7月21日

1984年の伊藤銀次「BEAT CITY」 L.A.レコーディング事情 〜 その1

41
0
 
 この日何の日? 
伊藤銀次のアルバム「BEAT CITY」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1984年のコラム 
B'z、X JAPAN、ZARD… ブリザードが90年代のビッグネームに与えた影響

MVチラ見のお預け状態、史上最強サントラ「フットルース」が席巻した夏!

音楽が聴こえてきた街:1984年夏、渋谷ラ・スカラに鳴り響くフットルース

1984年の伊藤銀次「BEAT CITY」 L.A.レコーディング事情 ~ その7

1984年の伊藤銀次「BEAT CITY」 L.A.レコーディング事情 ~ その3

84年夏、高校生は神津島を目指す。BGMはもちろん絶対チェッカーズ!

もっとみる≫



photo:SonyMusic  

やり切った感でいっぱい、60年代サウンドの銀次流リメイク


1982~1983年の2年間に「BABY BLUE」「SUGAR BOY BLUES」「STARDUST SYMPHONY」「WINTER WONDER LAND」の4枚のアルバムを、まるで不遇だった70年代にリベンジするかのような勢いで立て続けにリリースした銀次。

その中身はいずれも、当時の欧米のロック / ポップスの動きにシンクロした、まさにマージービートやモータウンサウンドなど、僕がティーンエイジャーの頃に多大な影響を受けた、1960年代サウンドの銀次流リメイクの色彩が強いものだった。

スタッフが考えてくれた「初めてなのに、懐かしい。」や「ADULT-KIDS」というキャッチコピーはまさに言い得て妙で、僕の頭に描いていた世界観を見事に表してくれていた。

おかげでアルバムの評判も上々、ラジオ番組やライヴもやれるようになり、ファンも増えてきた。それはそれで嬉しかったのだけど、あっというまの2年、怒涛の勢いでその路線でやってきて、「WINTER WONDER LAND」までたどり着いたとき、この形をこれ以上続けていっても結局セルフカバーみたいになってしまう。このスタイルでは、この4枚のアルバムでやり切った感がいっぱいだった。

80年代の欧米ロックシーン、そして佐野元春「VISITORS」に受けた刺激


この頃の佐野元春や大沢誉志幸、原田真二などのポップ / ロックミュージシャンたちが皆そうだったように、僕も常にポップ / ロックに関しては、和と洋の2本の軸で物を考えていた。それほど80年代に入ってから、欧米ロックシーンの変化の速さと凄さは無視できない刺激的なものだった。4枚のアルバムを作り終えた後の僕は、もう次のステップを踏み出したがっていた。新しいアプローチへと心が動いていたのだ。そしてそれが次のアルバムを “L.A.レコーディング” へ走らせた最大の原因なのだ。

もちろん、盟友佐野元春が単身ニューヨークに渡り、むこうのミュージシャンたちとアルバム『VISITORS』をレコーディングしたことに強く刺激されたことは間違いない。元春がニューヨークなら僕はどこへ行こう? やっぱりロンドンか? それともビートルズに刺激されて音楽を始めた僕だからリバプール?

確かに僕のスタートはイギリスだったけれど、これまでの僕の音楽は、まさにビートルズと同じ、イギリス人が憧れて作るアメリカンサウンドに近い。ならば僕がその後に憧れたバッファロー・スプリングフィールドやポコやイーグルス、ジェームス・テイラーなどを生んだロサンゼルスで、むこうのミュージシャンとレコーディングするのがおもしろいんじゃないか。

よっし! 銀次はロスへ行くぜ!!

