2月26日
80年代イントロなんでもベスト3 ~ その1「あの夏イントロ」
47
0
 
 この日何の日? 
鈴木雅之のシングル「ガラス越しに消えた夏」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1986年のコラム 
出会いという奇跡、テレサ・テンの想い。時の流れに身をまかせ

ポップスターの悲劇? チェッカーズとお酒と西麻布のレッドシューズ

80年代ローカル音楽事情、金沢で地味に熱かったPINKとTMネットワーク

ドラゴンボールのオープニング、亀仙人の光るハゲ頭が記憶のすべて!?

オールディーズが彩る名作ドラマ、木曜ドラマストリート・桃尻娘

素晴らしきかな一発屋、ターザンボーイが打ち上げた人生のワンダー

もっとみる≫


いよいよ、私の新刊『イントロの法則80's~沢田研二から大滝詠一まで』(文藝春秋)が発売されます。発売日は10月5日。80年代の邦楽ポップスを、イントロから分析していくという、おそらく日本初、いや、もしくは世界初の「イントロ評論本」です。

というわけで、今回からは、新刊発売記念の特別企画として、「80年代イントロなんでもベスト3」と題して、色んな評価基準における、80年代イントロの「ベスト3」を決めていきたいと思います。

今回はその第1回として「あの夏イントロベスト3」をお届けします。「あの夏」=今や遠く過ぎ去ってしまった、80年代の「あの青春の夏」。あの季節への郷愁を誘うイントロを3つ、ランキング形式でお届けします。


第3位:稲垣潤一『夏のクラクション』
作詞:売野雅勇
作曲:筒美京平
編曲:井上鑑
83年7月21日発売


83年のあの夏。35年前の夏への郷愁をぐっと引き出すのは、薬師丸ひろ子『探偵物語』の圧倒的なイントロを手がけた井上鑑が、その直後に放った傑作イントロだ。イントロの主役は、サステイン(持続効果)を強烈に効かせたスライドギター(今剛による)。

一般に、ギターの弦を弾いた音は、弾いた後、音量がすぐに減衰してしまうが、ここでは、電気的処理を施して、「キュン」ではなく「キューーーーーン」と持続させるように響かせている。

ギターによるメロディは、階名では「♪ドー・レー・ミ・ー・ミレファミ・レッミ・ドー・ー」(キーはA♭)。この「ー」で表現される部分が、そのサステインである。

加えて、サステイン・ギターに深いディレイ(エコー)をかけ、まるでかなり遠くで弾いているような効果を醸し出している。そこでの「遠さ」が「遠く去りゆく夏」につながっていくという具合である。

同じようなギターの使い方をしているのが、同年の11月に発売された、安全地帯『ワインレッドの心』(編曲:安全地帯・星勝)。おそらく、ある程度参考にしたのではないか。こういうイントロは、ヘッドホンで聴くのではなく、スピーカーから空気を震わせた爆音で聴いてみたい。


第2位:桑田佳祐『いつか何処かで(I FEEL THE ECHO)』
作詞:桑田佳祐
作曲:桑田佳祐
編曲:桑田佳祐 小林武史 藤井丈司
88年3月16日発売


88年のあの夏。平成最後の夏を終えた2018年から、ちょうど30年前、昭和最後の夏に愛されたこのイントロに、耳を澄ませてみたい。

イントロは12小節。ただし23秒もあり、1つの作品として聴くこともできる。

始めの4小節は、言わば「イントロのイントロ」。キーはC。チープなリズムボックスと、チョロチョロ動くシンセで、聴き手のご機嫌を伺う。実は、サザンの名曲『メロディ(Melody)』のリズムボックスと同じリズムパターンだが、『メロディ』の荒々しい響きに対して、こちらは断然やさしい。

