2月28日

BORO「ネグレスコ・ホテル」謎の飲料シンビーノCMで使われた魅惑の1曲

25
0
 
 この日何の日? 
BORO のシングル「ネグレスコ・ホテル」がオリコン最高位(31位)を記録した日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1983年のコラム 
1億人のクラスメイト 伊藤麻衣子のアイドル時代、大映ドラマで人気爆発!

ボブ・シーガー「月に吠える」アメリカ人特有の情感を歌った名曲

地味なヒットが真骨頂、アメリカ以外でも再評価すべきボブ・シーガー!

スティーヴ・リリーホワイトと真冬の日本海 〜 鉛色の空と張りつめた空気感

時を超えて美しい、安部恭弘が奏でる都会のダンディズム溢れる音

どれも名曲、サザンオールスターズが名曲を生み出すキーコード♪ ③

もっとみる≫




不思議なネーミングの清涼飲料水「シンビーノ」


今から考えると1980年代って “不思議なネーミングの清涼飲料水” って多かったんだよな。今回セレクトした楽曲もそんな清涼飲料水のCMに使用されていた曲。

大塚製薬から発売されていた「シンビーノ」っていう炭酸飲料、覚えていませんか? 今から37年前の冬の日、テレビCMで頻繁に流れていた清涼飲料水。

確かに、なんか不思議なネーミングの飲み物だったんだけど、中身は “アップルタイザー”。アップルタイザーで分かりにくかったら、果汁100%のアップルジュースを炭酸で割った飲み物。お酒を飲まない人も楽しめる“ノンアルコールのアップルワイン” といったところですね。ジュースではあるけどノンシュガーだからすっきりとした甘さで、ワタシは大好きな飲み物でしたね。

ちなみに、このシンビーノから派生し、1989年に発売されたのが「ジャワティ」(無糖紅茶)なんですね。

CMのバックで流れた魅惑の曲、BORO「ネグレスコ・ホテル」


そもそもこの飲み物に興味を持ったのは、ネーミングもさることながら、CMのバックで流れていた魅惑的な楽曲に惹かれて… というのもある。

 ネグレスコ・ホテルにたどり着くまで
 あと50マイル 南へ走ろう
 右に陽が傾くまでに

そう、BORO の「ネグレスコ・ホテル」ですね。

やや赤茶けた乾燥地帯の映像をバックに、あの独特なメロディと BORO のややハスキー、かつブルージーに崩したボーカルがよく馴染む。

まるで映画のワンシーンフィルムのようで、商品CMって感じがしなかったんですよ。やもすると「ネグレスコ・ホテル」の曲ばかり耳に残り、商品のイメージは残らないようなキライもあったりして…。それだけにシンビーノって謎多き飲み物のイメージがあったんだよな。

シンビーノだけじゃない、80年代の不思議なネーミングの清涼飲料水


シンビーノのほかにも、80年代は不思議なネーミングの清涼飲料水ってあったよなぁ。たとえば、「アンバサ」。これはコカ・コーラボトラーズから発売されていた乳性炭酸飲料。味は「カルピスソーダ」ですよね。ただ、カルピスソーダよりもちょっと甘さが強かったような…。

「カルピス」ならそうネーミングに入れてくれればわかりやすいんだけど、“カルピス” っていうネーミングは登録商標で、コカ・コーラボトラーズでは使えない。だから、こういう一見よくわからないネーミングになったんだろうなぁ。

これは、シンビーノも同じ。アップルタイザーなら、そうネーミングに入れてくれればわかりやすいんだけど、この “アップルタイザー” も登録商標なんでね。

その他、ペプシから発売されていた弱炭酸飲料「マウンテンデュー」や、サントリーから発売されていた炭酸飲料「サスケ」… など、今考えてもワケが分からんネーミングの清涼飲料水、たくさんあったよなぁ。

ちなみに、マウンテンデューは今も自販機などで販売中。… と書くと「見たことない」って言われるんですけど、少なくともワタシの家の周りの自販機では販売してますね。一方、「アンバサ」も今も販売されてるとのことなのですが、逆にこちらは個人的には見かけないなぁ。

やっぱり井上大輔アレンジのオリジナルバージョンがいい!


ところでこの「ネグレスコ・ホテル」、1983年当時のCMで流れていたオリジナルバージョンは、1983年1月1日、ビクターから発売されたもの。そう、元日リリースだったんですよ、この曲。

でもね、今、音楽配信各サイトで配信されている音源の多くが、1983年当時流れていたオリジナルの音源じゃないんだよな。いや、配信だけでなくレンタルしているCDもほとんどすべてが別バージョンの音源になっている。

それというのも、後にビクターから徳間ジャパンに移籍した時にリリースした別バージョンだから… なんだよね。

…で、これがオリジナルのブルージー&ジャジーなアレンジとは異なりボサノバっぽいアレンジで… イメージが異なるんだよなぁ。この曲と言ったら、なんと言っても井上大輔氏がアレンジしたオリジナルバージョン! だよなぁ。

音楽配信は現在、ダウンロードが中心でサブスクリプションでは配信されていないようだけど、サブスクリプション解禁の時は、ビクターのオリジナルバージョンも配信してほしいですね。

最近の音楽配信は、ダウンロード、サブスクリプション問わず、特に90年代以前の過去曲では、このようにオリジナルではなく別バージョンのみ配信されている楽曲が非常に多い。だからどうも楽曲イメージが崩れるんだよなぁ。

オリジナルバージョンの音源がすでに存在しない、配信許諾が下りない… など問題があるんだろうけど、ここは音楽配信の今後の課題ですね。

リバーサイドホテル、背中まで45分… ホテルを題材にした曲がトレンド?


余談だけど、1982~1983年は、この「ネグレスコ・ホテル」のような “ホテル” を題材にした曲が多かったんだよね。井上陽水「リバーサイドホテル」に、沢田研二の「背中まで45分」もそうだよね。

当時、ホテルっていう雰囲気はトレンドだったんでしょうかね? ただ、この「ネグレスコ・ホテル」のようにシティホテルというより、砂漠の中のオアシス的な雰囲気の空気はあったような気がする。

そして、あの頃のワタシは、精神的に “砂漠” のど真ん中だったんだよなぁ。そうそう、たしかこの曲がヒットし始めた当時、ひどい風邪をひいたんだよな。そのときに飲んだシンビーノはうまかった…。また発売してくれないかなぁ、大塚製薬様。


Song Data
■ BORO / ネグレスコ・ホテル
■ 作詞:BORO
■ 作曲:井上大輔
■ 編曲:井上大輔
■ 発売:1983年1月1日
■ 発売元:東芝EMI
■ オリコン最高位:31位
■ 売上枚数:6.2万枚
■ タイアップ:大塚製薬「シンビーノ」CM曲


2020.02.28
25
  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1969年生まれ
かじやん
コラムリスト≫
32
1
9
8
5
資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 ユーミン初の資生堂タイアップ
カタリベ / @0onos
47
1
9
8
3
資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 め組のひとは君に胸キュン
カタリベ / @0onos
44
1
9
7
8
ターニングポイントは「white」真の超人に変わっていく井上陽水
カタリベ / 山口 順平
26
1
9
8
2
エンタメの横顔 — 音楽業界における「タイアップ」CM篇 ①
カタリベ / 福岡 智彦
68
1
9
8
8
田村正和と井上陽水の力技「ニューヨーク恋物語」にメロメロ ♡
カタリベ / 平マリアンヌ
25
1
9
8
2
まるでシンデレラ・ストーリー「赤道小町ドキッ」CMタイアップ篇
カタリベ / 福岡 智彦
Re:minder - リマインダー