2月1日

松田聖子「Rock'n Rouge」84年の春をピュアな花染め色にしたイントロ15秒

15
0
 
 この日何の日? 
松田聖子のシングル「Rock'n Rouge」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1984年のコラム 
ブルーハーツ以前のパンクスター・戸川純に求めたアイデンティティの模索

スレイド「ラン・ランナウェイ」でジム通い、アドレナリンが止まらない!

ジャンルを超えた「見つめていたい」メヌードからポリスに架けられた橋

訪日外国人が2,400万人を越えた報道で「くちびるヌード」を思い出す私

ノストラダムスの大予言、恐怖の大王から僕を救ってくれたのはユーミン!?

資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 松田聖子が覆したコスメ界の常識

もっとみる≫




ヒット曲 “イントロ秒数徹底調査” 1984年のシングルTOP100篇

1984年シングルTOP100のイントロ秒数は?


リマインダーで取り上げている1978年~1991年までの14年分を、1年ごとに年間シングルランキングTOP100のイントロ平均秒数を調査し、その結果を紹介していく連載企画。

今回は、“1984年” を調査します。その年間ランキングTOP10のラインナップと調査結果がこちら。

1位 もしも明日が…。 / わらべ(16秒)
2位 ワインレッドの心 / 安全地帯(18秒)
3位 Rock'n Rouge / 松田聖子(15秒)
4位 涙のリクエスト / チェッカーズ(0秒)
5位 哀しくてジェラシー / チェッカーズ(13秒)
6位 十戒(1984) / 中森明菜(25秒)
7位 娘よ / 芦屋雁之助(25秒)
8位 星屑のステージ / チェッカーズ(1秒)
9位 北ウイング / 中森明菜(10秒)
10位 サザン・ウインド / 中森明菜(22秒)
※(カッコ)の数字はイントロの秒数

調査方法は、年間シングルランキングTOP100にランクインした曲のイントロ秒数を、0秒、1~2秒、3~10秒、11~20秒、21~30秒、31~40秒、40秒以上… の7つの長さに分けて集計していきます。1984年の結果をグラフにすると、こうなります!



平均秒数は18.5秒。前年の1983年の平均が17.8秒、1年前と比べると、0.7秒長くなったという結果でした。前年、TOP10に3曲ランクインしていた演歌は、芦屋雁之助の「娘よ」(イントロ秒数:25秒)のみでしたが、イントロ秒数21秒以上をみると、

14位 長良川艶歌 / 五木ひろし(42秒)
39位 浪花恋しぐれ / 都はるみ・岡千秋(27秒)
40位 浪花節だよ人生は / 木村友衛(38秒)
47位 細雪 / 五木ひろし(25秒)

1983年発売の「浪花恋しぐれ」、「細雪」が一年後の年間チャートでもランクイン。アイドルソングの台頭が目立つ84年ですが、根強い演歌の人気がこの年も続いていたことがイントロ秒数が長くなった結果から読み取れます。

松田聖子「Rock'n Rouge」で刻んだ1984年の春の訪れとスーパーアイドルの証


さて、1984年を取り上げる上で、チェッカーズに触れるべきところですが、今回紹介したいのは、年間シングルチャート3位の、松田聖子「Rock'n Rouge」。

1984年の松田聖子は、年間TOP100にランクインしたシングルの数を観るだけでも、破竹の勢いだったことが読み取れます。1980年4月に「裸足の季節」でデビューした後、セカンドシングル「青い珊瑚礁」が60万枚を超えるヒットを記録。1981年の年間TOP100にはシングル5曲がランクイン。

1982年は4曲、翌1983年も5曲と続きますが、1984年は、3位の「Rock'n Rouge」の他、15位「時間の国のアリス 」、17位「ピンクのモーツァルト 」、28位の「瞳はダイアモンド」(前年の1983年に発売)、68位「ハートのイアリング」、84位「ガラスの林檎 / SWEET MEMORIES」(前年の83年に発売)と最多の6曲ランクイン。それ以降、年間TOP100に6曲以上がランクインした年はないです。

そんな順風満帆な1984年の松田聖子のスタートを飾ったシングルが「Rock'n Rouge」。

松任谷正隆が15秒のイントロに込めた“春らしい曲”


編曲を担当したのは松任谷正隆。松任谷正隆は著書『僕の音楽キャリア全部話します 1971 / Takuro Yoshida-2016/Yumi Matsutoya―』の中で、松田聖子へのアレンジに関してこう話しています。

「僕は、多くの場合、自分がいいと思う音、好む音をつくってきました。それがたとえ歌謡曲であってもね。でも聖子ちゃんに関しては、例外的にマーケットを意識するディレクター・サイドの意見を尊重しました」

「Rock'n Rouge」はカネボウ化粧品「レディ80 BIOリップスティック」「84年春のバザール」のCMソングに起用され、松田聖子本人も出演。プロデューサーの “春らしい曲” を作ってほしいという依頼から編曲の松任谷正隆が作り上げたこの曲のイントロは、寒い季節が終わり、今年もやってくる春に咲く花びらが、優勢に舞い散るように優しく響くギターフレーズに、ポカポカ陽気を楽しんでいるようなコーラスが混ざり合う、うららかなサウンドが15秒に凝縮されています。

松本隆が入れるのに難航したという「pure pure lips」のフレーズもキュートで耳に心地よく入ってきます。

令和になった今でも、春が訪れる前に聴きたくなるスタンダードな春ソング「Rock'n Rouge」。スーパーアイドルの進んでいた街道を、より可憐な花染め色に彩りました。

連載「80年代ヒット曲 "イントロ秒数徹底調査" 198X年のシングルTOP100」

▶ 松田聖子のコラム一覧はこちら!



2022.03.10
15
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1979年生まれ
藤田太郎
コラムリスト≫
55
1
9
8
4
井上陽水のめくるめく官能、大人のオシャレを濃縮した「9.5カラット」
カタリベ / 広瀬いくと
66
1
9
8
3
安全地帯「ワインレッドの心」玉置浩二は9th(ナインス)の魔術師
カタリベ / スージー鈴木
43
1
9
8
7
C-C-B「原色したいね」筒美京平作品を超えた最高のアップチューン!
カタリベ / かじやん
9
1
9
8
5
二番手ゆえの苦悩と甘美「恋におちて」不倫も歌謡も百花繚乱
カタリベ / 時の旅人
75
1
9
8
3
柏原芳恵「春なのに」卒業ソングの名曲に長年抱える違和感アリ!
カタリベ / 藤澤 一雅
22
1
9
8
8
南野陽子「吐息でネット。」昭和最後の春に咲いた桜のようなアイドルポップ
カタリベ / 広瀬いくと