8月6日

原爆オナニーズが好きなあの人は言った “自分だけのアティチュードを持つこと”

45
2
 
 この日何の日? 
the 原爆オナニーズのファーストアルバム「Nuclear Cowboy」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1985年のコラム 
ポール・ウェラーも愛した?英国的ゲイ映画「アナザー・カントリー」

思考か?感覚か?トーキング・ヘッズから教わった都会暮らしの処世術

江戸川乱歩の美女シリーズ ー 天知と明智とエログロナンセンス!

80年代に一石を投じた「19」ジャパニーズミックスは小林完吾アナ

80s音楽にビジネスを学ぶ:マイケル・ジャクソンの企業買収とファイナンス(後篇)

1985年のブライアン・アダムス、じわじわと売れつづけたアルバム「レックレス」

もっとみる≫




脳天をかち割られるような衝撃、the 原爆オナニーズ


5歳上のOLだったユカさんとは、パンク雑誌『DOLL』の友達募集欄で出会った。高校生だった私にとって、初めての “年上の友達” だった。

当時私は高校2年。日本のパンクバンドを聴き漁った挙句、「the 原爆オナニーズ」にたどり着いた。バンドの名前に衝撃を受けた以上に、サウンド、そして当時はアイドル的なパンクバンドもいた中、ゴリゴリの大人のおじさんたち(…に、見えた)が本気でオリジナルパンクを演奏している様に、脳天をかち割られるような衝撃を受けた。

しかし女子校で進学校、まわりには原爆オナニーズのギグに一緒に行ってくれる友達もおらず、DOLLに “原爆オナニーズが好きな方、友達になってください” という募集を出したのだ。

ペンフレンドは、古着のジャケットにドクター・マーチン


すると、“原爆オナニーズは知りませんが、オナニー大好き!” とか、“オナニーより、〇〇〇が好きです!” とか、“俺のフェアレディZに乗りませんか? 写真同封します” … などという見当違いな返事ばかりがきた。

こんな募集欄で友達なんて作ろうとしたのが間違いだ… と諦めていたところ、かわいいレターセットで、きれいな字で返事をくれたのがユカさんだった。毎週のように手紙を書いて、文通を始めた。そして渋谷のラ・ママに来る原爆のギグに行こうということになった。

待ち合わせたユカさんは、古着のジャケットにドクター・マーチン、スリムでとてもオシャレだった。私を見るなり「17歳より幼く見えるね?」と笑った。とても恥ずかしかった。親のお金で学校に行きながら、「パンクの精神はどうのこうの」と、さんざん偉そうに手紙に書いていたし。自分で稼いで自立して、パンクロックを心の支えに強く生きている、ユカさんとは覚悟が違うと、話してすぐに思い知った。

ライブでも定番のナンバー、力強い反戦歌「GO GO 枯葉作戦」


高3になったが受験勉強には身が入らなかった。ユカさんとギグ以外の日も会って、原爆の話ばかりしていた。ユカさんは原爆の曲では、「GO GO 枯葉作戦」が一番好き、と言っていた。

「GO GO! 枯葉作戦! GO GO! サリドマイド!」

とだけ、ボーカルのタイロウさんが繰り返し叫び、跳ね、うねるようなEDDIEさんのベースが地鳴りのように響く、ライブでも定番のナンバー。屈強な男たちが狂ったようにモッシュする地獄の3丁目で、17の小娘は何度も命の危険を感じた。“やけっぱち” のような曲だと思っていたがユカさんは、こう言っていた。

「“戦争はいけません、平和が大事です” なんて誰にでも言えるよね? きっとパンクっていうのは、“自分ならどう表現するか” っていう、自分だけのアティチュードを持つことなんだよ。こんな力強い反戦歌、他に聞いたことないよ」

人生を変えた、ボーカル・タイロウの言葉


すっかりユカさんに憧れ、ギグ通いばかりしていた私は受験勉強にドン詰まった。ライブ後に、タイロウさんにまで「もう受験やめたい。自分でお金稼ぐ、いっぱしの人になりたい」と言った。するとタイロウさんは「自分の与えられた場所で、自分ができることを放棄せず、ちゃんとやるのがパンクでしょ。俺も大学行ったし、今は会社員やってる。でもライブもやる」と言って、私の持っていた、塾のテキストに「浮かれよ、受かれよ」と書いてくれた。そして「終わるまで来るな」と言ってくれた。

それは受験直前の12月。その日を境に、受験が終わるまでギグに行かないことに決めた。ユカさんもそんなタイロウさんの言葉に「パンクだね、優しいね」と感激していた。

そこから死にもの狂いで勉強し、晴れて大学に合格した。親の次にユカさんに電話すると、「よく頑張ったね。これで一緒にまたギグに行けるね」と喜んでくれた。それなのに、その後数回一緒にギグに行った後、会わなくなってしまった。なんで会わなくなったのか、よく思い出せない。

パンクとは、自分だけのアティチュードを持つこと


あれから30年以上の時が過ぎ、原爆は今年結成38周年、今もパンクの最前線で走り続けている。久々にギグに行った時に、「GO GO 枯葉作戦」のモッシュの中でユカさんを思い出した。最近の不穏な世界情勢や政治に関するいろいろな “おしゃべり” を見聞きしても、彼女の言葉を思い出す。

自分だけのアティチュードを持つこと

気付くと、あれからずっと基準にしている。そしてこの先も私はずっと、あの人が教えてくれた “パンク” に憧れ続けてくんだと思う。


※2017年6月21日に掲載された記事をアップデート

2020.08.06
45
  YouTube / ramone yabu
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1971年生まれ
上村彰子
コラムリスト≫
36
1
9
8
7
これぞインディーズの極北、ゲロゲリゲゲゲのライブ盤「パンクの鬼」
カタリベ / 鳥居 淳吉
72
1
9
8
3
インディーズ史に残るソノシート、あぶらだこは何故パンクス以外にもウケたのか?
カタリベ / 鳥居 淳吉
115
1
9
8
5
18歳の夏とラフィンノーズ、僕がホンモノのパンクスになれた瞬間
カタリベ / 本田 隆
46
1
9
8
8
ジュン・スカイ・ウォーカーズがもたらしたパンク・ロックの大革命! 
カタリベ / 本田 隆
35
1
9
8
6
PUNKって何だ? その答えはラフィンノーズのDIY精神にあり
カタリベ / 本田 隆
52
1
9
8
6
80年代の東京インディーズ事情、上條淳士の「TO-Y」と北村昌士の「YBO²」
カタリベ / ジャン・タリメー