6月10日
パッとしなかった80年代ディラン、あれ?今聞くと全然悪くないじゃん!
15
0
 
 この日何の日? 
ボブ・ディランのアルバム「エンパイア・バーレスク」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1985年のコラム 
80's ビデオの金字塔、a-ha は「テイク・オン・ミー」だけじゃない!

19年ぶりに武道館で響いた “レノン” の「デイ・トリッパー」!

セット・ゼム・フリー!スティングがポリス解散後に得た自由

スクリッティ・ポリッティの心地よい名盤「キューピッド&サイケ 85」

ブラジルのテレビでアマデウス、キャンペーンソングはファルコのあの曲!

英国のキラメキ貴公子4人組! G.I.オレンジ・フォーエバー♡

もっとみる≫

photo:HiFi Kabin  

周知の事実ではあると思うが、80年代におけるボブ・ディランのアルバムはパッとしなかった。言葉を選ばずに言うと、ダサかった。これが当時の印象である。冷静に考えれば、60-70年代にかけてあれだけの傑作を発表し、世界に影響を与え続けてきた人だ。調子のいい時ばかりじゃない。

ただ、当時とすれば過去の作品が偉大すぎるためか、どうしたってリアルタイムのディランに心酔することはできなかった。極め付けのアルバムが1985年に発表された「エンパイア・バーレスク」。もう、ジャケットからしてダメだった。ロゴの使い方やデザイン含め、無理やり時代に迎合している感じ。サウンドを作ったのも、当時のダンスミュージック界で名を馳せていたアーサー・ベイカー。まじドン引きした。一応、貸しレコード屋「友&愛」で借りてテープに録音したものの、ほとんど聞くことはなかった。

あれから30年超。つい先日、このアルバムに収められている「タイト・コネクション」のミュージクビデオを久しぶりに見てみると、あれ、あれれ、いいじゃんいいじゃん、全然悪くない。そんなこんなでApple Musicで全曲を聴きなおしてみた。うーん、カッコイイ!

それにしても、なんで当時はあんな引いたんだろう? 80年代という時代に歩み寄ったディランが気に入らなかったからか? まあ、僕が(勝手に)求めていたディラン像ではなかったということなのだろう。若かったとはいえ、やはり先入観や偏見は良くないですね。当時の僕は19歳でディランは44歳。当時のディランの歳を超えた今となってみれば、僕の理解の幅も広がったということか?

そして、この「タイト・コネクション」のビデオは見どころ満載! 監督はあのポール・シュレイダーで、当時の東京、主に六本木周辺で撮影されたもの。多少デフォルメされている部分もあるが、音楽の質感と共に80年代TOKYOの雰囲気や空気感が伝わってくる。六本木WAVE、ピットイン、カフェバー風ナイトクラブ、DCブランドのブティック、安普請なプリンスホテルの部屋、もちろんあの“六プリ”のプールもバッチリ! そして何より倍賞美津子が美しい!! 


追記:
デイランはライブで復活した。このアルバム発売後に出演したファームエイドをきっかけとし、翌86年にはトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズを率いて来日。ちなみに、僕が初めて行った外タレのコンサートがこれ。すんげー良かった。結論、ディランはいつでもディランである。


2016.04.13
15
  YouTube / BobDylanVEVO
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1966年生まれ
太田秀樹
コラムリスト≫
10
1
9
8
3
鬼門? セールス低迷期のディランが開けてくれた「ロック天国」への門
カタリベ / ソウマ マナブ
25
1
9
8
9
なんとノーベル文学賞!現在につながるディランのリスタートポイントは?
カタリベ / 太田 秀樹
18
1
9
8
4
六本木心中、素直になれなかった80年代とリアルにヤバかったゼロ年代
カタリベ / 太田 秀樹
56
1
9
7
8
EW&Fと六本木、僕の妄想は大箱ディスコとユーロビートに侵略された
カタリベ / 中川 肇
44
1
9
9
1
GALA湯沢へ一直線!六本木から発車したZOOの「Choo-Choo-Train」
カタリベ / @0onos
42
1
9
8
6
大ヒットしたカヴァーを超えたオリジナル、荻野目洋子の六本木純情派
カタリベ / 藤澤 一雅
Re:minder - リマインダー