2月26日

鈴木雅之「ガラス越しに消えた夏」に刻まれた神アレンジ【EPICソニー名曲列伝】

32
0
 
 この日何の日? 
鈴木雅之のシングル「ガラス越しに消えた夏」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1986年のコラム 
出会いという奇跡、テレサ・テンの想い。時の流れに身をまかせ

ポップスターの悲劇? チェッカーズとお酒と西麻布のレッドシューズ

80年代ローカル音楽事情、金沢で地味に熱かったPINKとTMネットワーク

80年代イントロなんでもベスト3 ~ その1「あの夏イントロ」

憧れの武道館デビューはトンプソン・ツインズと土屋昌巳のロックンロール!

時代を先取りした “種ともこ” の和声コーラスと武部聡志のシンセサイザー

もっとみる≫




EPICソニー名曲列伝 vol.20
鈴木雅之『ガラス越しに消えた夏』
作詞:松本一起
作曲:大沢誉志幸
編曲:ホッピー神山
発売:1986年2月26日

大沢誉志幸「そして僕は途方に暮れる」へのアンサーソング?


「EPICソニー名曲列伝」として、この名曲を紹介せずに通り過ぎるのは、明らかに無理がある。そう、この曲の登場である。

様々な意味で、傑作・大沢誉志幸『そして僕は途方に暮れる』(84年)と兄弟関係にある曲だ。まず両方とも作曲が大沢(現:大澤。本稿では大沢で統一)誉志幸で、また両方とも日清食品カップヌードルのCMソング。

さらに、大沢誉志幸自身がインタビューでこう述べている―― 「あの曲は『途方』で別れた男女の “その後” を描いた曲です。言い換えれば『途方』がなければ、この曲も生まれなかったということになります」(クレタパブリッシング『昭和40年男』2016年6月号)。つまりこの曲は、『そして僕は途方に暮れる』の一種のアンサーソングなのである。

シャネルズ、ラッツ&スター、そしてソロシンガー鈴木雅之


鈴木雅之のソロとしてのファーストシングルでもある。シャネルズ → ラッツ&スターのリーダーとして人気を得た鈴木だったが、ソロ活動にあたっては、色々と思い悩むところもあったようだ。

先の『昭和40年男』誌のインタビューで、大沢誉志幸はこうも語っている―― 「当時彼はラッツ&スターをやっていて、続けるかソロになるか悩んでいました。寿司を食べながら、お互いの未来について話をしたのをよく覚えていますね」。

売上枚数は14.7万枚で、ファーストシングルとしては一応の成功と言えるだろう。『もう涙はいらない』(92年)の56.0万枚や、『恋人』(93年)の43.4万枚など、鈴木雅之のソロ成功への扉が、この曲で開かれることとなった。

鈴木雅之の濃厚なボーカル、大沢誉志幸のツボを突くメロディ、カップヌードルのCMタイアップ、『そして僕は途方に暮れる』との関連性―― と、成功に向けては、色々な要素が貢献したと思うが、私の考えるこの曲最大のポイントは、アレンジだ。

唯一無二、神がかっているホッピー神山のアレンジ


アレンジを手掛けたのはホッピー神山。日本ロック史で、もっとも過小評価されているバンドの1つで、「日本のポリス」のような存在だった PINK に、爆風銃(バップガン)から近田春夫&ビブラトーンズを経て加入したキーボーディスト。

ここでのホッピー神山のアレンジは、稚拙かつ雑な表現で申し訳ないが、「神がかっている」と言える。ちょっと、後にも先にも聴いたような感じのしない、唯一無二のアレンジ。

私の勝手なイメージで言えば、白い靄(もや)がかかっているイメージ。そして、その靄の先に、80年代の「あの夏」の海岸線が見える(私の勝手なイメージだと、国道134号線、材木座海岸の方にトンネルを出て曲がるところの光景)。

アレンジの源は「夏のクラクション」と「SWEET MEMORIES」か


唯一無二なのだが、この特異なアレンジの源をあえて探れば、2曲ほどが浮かんでくる。

1つは、稲垣潤一『夏のクラクション』(83年)。作曲は筒美京平、アレンジは井上鑑。靄のかかったような音像が似ていて、また両方とも「あの夏」を描いている。その上、歌詞に「カーブ」が出てくることも共通。この曲と並ぶ「日本2大『あの夏のカーブ』楽曲」と言えるだろう。

もう1つは、松田聖子『SWEET MEMORIES』。こちらも83年リリースで、作曲・編曲とも大村雅朗。ホッピー神山は、「兄」にあたる『そして僕は途方に暮れる』から、大村雅朗をたどって『SWEET MEMORIES』に行き着いたのかもしれない。白い靄の中でカンカンカン…… と薄く響くパーカッションが似ている。

しかし、『夏のクラクション』や『SWEET MEMORIES』の後継というよりは、その影響が見えないくらいに破壊かつ再構成した結果、この『ガラス越しに消えた夏』は、唯一無二のアレンジに行き着いていると言えよう。

シンセサイザーの発展無くしては、ありえなかったアレンジだ。ただし、レトリックを込めて言えば、シンセの発展があったとしても、そう簡単にはありえなかったアレンジでもある。シンセを使いながらも、ツルツルの無機物のような音にならず、湿った白い靄という、やわらかな有機物が音像全体を覆っている。

神アレンジのおかげで、『ガラス越しに消えた夏』は決して消えることなく、日本の音楽シーンに確実に刻まれた。2020年になっても、この曲をかけながらカーブを切ると、そこに見えるのは、白い靄に包まれたあの頃の夏だ。


※ スージー鈴木の連載「EPICソニー名曲列伝」
80年代の音楽シーンを席巻した EPICソニー。個性が見えにくい日本のレコード業界の中で、なぜ EPICソニーが個性的なレーベルとして君臨できたのか。その向こう側に見えるエピックの特異性を描く大好評連載シリーズ。

■ EPICソニー名曲列伝:大沢誉志幸「ゴーゴーヘブン」洋楽臭と下世話臭の黄金比率
■ EPICソニー名曲列伝:鈴木聖美 with RATS & STAR「ロンリー・チャップリン」に仕掛けられた壁
■ EPICソニー名曲列伝:TM NETWORK「Get Wild」小室哲哉をブレイクさせた狭い音域の妙
etc…

2020.01.18
32
  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1966年生まれ
スージー鈴木
コラムリスト≫
31
1
9
8
3
稲垣潤一「夏のクラクション」がぼくに切なく鳴らした警鐘
カタリベ / 藤本 真
51
1
9
8
6
80年代イントロなんでもベスト3 ~ その1「あの夏イントロ」
カタリベ / スージー鈴木
73
1
9
8
3
EPICソニー名曲列伝:ラッツ&スター「め組のひと」と井上大輔の湿ったロックンロール
カタリベ / スージー鈴木
91
1
9
8
4
EPICソニー名曲列伝:大沢誉志幸「そして僕は途方に暮れる」の見事なチームプレイ
カタリベ / スージー鈴木
12
1
9
8
3
黄金の6年間:編曲家 大村雅朗と松田聖子の「SWEET MEMORIES」
カタリベ / 指南役
42
1
9
8
0
ドゥーワップを手にしたネズミたち、シャネルズからのラッツ&スター
カタリベ / 本田 隆
Re:minder - リマインダー