラックモアとレインボー、黒の美学・ハードロックの美学
カタリベ / ジャン・タリメー
12
1
9
8
1
孤独の男の叫びを聴け!ハードロック界の横山やすし、グラハム・ボネット
カタリベ / DR.ENO
23
1
9
8
4
世界でいちばんドラムをカッコよく叩く男、それがコージー・パウエル
カタリベ / DR.ENO
18
1
9
8
6
【R.I.P.】メタルも続け!アフリカ救済チャリティのヒア・アンド・エイド 
カタリベ / KazーK
Re:minder - リマインダー