ミュージシャン選びのヒントは、リンダ・ロンシュタット「激愛」にあり


当初、スタッフからは、ラス・カンケル、リーランド・スクラー、ダニー・コーチマー、クレイグ・ダーギーといった70年代から活躍しているロスの代表的なスタジオミュージシャンでいくのはどう? という意見もあったけれど、それにはなぜか僕は素直にOKとは言えなかった。

というのも、僕は東京のミュージシャンで、すでに80年代型の音楽を作り上げていたから、いまさらロスで70年代っぽい音楽を作りたいとは思わなかったからなのだ。やっぱり、“今” のロスで、“今” の空気感がするプレイをしてくれるミュージシャンと仕事がしたかった。そこでミュージシャン選びの大きなきっかけとヒントになったのが、リンダ・ロンシュタットのアルバム『激愛(MAD LOVE)』だった。

このアルバムは、それまでのリンダの作品とはうって変わった、UKニューウェイブシーンに影響されたロックアルバム。僕の目に留まったのは、そのアルバムに曲提供しギターもプレイしていたマーク・ゴールデンバーグという男だった。気になってその彼が結成したクリトーンズというバンドのレコードを聴いてみたら、なんと60年代のザ・バーズを今にリメイクしたようなごきげんなサウンド!! マークが来日した折にはライヴまで観に行き、おまけに音楽専誌の取材でインタビューまでさせてもらってすっかりファンになっていた。L.A.レコーディングと決まった瞬間から、ギターは彼!! と、まっ先に決まっていたのだった。

大当たり!「フィジカル」で叩いていたドラマー、カルロス・ベガ


そしてドラマー。スタッフはジェフ・ポーカロが… というんだけど、いまいち気乗りがしなくて、いろいろ聴いて選んだのがカルロス・ベガ。彼はポーカロほど知られてなかったけれど、オリビア・ニュートン・ジョンの『虹色の扉(Physical)』で叩いてた人。打ち込みに対抗できるくらいステディで、しかもいいノリを出せるドラマーとにらんで決めた。これが大当たりで、そのことについてはまた次の機会に…。そしてベーシストは手堅いところでジャクソン・ブラウンとのセッションでおなじみのボブ・グローブ。…と決まったところで、最後にキーボードときて、これはちょっと決めにくかった。

というのも、当時のキーボードはほとんどシンセを多用していたので、奏者と「ああでもない、こうでもない」… と音決めをしなければならなかった。たとえ間に通訳を入れてもコミニュケーションをとるのが大変だろうと、手堅いところでこれまでの僕のアルバムでキーボードを担当してくれた国吉良一さんに来ていただくことになって、ようやくL.A.レコーディングの、いわゆるフォーリズムが決まった。

まだ日本にいるときから、もうそのサウンドは間違いなく目指している “今” な洋楽になるはず!あとはすべて僕の作る曲次第!…と、わくわくしながら購入したばかりの TR-909 と DX-7 で、新しいひらめきを求めて曲作りに励んだ銀次なのでした。

『1984年の伊藤銀次「BEAT CITY」 L.A.レコーディング事情 ~ その2』につづく

2020.06.10
41
  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1950年生まれ
伊藤銀次
コラムリスト≫
27
1
9
8
4
1984年の伊藤銀次「BEAT CITY」 L.A.レコーディング事情 ~ その3
カタリベ / 伊藤 銀次
14
1
9
8
4
1984年の伊藤銀次「BEAT CITY」 L.A.レコーディング事情 ~ その4
カタリベ / 伊藤 銀次
26
1
9
8
4
1984年の伊藤銀次「BEAT CITY」 L.A.レコーディング事情 ~ その2
カタリベ / 伊藤 銀次
25
1
9
8
4
伊藤銀次の80s:画期的デジタル機材! DX7 と TR-909 が登場した新しい時代
カタリベ / 伊藤 銀次
11
1
9
8
4
1984年の伊藤銀次「BEAT CITY」 L.A.レコーディング事情 ~ その5
カタリベ / 伊藤 銀次
38
1
9
8
5
佐野元春が大フィーチャー! 伊藤銀次「夜を駆けぬけて」はエピックから大目玉?
カタリベ / 伊藤 銀次