5月5日

アメリカンロックのアウトロー、トム・ペティは「なんかいい」のだ

20
0
 
 この日何の日? 
トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのアルバム「ハード・プロミス」がリリースされた日(ザ・ウェイティング 収録)
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1981年のコラム 
クリエーション「ロンリー・ハート」僕のレコード人生はここから始まった

タイガーマスクがもたらした革命、アニメ以上の強烈なインパクト!

共有感満載の80年代洋楽ヒット!ビルボード最高位2位の妙味 vol.11

必殺シリーズの音楽は平尾昌晃と竜崎孝路、そしてトランペッター数原晋

伝説のゲリラライブを体験、原宿にサザンが響いた日

目撃!伝説が生まれる瞬間、新宿ロフトの暴威(BOØWY)初ライブ

もっとみる≫






photo:UNIVERSAL MUSIC  

トム・ペティが好きだ。どこが好きなのかというと、「なんかいい」のである。これはトム・ペティの大ファンだった先輩がそう言ってるのを聞いて、「その通りだな」と思い、僕もそう答えるようになった。

そう…、なんかいいのだ。先輩はこんなことを言っていた。「ほら、アメリカンロックって、汗くさい感じがするだろ。でも、トム・ペティは汗の匂いがしないんだよ」。ああ、確かに。「それにマッチョでもないし、労働者然としてないっていうか」。ふむふむ。「そこがさ、なんかいいんだよね」。なるほど。

あと、先輩はこんなことも言っていた。「アメリカンロックって、いつでも全力投球みたいなイメージだろ。でも、トム・ペティはそうじゃないの。力が抜けてるっていうか、斜に構えてるんだよね」。ほぉほぉ。「例えば、普通はギターを持つとヘッドが前を向くじゃないか。でも、トム・ペティは逆なんだよ。右肩が前に出て、ヘッドは後ろに向きがちなの」。あ、ほんとだ。「そういう感じがさ、なんかいいんだよなぁ」。確かに、いい。

この話の肝は、先輩が何ひとつトム・ペティの音楽について触れていない点である。それなのに、僕がすっかり納得してしまったのは、先輩の話がトム・ペティのアウトローとしての本質をうまく捉えていたからだと思う。

かつては「東のブルース・スプリングスティーン、西のトム・ペティ」と称されるほどアメリカンロックを代表するアーティストだったトム・ペティ。でも、その実は意外と本道からズレた人だったのではないか。そんな気がして、僕はますます彼のことが好きになったのだった。

そして、トム・ペティの音楽を深く聴けば聴くほど、アメリカンロックというよりはルーツロックに近いことに気付くのだ。

トム・ペティの音楽は、ビートルズ、バーズ、ボブ・ディランなどのフィルターを通して、もっと以前のロックンロールやカントリーにも繋がっているわけだが、影響を受けたという以上に、確固たるスタイルとしてそれらを継承している。そのため、彼の音楽にはいつでもほのかなルーツの薫りがするのだ。これはトム・ペティのミュージシャンとしての資質と言っていいだろう。おそらく、トムはそこから離れることができないのだろうし、離れる気もないのだ。

例えば、90年代に活躍したオルタナカントリーのアーティスト達を聴いていると、僕はトム・ペティに共通する質感を見出すことがある。彼らもまたルーツミュージックを大切にしながら、その本道から外れたアウトローだから、なんとなく繋がっているように感じるのかもしれない。ただ、80年代に人気のあったアメリカンロックが、90年代に入ると失速し、時代遅れなものとして扱われていく中で、トム・ペティはそうならなかった数少ない一人だったのだ。

ところで、トム・ペティは欧米でとても人気があったし、音楽も十分にメインストリームなものだ。しかし、その成功の割にどこか控えめな印象があるのはなぜだろう? そもそも、トム・ペティの代表曲ってなんだろう?

トムには派手になりすぎることを好まない矜持があったと思うし、そういう芯の通った人間性が、曲単位ではなく、彼の音楽全体を印象付けている気がする。そのせいなのか、突出した1曲というのがすぐには浮かんでこない。「アメリカン・ガール」、「レフュジー」、「サザン・アクセンツ」、「フリー・フォーリン」、「ラーニング・トゥ・フライ」…、名曲揃いなのにどれも甲乙つけがたいのだ。

でも、僕には心に決めた1曲がある。

2017年10月2日、トム・ペティは突然この世を去った。その約2週間後、ジャクソン・ブラウンが来日し、ライヴのオープニングでトムの「ザ・ウェイティング」を演奏している。会場にいた僕は震えるほど感動したのだが、それ以上に「こんなにいい曲だったっけ?」と驚いたのだった。

それ以来、僕にとってトム・ペティの代表曲は「ザ・ウェイティング」になったことを、ここに謹んで報告したい。1981年6月に全米19位(2週連続)を記録した佳曲で、プロモーションビデオではリッケンバッカーを弾くトム・ペティとマイク・キャンベルを見ることができる。代表曲と呼ぶには少々弱いのは十分承知しているけど、なんだろうな。「なんかいい」んですよ。

2019.10.20
20
  YouTube / tompetty
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1970年生まれ
宮井章裕
コラムリスト≫
14
1
9
8
5
サザン・アクセンツ — 薄い月明かりの下でトム・ペティを口ずさんだ夜
カタリベ / 宮井 章裕
13
1
9
7
9
ブルース・スプリングスティーンのロックンロール!来日公演の実現を切に願う
カタリベ / 海老沼 大輔
36
1
9
8
5
追悼:トム・ペティ — きみがロックンロールスターになりたいのなら
カタリベ / 太田 秀樹
12
1
9
8
7
アメリカン・ロックンロールの良心の証明 ― ジョージア・サテライツ登場!
カタリベ / KARL南澤
22
1
9
8
9
トム・ペティに捧げる祝福と追悼の「フリー・フォーリン」
カタリベ / 宮井 章裕
11
1
9
8
7
ブルース・スプリングスティーンの葛藤「一歩前進、二歩後退」
カタリベ / 宮井 章裕
Re:minder - リマインダー