9月1日

ドリカム「うれしはずかし朝帰り」から始まる “シン・EPICソニー” の歴史

49
0
 
 この日何の日? 
ドリームズ・カム・トゥルーのシングル「うれしはずかし朝帰り」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1989年のコラム 
80'sの夏フェスはジャズフェス!盛り上がったアート・ブレイキー

部屋とワイセツと私、デペッシュ・モード「パーソナル・ジーザス」

大喧嘩する兄弟、切っても切れないミック・ジャガーとキース・リチャーズ

工藤静香の終わりなき旅、黄砂に吹かれるトサカ前髪

限界LOVERS で一気にブレイク! SHOW-YAとは寺田恵子のことである

エアロスミスの傑作アルバム「パンプ」ロック史に残る大復活劇!

もっとみる≫



photo:dreamscometrue.com  

EPICソニー名曲列伝 vol.26
ドリームズ・カム・トゥルー『うれしはずかし朝帰り』
作詞:吉田美和
作曲:吉田美和
編曲:ドリームズ・カム・トゥルー
発売:1989年9月1日

在来種のような外来種、その名もドリームズ・カム・トゥルー


今から考えると、EPICソニーの歴史の中でも、ひいては日本のポップス史の中でも、まったく新しい「外来種」のような音楽だった。ただしこの「外来種」、ややこしいのは、パッと見は「在来種」、つまり当時の日本の音楽シーンに、すーっと入ってくる人懐っこさを持っていたことだ。

キュートなルックスの女性ボーカルと(93年資生堂秋のキャンペーンCMに出演する)、とっちゃん坊やのようなベーシストと、クールな面持ちのキーボーディストの3人組。しかしジャケットのように、総じて人を選ばない、実に親しみやすいルックスで迫ってくる。

男女比は違うが、90年代に日本テレビで放送されていた『DAISUKI!』という番組のMCの3人組=中山秀征、松本明子、飯島直子が発していた「90年代的和気あいあい感」に近いものを感じていたのは、私だけだろうか。

さらには曲名も『うれしはずかし朝帰り』で『うれしい!たのしい!大好き!』(89年)で『晴れたらいいね』(92年)だから、その清潔かつ灰汁(あく)の取れた感じは、非常に間口が広い。そもそもユニット名「ドリームズ・カム・トゥルー」(夢は叶う)という響きからして。

吉田美和の雄叫び、「歌う」ではなく「吠える」ほどのフィジカル


しかし、曲を聴き始めると、深みにハマるトラップが、いくつも仕掛けられているのだ。この『うれしはずかし朝帰り』で言えば、まずは吉田美和の冒頭の雄叫びである。

イントロ9小節目から始まる「♪ ウォーウォーーーウォウウォーーーーヤヤヤヤヤー!」。録音音源にもかかわらず、抜群の声量で歌われていることが一発で分かる、さらに音程も、一気に上のCまで上がるので、かなりの高音だ。まさに雄叫び。

「歌う」ではなく「吠える」感じ。マキタスポーツは島津亜矢のことを「歌怪獣」と評したが、「歌う」ではなく「吠える」ほどのフィジカルを「歌怪獣」の定義とすれば、80年代を代表する「歌怪獣」が玉置浩二で、90年代のそれは吉田美和となろう。

間口の広さ × トラップの深さ = ドリカム


「歌怪獣」性に加えて、『晴れたらいいね』のような技巧的な転調や変拍子、コードとメロディの関係が複雑な『決戦は金曜日』(92年)、さらには歌詞に「カラックス」「ジェリー・アンダースン」などの固有名詞が出て来る『go for it!』(93年)など、ドリカムの曲には、ヌポっと深みにハマるトラップが、いくつも埋め込まれている。

「ルックスや曲名、ユニット名がもたらす間口の広さ」と「歌怪獣性、音楽的技巧性、持って回った歌詞がもたらすトラップの深さ」。この「間口の広さ×トラップの深さ」をかけ合わせた面積が異常に肥大化していた「外来種」。それが当時のドリカムでは無かったか。