続く4小節の始まるところで、いきなり1音上(D)に転調をして、目が覚めたような効果を与える(このあたり、実にプロフェッショナルな音作り)。いわゆるカノン進行に沿って、ベースが ド→シ→ラ→ソ と降下。カノン進行という常識的なコード進行で、覚醒した聴き手の心を少し安堵させる。

そしてその次の4小節は、【Em】の中で音が レ→ド♯→ド と半音ずつ下がっていく「クリシェ」となる。この「クリシェ」によって、少しばかり緊張感が高まる。そして最後の【A7】で再度落ち着いて、歌メロに入る。

という、めくるめく音世界なのだが、すべてをひっくるめて立ち込めてくるのは、まぎれもなく「あの夏」感である。デジタルサウンドを駆使しながらも、ひたすらヒューマンでやさしいイメージが広かる。昭和最後の夏に、甘酸っぱい思い出が広がるのは、実はこのイントロのせいかもしれない。


第1位:鈴木雅之『ガラス越しに消えた夏』
作詞:松本一起
作曲:大沢誉志幸
編曲:ホッピー神山
86年2月26日発売


86年のあの夏。80年代「あの夏イントロ」と言えば、これに尽きる。

作曲は大沢誉志幸で、同じく大沢作曲の『そして僕は途方に暮れる』の姉妹作のような位置づけ。ただし、作詞家と編曲家は異なる。作詞は『そして僕は途方に暮れる』が銀色夏生で、この曲が松本一起。そして編曲家は『そして~』が大村雅朗で、この曲がホッピー神山。

大沢誉志幸は、編曲家に恵まれた人で、『そして僕は途方に暮れる』の大村雅朗による編曲も傑作。それを受け継いだかたちで、この曲の編曲を依頼されたホッピー神山は、大村雅朗作品の研究を徹底的にしたはずである。

その結果として、大村雅朗編曲(+作曲)による、松田聖子『SWEET MEMORIES』の、あの空気のように繊細なイントロを聴いて震えたのではないか。そして、あのイントロをさらに発展させたかたちで、この曲の、イントロを含む全体の編曲を設計したと思うのだ。

具体的には、この『ガラス越しに消えた夏』のイントロ各小節の3~4拍目に入る「チャチャ・チャッ」という、タンバリンのような8分音符が、『SWEET MEMORIES』イントロの奥の方で響く「チャチャ・チャチャ」に、とても似ている。

歌と歌詞とメロディ、そしてホッピー神山のアレンジが渾然一体となっている。この曲を聴きながら、次のカーブ切れば、おニャン子クラブととんねるずがブラウン管の中を占拠していた、パステルカラーのあの夏だ――。


―― 以上、80年代の「あの夏イントロベスト3」をお届けしました。新刊『イントロの法則80's~沢田研二から大滝詠一まで』では、こういう話を、こういう筆致で、でももっと長文でこってりと分析していますので、ぜひご一読下さい。

2018.09.28
47
  YouTube / ケロ*利穂


Apple Music / SHYLIGHTS 稲垣潤一

 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1966年生まれ
スージー鈴木
コラムリスト≫
25
1
9
8
3
稲垣潤一「夏のクラクション」がぼくに切なく鳴らした警鐘
カタリベ / 藤本 真
38
1
9
8
3
そして僕は途方に暮れる ー 山下久美子と大沢誉志幸の名曲誕生秘話?
カタリベ / 福岡 智彦
59
1
9
8
6
80年代最強イントロ=渡辺美里「My Revolution」に隠された秘密(その1)
カタリベ / スージー鈴木
33
1
9
8
3
スージー鈴木の極私的大村雅朗ヒストリー(その3)
カタリベ / スージー鈴木
61
1
9
8
2
松田聖子の歌詞をもっと楽しむ196通りの方法 ー 松本隆 篇
カタリベ / スージー鈴木
72
1
9
8
3
スージー鈴木の極私的大村雅朗ヒストリー(その2)
カタリベ / スージー鈴木
Re:minder - リマインダー