8月26日
80'sの夏フェスはジャズフェス!盛り上がったアート・ブレイキー
12
0
 
 この日何の日? 
マウント・フジ・ジャズ・フェスティバルでアート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズが演奏を行った日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1989年のコラム 
ボ・ガンボスの「トンネル抜けて」この1曲が頭から離れない!

鬼平犯科帳!ジプシー・キングスのラテンギターと江戸の春夏秋冬

ティアーズ・フォー・フィアーズ、UKロックの結晶的作品がコレだ!

ベッド・ミドラーの「フォエバー・フレンズ 」女性の友情は長い飴のよう

なんとノーベル文学賞!現在につながるディランのリスタートポイントは?

念願の初チーク、リチャード・マークスのバラードで一夜限りのシンデレラ

もっとみる≫

photo:YouTube  

もう30年近く前の話です。一年の浪人期間を経て無事大学生になった私は、音楽活動を再開したのですが、もうちょっと弾けるようになりたくて、中学高校の同級生であるドラゴン君(当時の実名ニックネーム、現有名出版社編集長)が所属していた高田馬場にある大学の有名ジャズサークルに少しだけ在籍させてもらいました。夏休みには合宿にも参加させてもらい、ものすごい練習量でしたが、大いに鍛えられました。今でもそのサークルから多くのジャズミュージシャンが輩出されていることを思うと、感慨深いものがあります。

そして夏といえば夏フェス! そう、当時の夏フェスはロックならぬジャズ一色。『斑尾ジャズ』や、よみうりランドでの『ライブ・アンダー・ザ・スカイ』など、今では信じられないジャズ・フュージョン界の有名ミュージシャンが集結する祭典が繰り広げられ、夏の深夜番組はいつもその実況中継でした。

私のようなジャズサークルに所属する連中にとって、最大のイベントは『マウント・フジ・ジャズ・フェスティバル』。富士山の麓、山中湖畔に海外の有名ミュージシャンが三日間集まり、たくさんのステージを見せてくれるのです。高いお金を払っても1組のミュージシャンしか見れないことも多いので、こういった夏フェスはものすごくお得。ジャズ研のお金のない大学生はみんな行ってました。

当時、ドラゴン君と一緒に行ったのは1989年8月26日のイベント。その日の出演者だけでもすごいメンバーでした。ハービー・ハンコック、ロン・カーター、トニー・ウイリアムスのトリオ、乗りに乗っていたドラマーのラルフ・ピーターソン・クインテット、ジャズボーカルの大御所ルー・ロウルズと彼のバンド、当時の凄腕を集結させたチック・コリア・アクースティック・バンド、そしてトリを飾ったのはアート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズというラインナップ!

アート・ブレイキーは、1950年代から活躍している大御所ドラマーですから、『マウント・フジ・ジャズ・フェスティバル』でも盛り上がりましたよー! エンベッドした映像でもわかるように、「ブルース・マーチ」を聞くお客さんの人数と興奮といったら! そして、会場には屋台が出ているので、焼鳥や焼きそばを食べ、酒を飲みながらジャズを聴くですよ。この屋台酒に合うのがメッセンジャーズですよ! ジャズと酒!! 酒とジャズ!! あ、すいません興奮しすぎましたー。

ブレイキーの楽しそうにドラムを叩く姿はジャズが気取ったものではなく、真のグルーヴを追求している音楽であることを感じさせますね。本当に自分が好きな音楽に出会えた感動でした。メンバーの服装もすごくダンディーなんですよねー。当時自分はベースでしたが、自分がやっていたバンドでもメッセンジャーズの曲を演奏していました(今、私はボーカルですがメッセンジャーズの曲は歌詞をつけてたくさんやっています)。

残念なことに、この翌年の1990年にブレイキーは急逝してしまいました。亡くなった時も来日が決まっていて、ブレイキー以外のメンバーで追悼公演がなされました。私の兄の大学の同級生に ”えっちゃん” という方がいて、どういうわけか最後のメッセンジャーズのベースである、エシェット・オコン・エシェットさんと仲良くなってタダで公演が観れるということで、私も見に行かせていただきました(えっちゃんは今どうしているのだろう…)。

最後の公演は、ブレイキーの代わりアル・フォスターという有名なドラマーが代わりに叩いていたと記憶していますが、間違っていたらごめんなさい。もちろん、代表曲である「モーニン」も当日演奏されましたが素晴らしかったなー。ブレイキーがいなくても、そのスピリッツを受け継いだメンバーのグルーヴ感が溢れる感動的な名演奏でした。トランペットのブライアン・リンチは大柄なメンバーが多い中で小柄の白人ですが、彼の演奏も最高でした。ああ、もうこの演奏は聞けないのか……

あっという間に時代は過ぎて23年後の2013年10月、所用でアメリカに行った時、ニューヨークに立ち寄りました。そうしたら、昔のメッセンジャーズにラルフ・ピーターソン(Dr)が加わる編成でのライブをたまたまやっていたんですよ! ちょうど亡きブレイキーの誕生日で、昔の仲間が大集結したという趣旨でした。

ラルフが大口を開けてドラムを叩いていて、夏フェスで見たブレイキーを思い出しました(^^)。自分はやっぱりこういう音楽が好きなんだなあ、そしてそれを今も聞くことができるニューヨークでの奇跡に感動しました。終演後にブライアン・リンチを捕まえて、1990年の公演を観に行った話をしたら、日本は楽しかったよー!と言って当時覚えていた日本語を披露してくれて、最後には記念撮影に応じてくれました。

またあの頃みたいな夏のジャズフェスやってくれないかなー。

2017.01.18
12
  YouTube / paris0820


  YouTube / Geepereet
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1968年生まれ
千代田区のUra
コラムリスト≫
21
1
9
8
6
フュージョンファンクも悪くない「TUTU」は私にとっての初マイルス!
カタリベ / DR.ENO
29
1
9
8
3
追悼:みんな覚えがアルジャロウ?「モーニン」は朝のキラキラAOR
カタリベ / @0onos
20
1
9
7
9
バンドメンバー募集中、フォーク発フュージョン経由ロンドンパンク行き!
カタリベ / やっすぅ
22
1
9
8
2
渋谷のTOP DOGと「アー・ユー・ゴーイング・ウィズ・ミー?」
カタリベ / まさこすもす
11
1
9
8
7
ユーミンも絶賛!パット・メセニーのブラジルフレーヴァーは真夏の清涼剤
カタリベ / DR.ENO
20
1
9
9
0
ブルーノートと専属契約を結んだトランペッター・日野皓正の素顔
カタリベ / 蘭 華
Re:minder - リマインダー