もう少し具体的に言えば、「好きなミュージシャン」として挙げても、デートのときにクルマの中でかけても、カラオケで歌っても、ビギナーにもマニアにも喜ばれる「決して外すことの無いブランド」としてのドリカム――。

涙腺にグッと来る、吉田美和のイタリア系泣き節


と、少々客観的な物言いをしているが、実は私もドリカムを愛聴していた。正直『うれしはずかし朝帰り』や『晴れたらいいね』は、割と聴き流していたのだが、94年の『すき』、95年の『サンキュ.』(語尾のピリオドに注目)は、本当によく聴いたし、カラオケでも歌った。

決定打は、少々最近になるが、07年の『大阪LOVER』だ。あの曲は大阪人の心をわしづかみにする。私のような、関東生活年数が大阪生活を上回った「えせ大阪人」であっても「♪ 大阪のおばちゃんと呼ばれたいんよ」のところで、毎回涙腺が決壊しそうになる(いや決壊する)。逆に「えせ」だからこそグッと来るのかもしれないが。

涙腺にグッと来るのは、吉田美和の「泣き節」にも秘密があろう。昔、大滝詠一がラジオで「コニー・フランシスのようなイタリア系の泣き節は日本人好み」という意味合いのことを言っていたが、『すき』『サンキュ.』『大阪LOVER』のボーカルは、明らかにその「イタリア系泣き節」だと思う。

90年代の “シン・EPICソニー” はドリカムから始まった


「間口の広さ×トラップの深さ」にさらに「泣き節」をかけ合わせたら、その解の数値は無限大だ。無限大は無敵だ。ドリカムが90年代を連れて来る。「90年代」と書いて「ドリカム」と読む――。

「EPICソニー史」を舞台化するとすれば、第1幕は、佐野元春『アンジェリーナ』(80年)から始まる80年代前半。第2幕は渡辺美里『My Revolution』(86年)から始まる80年代後半。そして第3幕が、この『うれしはずかし朝帰り』からになろう。

しかしアルバム『The Swinging Star』(92年)が何と300万枚を売り上げるフィナーレまでの第3幕と、第1幕・第2幕との段差は激しい。別の物語という趣きさえする。言わばこの曲から、「シン・ゴジラ」ならぬ「シン・EPICソニー」の歴史が始まるのだ。


※ スージー鈴木の連載「EPICソニー名曲列伝」
80年代の音楽シーンを席巻した EPICソニー。個性が見えにくい日本のレコード業界の中で、なぜ EPICソニーが個性的なレーベルとして君臨できたのか。その向こう側に見えるエピックの特異性を描く大好評連載シリーズ。

■ EPICソニー名曲列伝:佐野元春「約束の橋」が与えてくれた肯定感について
■ BO GUMBOS「魚ごっこ」強くて太いKYONのピアノとどんとのデリケートな狂気
■ EPICソニー名曲列伝:遊佐未森「地図をください」エピックらしさとのやわらかな訣別
etc…


2020.04.11
49
  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1966年生まれ
スージー鈴木
コラムリスト≫
90
1
9
8
0
EPICソニー名曲列伝:佐野元春「アンジェリーナ」大村雅朗とのガチンコ対決
カタリベ / スージー鈴木
52
1
9
9
0
EPICソニー名曲列伝:ドリカム「笑顔の行方」にみる中村正人 “下から目線” 作曲法
カタリベ / スージー鈴木
109
1
9
8
1
連載開始! EPICソニー名曲列伝:80年代と書いてEPICソニーと読む
カタリベ / スージー鈴木
65
1
9
8
8
EPICソニー名曲列伝:岡村靖幸「だいすき」が好き過ぎた平成最初の夏
カタリベ / スージー鈴木
65
1
9
8
4
EPICソニー名曲列伝:「オーバーナイト・サクセス」洋楽と邦楽の間にある新しい音楽
カタリベ / スージー鈴木
95
1
9
8
1
EPICソニー名曲列伝:傑作「SOMEDAY」を生み出した佐野元春の編集感覚
カタリベ / スージー鈴木
Re:minder - リマインダー