7月25日

布袋寅泰も絶賛!聴く者を圧倒するニューエスト・モデルの音楽と言葉

13
1
 
 この日何の日? 
ニューエスト・モデルのアルバム「ソウル・サバイバー」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1989年のコラム 
シェイクスピアズ・シスターと白黒写真に学ぶ女の友情と加齢

太陽がいっぱい!? 80年代アイドルと過ごした堀越高校の学び舎

サザンの「すいか」はうまい具合に詰め込まれたベスト盤♪

W杯決勝トーナメント進出記念【90年代女性アイドル】最強イレブンはこれだ!

森高千里「非実力派宣言」強い意志をもってバブルの時代を生き抜くアイドル

田中美奈子「涙の太陽」でデビュー!ギラギラ燃えるバブルの象徴

もっとみる≫




布袋寅泰も絶賛したニューエスト・モデル


BOØWYの洗礼を浴びて中学・高校時代を過ごした現在のアラフィフ世代のロック少年&少女の中には、当時NHK-FMで毎週木曜日に放送されていた布袋寅泰がパーソナリティの『ミュージック・スクエア』に影響を受けた者も少なくないだろう。

BOØWYでの演奏時のイカツイ風貌から一変して、気のいい兄貴のようにやさしくリスナーに語りかけながら、古今東西の様々なナンバーを紹介してくれるこの番組は、高校生だった自分の音楽の幅を広げてくれた存在だった。そんな『ミュージック・スクエア』の「邦楽特集」で、布袋寅泰が大絶賛の上で紹介したのが、ニューエスト・モデルだった。

あの布袋寅泰が「感動的」とまで言い、美辞麗句を並べて興奮気味に話すのを聞いて、どんな曲が流れるのか… こちらも少し興奮して待ち構えていた中かかったのが「DAYS」「青春の翳り」「ソウルサバイバーの逆襲」の3曲。

イントロでのピアノとギターのリフ、そしてサビのメロディと中川敬のがなり声… 「DAYS」の開始わずか30秒で、自分の心は鷲掴みにされてしまった。

続いて「青春の翳り」。激しいドラミングで始まり、サイケなオルガンが印象的なイントロから、急激に疾走するAメロを行ったり来たりする曲展開、そして最後に「お前らはどないやねん!」と叫びつけられ、自分は完全にグロッキーになっていた。

そんなフラフラの状態で、最後にかかった「ソウルサバイバーの逆襲」では、もうイントロのギターで一発KOを喰らってしまった。

ソウルとパンクの融合…では言い尽くせぬ「ソウル・サバイバー」


かつてないほどの衝撃を受け、たった3曲で、自分はニューエスト・モデルに叩きのめされてしまっていた。興奮冷めやらぬまま、翌日学校が終わるとすぐに駅前のレコード屋に駆け込んだ。もちろんニューエスト・モデルのアルバム『ソウル・サバイバー』を買うためだ。

家に帰りCDをプレーヤーにセットし、歌詞カードを開く。そこで前の晩に知ったニューエスト・モデルの世界がもっともっと奥行きの広いものだと気付かされる。

ライナーノーツで『ROCKIN'ON JAPAN』の山崎洋一郎が書いているように「ソウルとパンクの融合」という言葉では言い尽くせないほど、彼らのサウンドには多種多様な要素が詰め込まれていた。

それまではBOØWYに代表される “ビートロック” 的なものを好んで聴いていた自分にとっては、転げまわるピアノも、走り回るベースラインも、ルーズなテレキャスターの音色も、効果的に使われるホーンセクションも… 全てが初めてのロック体験だった。

ニューエスト・モデルは、当時高1の自分に、ロックという音楽の奥深さを教えてくれたのだった。

中川敬が浴びせる力強く美しい日本語、ときにはどぎつい関西弁も


さらに歌詞カードを見ながら聴いていると、前日のラジオでは気付かなかった大きな魅力に気付かされる―― そう、それは中川敬が訴えかけてくる言葉の数々だ。

 君はいつでも教え説いてる
 太っ腹なありがたい人
 まちがい認めない不思議
 (こたつ内紛争)

 おー苦しみはおまえの宝さ
 分かち合う事にゃ気兼ねする
 沈黙の昨日と戦う
 今でもおまえさんったら半べそかいてる
 (まどろみ)

 知らず手掛けた奴隷は見てるよ
 君のかかえた混乱と怖れを
 おくびにも出さない静けさの不安を
 (尾根行く旅)

 教科書は信じないよ
 ウソのような気がする
 巧みな言葉と金 さみしいネと近づく
 (ソウルサバイバーの逆襲)

力強く尚かつ美しい日本語で、ときにはどぎつい関西弁で、中川敬は容赦なく言葉を浴びせてくる。怠惰に流されて日常を過ごす自分に向けて、内省せよ! 刮目せよ! と言わんばかりに…。

反核や反原発のメッセージを歌う姿から、反体制の旗手のように捉えられがちな中川敬だが、特にこのアルバムに限って言うと、イデオロギー的なものよりも、現実を突きつけられて、自己の弱さやズルさに気付かされ、それに向き合うことを求められる… そんなメッセージを感じた。

バンド結成35周年! 現在はソウル・フラワー・ユニオンで活動


このアルバムの後、ニューエスト・モデルは、よりミクスチャーバンドとしての道を極め、2枚のアルバムを出した後、盟友メスカリン・ドライヴとともに同時解散・統合し、ソウル・フラワー・ユニオンとして現在に至っている。

だが個人的には、バンドが一段と音楽の雑食性を高めて成熟していく過程で、まだビートパンクとしての色を残していた『ソウル・サバイバー』の頃のニューエスト・モデルが、一番エネルギーに溢れていたと思う。

今年はバンド結成35周年。今でも色褪せないこの作品に、今からでも多くの人に触れてもらい、32年前に自分が受けた衝撃を味わってもらいたいので、ぜひサブスクリプション化を切に願う。


2021.07.25
13
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1973年生まれ
タナカマサノリ
コラムリスト≫
33
1
9
8
8
ライブバンド BOØWY の軌跡、到達点を示す東京ドーム公演「LAST GIGS」
カタリベ / 前田 祥丈
13
1
9
8
8
それが音楽の魔法、時の流れに左右されることのないアーマ・トーマス
カタリベ / 宮井 章裕
23
1
9
9
1
PANTAと沢田研二の邂逅、危険なふたりが突き刺す「月の刃」
カタリベ / やっすぅ
50
1
9
8
2
詩人 遠藤ミチロウ、ザ・スターリンの歌詞にみる美しい言葉たち
カタリベ /  白石・しゅーげ
34
1
9
8
7
始末に負えない2人のルーツ、とんねるず「嵐のマッチョマン」
カタリベ / 山口 順平
65
1
9
8
6
BOØWY シングルレビュー ①:大衆に支持されたBOØWYとチェッカーズの共通性
カタリベ / 古木 秀典