9月4日
91年生まれの僕と「ザ・フー」80年代の評価などどうでもよかった!
21
0
 
 この日何の日? 
新生ザ・フーによるセカンド・アルバム「イッツ・ハード」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1982年のコラム 
憧れの12インチシングル、ジギー・スターダストをカヴァーしたバウハウス

ファースト・タイムはホロ苦く…甲斐よしひろに叱られた初ロックライブ

驚異の三姉妹ポインター・シスターズ、脅威の熟女パワーに魂抜かれる!?

カナダの至宝!ラッシュ vol.3~ 第2章の幕開け!名盤「シグナルズ」

煩悩まみれの高校生、妄想をかきたてたケイト・ブッシュの壮絶なキス

「ひとり街角」と「春風の誘惑」に感じる小泉今日子の哀愁と切なさに萌える

もっとみる≫

photo:Discogs  

時に「後追い」であることが幸いすることもある。「同時代的」には認められないような作品も、前後の経緯を知ることができると、納得して聴くことができる。そのバンドが、解散した伝説的なバンドであったら尚更のことだ。僕にとって、キース・ムーン亡き後、ケニー・ジョーンズを迎えた新生ザ・フーの諸作品がそうだった。

14歳の鼻持ちならない僕は当時、70’sブリティシュハードロックを手当たり次第聴いていた。手初めはレッド・ツェッペリンだった。しかし、まだ僕にとって彼らの、ブルースとトラッドフォークを基調とした音楽を理解するには若すぎた。そして僕は、ブルース色の薄いハードロックの雄、ザ・フーの虜となった。

71年の『フーズ・ネクスト』は僕のバイブルだ。その透明感があるハードロックに惚れ込んだ。アルバムを買い込んだ僕は、彼らの初期作からブリティシュビートの素晴らしさに惚れ込み、いつの間にかモッズを自称し横須賀へモッズコートを買いに行き…… 沼にズッポリ埋まってしまったわけだ。

その時僕は中学二年生で、「ザ・フーが!」「キース・ムーンが!」といっても同級生に苦笑いされる始末。掃除の時間に、箒を片手にピート・タウンゼントの扇風機奏法の真似をして教師に殴られたり、休み時間には「キース・ムーンの真似!」などといって、机をバタバタ叩いていた。同級生には「また発作が始まった」と笑われ、今で言う「滑り芸」を発揮していたわけだ。

さて、ケニー在籍時のザ・フーの「同時代的」評価は、そんな僕にとってはどうでもよかった。同世代で追いかけていたファンならともかく、彼らの通史を知ることのできた僕は、フラットに彼らの音楽を聴くことができた。

一般的には評価の低い、ケニーを迎えた最後のスタジオアルバム『イッツ・ハード』も、ポップで大好きだ。そして中学生だった僕が、英単語を覚える時のテーマ曲に、泣きのギターから入るタイトルソング「イッツ・ハード」が最適だった。そして今でも、ハードな案件に直面すると、このイントロが頭を流れるのだ。

2017.01.11
21
  YouTube / wgfa
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1991年生まれ
 白石・しゅーげ
コラムリスト≫
23
1
9
7
9
91年生まれの僕と「さらば青春の光」青島コートと呼ばないで!
カタリベ /  白石・しゅーげ
18
1
9
9
0
91年生まれの僕と「トミーの再現ライブ盤」ジャケ買いの有意義な失敗
カタリベ /  白石・しゅーげ
23
1
9
8
5
終わりなきレコードハントの旅、ネオモッズのレア大名盤を探せ!
カタリベ / ソウマ マナブ
29
1
9
8
7
1987年はバンドブーム元年!東京モッズシーンから飛び出したコレクターズ
カタリベ / 佐々木 美夏
24
1
9
8
1
ブルースギタリスト竹田和夫の「POP」にシビレた81年と87年
カタリベ / 千代田区のUra
70
1
9
8
5
ボウイ×ライヴエイド~大トリで歌った「バンド・エイド」の例の曲
カタリベ / 宮木 宣嗣
Re:minder - リマインダー