5月8日
必殺シリーズの音楽は平尾昌晃と竜崎孝路、そしてトランペッター数原晋
32
0
 
 この日何の日? 
朝日放送制作のテレビ時代劇「新・必殺仕事人」の放送が開始された日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1981年のコラム 
昭和カラオケ講座、クリエーションの「ロンリー・ハート」は隠れた名曲

夏の扉を開けた松田聖子にキラキラの魔法をかけたのは誰?

共有感満載の80年代洋楽ヒット!ビルボード最高位2位の妙味 vol.11

ボブ・マーリーが遺した「救済の歌」いま、もう一度、彼の歌を聴こう

土曜の夜を彩った「俺たちひょうきん族」DOWN TOWNへ繰り出そう〜♬

来生たかお「グッバイデイ」新しい日を新たな気持ちで迎えるありがたさ

もっとみる≫

photo:CDJournal  

先日放送された「必殺仕事人2016」が思いのほか面白かった、と言っては失礼だろうか。自分にとっても久しぶりに観た必殺シリーズで、実はあまり期待もしていなかったのだが、いやはや、オープニングから喰い入るように観てしまった。特に、中村主水とは似て非なる渡辺小五郎というキャラをモノにした東山紀之が実に素晴らしく、今後の更なる深化にも期待大だ。

さて、その必殺シリーズは、池波正太郎の「仕掛人・藤枝梅安」を原案に「必殺仕掛人」として’72年からレギュラー放送が始まった。

その後、原作には無い中村主水というキャラクターも生み出し、様々な紆余曲折や浮き沈みを経て80年代に最盛期を迎えることになる。その作品性と大衆的人気がバランス良く混在した’81年5月スタートの「新・必殺仕事人」と’82年10月スタートの「必殺仕事人Ⅲ」がシリーズのピークと言っていいだろう(異論は承知)。

三田村邦彦演ずる飾り職の秀、中条きよしの三味線屋勇次、何でも屋の加代は鮎川いずみ、もちろん中村主水は藤田まことで、トメは元締のおりくを演じる山田五十鈴。史上最高、鉄板の布陣である。脇を固めるのは嫁姑役の白木万理と菅井きん、筆頭同心でオカマの田中さま役は山内敏男。そうそう、「Ⅲ」には受験生の仕事人としてひかる一平も出てたっけ。

毎週金曜夜10時。その後も継続した人気を博し、肝入りで始まった平日ベルトのニュースステーションでさえ、放送当初は退かすことのできなかった枠だ。

また、全国で流れていたかどうかは知らないが、“カキ肉エキス” を飲んでトライアスロンを完走する永谷誠一55才の勇姿や、ベートーベンが笑ったというコピーが印象的な低周波治療器の “お体大事にサンマッサ〜♪” といったCMも忘れられない。これ、本当にどうでもいい記憶なのだが、死の目前に人生の思い出が走馬灯のように駆け巡るのならば、その一コマにこれらのCMが入ってそうで怖い……

いやいや、そうではない。「仕事人2016」を観た流れでシリーズの “音楽” について書くつもりだったのだ。

そうは言ってもこのシリーズ、音楽の持つ比重が通常のドラマ、いや映画と比べても非常に高く、とてもこのスペースで語りつくすのは困難だ。“マカロニウエスタンの音楽を基調に日本的な情緒を重ね合わせた独特のサウンドトラック” と言ってしまえばそれまでだが、そこは40年にもわたって制作されているシリーズである。時代時代のサウンドを加味しながら、BGMの領域をはるかに超えこれまでに1,000曲以上もの作品が録音されているのだ。

シリーズ全作を通し、ほとんどの劇伴を手がけているのが平尾昌晃と竜崎孝路。平尾はロカビリアン出身ながらも小柳ルミ子の「わたしの城下町」のような “ふるさと歌謡” をも手掛ける作曲家。竜崎はビートを全面に押し出したキャンディーズの「危ない土曜日」のようなサウンドから、叙情感たっぷりの八代亜紀「舟唄」までを手がけるダイナミックなアレンジャー。

この2人のコンビは’73年の日本レコード大賞を受賞した五木ひろしの「夜空」を手がけているが、この曲にしても、国産シンセ第1号「コルグ700」を発売直後に購入し、演歌界に初めてシンセサイザーサウンドを導入した極めて画期的な作品だった。

そして、もう一人の忘れてはならない人物、それは日本を代表するスーパートランペッター数原晋。名前を知る人は少ないだろうが、その音は誰もが聴いたことがあると断言していい。

必殺シリーズはもとより、ルパン三世シリーズ、山口百恵「いい日旅立ち」、さだまさし「北の国から」、天空の城ラピュタ「ハトと少年」などのトランペットは全て彼の演奏である。もちろん、山下達郎やユーミンを始め、角松敏生、杏里、井上陽水、チャゲ&飛鳥、矢沢永吉などなど、数多のミュージシャンのレコーディングに参加している名うてのプレイヤーである(ちなみに、松田聖子「秘密の花園」のエンディングで印象的なフリューゲルホーンを吹いているのも彼)。

そんな多彩で柔軟で神がかった職人たちが集結していた必殺シリーズ。光と影の織り成すコントラストを極めたキャメラマンの石原興と照明の中島利男についても触れておきたかったが、さすがに字数も尽きた。

最後に、’81年の「新・必殺仕事人」から現在まで、アレンジを一度も変更することなく使われ続けている最重要鉄板曲「仕事人出陣」を紹介し、個々の楽曲についてのエピソードは別稿に譲るとしよう。

2016.10.09
32
  YouTube / 33 Tomos(仕事人出陣は 1:10 〜)
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1966年生まれ
太田秀樹
コラムリスト≫
75
1
9
7
9
涙がポロリとこぼれたら〜あぁ、歌いだすのさ舟唄を〜♪ ルパン三世篇
カタリベ / 時の旅人
54
1
9
8
0
山口百恵から松田聖子、さよならの向こう側にある青い珊瑚礁が眩しかった
カタリベ / 太田 秀樹
31
1
9
8
7
J-POP界の開発屋、なぜ角松敏生はいつも早すぎるのか? vol.4
カタリベ / @0onos
28
1
9
8
0
不二家歌謡ベストテン、ユーミンとロイ・ジェームスと日曜日の朝
カタリベ / 親王塚 リカ
72
1
9
8
0
恐るべし松任谷由実、クリスマスを恋愛イベントに変えてしまったこの曲!
カタリベ / 藤澤 一雅
34
1
9
8
3
1983年夏、夏期講習の帰りに聴いた松田聖子の天国のキッスなどなど
カタリベ / 太田 秀樹
Re:minder - リマインダー