4月11日
いつだって直球勝負!怒れるオジサン、ニール・ヤングの魂の叫び
34
1
 
 この日何の日? 
ニール・ヤングのアルバム「ディス・ノーツ・フォー・ユー」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1988年のコラム 
愛に溢れたスティングの声、この世の脆さや危うさを母のように訴える

久保田利伸 全面フィーチャリング「噂の達人」はマニア番組の先駆け!

中山美穂に捧げられたラーメンは、たぶん醤油味

美空ひばり、今なお人々の記憶を強烈に揺さぶる歌謡界のカリスマ

アンアン歴代表紙で別格のオーラ、とびっきりセクシーだった田原俊彦

すこし先の未来に… もしも「続・赤いスイートピー」に続編があるのなら

もっとみる≫

photo:Discogs  

60年代から現在に至るまで強烈なメッセージを歌の中で発し続けるロッカー、ニール・ヤング。私は、その人間性が色濃く反映された音楽活動を続けるこの人が大好きでずっと追いかけてきました。

きっかけは映画『ラスト・ワルツ』を中学生の時に後追いで見て。ザ・バンドのライヴ活動の終焉を他のミュージシャンが称えるという、「終わりだから最後は賑やかに」的なお祭りムードの中で、ひとり眼光鋭く観客に向けて「ヘルプレス」を切々と歌いきるその姿に感銘を受けたからでした。

それを見たのは80年代後半にさしかかったころ。MTV全盛時においてもニール・ヤングは勿論作品をリリースし続けておりました(ヒットするしないにかかわらず)。

中でもそのMTVにおいて大きな反響を巻き起こした「ディス・ノーツ・フォー・ユー」の歌詞とミュージックビデオのストレートな表現には、驚かされました。

「ペプシやコーラの為には歌わないぜ」
「ミラーやバドワイザーの為には歌わないぜ」
「政治家の為にも歌わない!」
「この歌をお前に捧げるぜ!」

CMに出るミュージシャンやスポンサー至上主義を皮肉った歌詞なんですが、皮肉というよりこれはまさしく直球の批判ですね。ミュージックビデオのほうもまさに直球。もはやパロディでは済まされない、訴訟の危険性まではらみます。

シチュエーションは街のライヴハウス。これは当時エリック・クラプトンが出ていたMichelob(ビールメーカー)のCMそのまんま。実際にCM撮影中に火傷を負ったというニュースがあったばかりのマイケル・ジャクソン(のそっくりさん)が照明で燃え焼けるシーンも出てきます。当時マイケルはペプシのCMに出てました。

さらにコカ・コーラのCMに出ていたホィットニー・ヒューストン(のそっくりさん)も登場。そのホィットニーはカツラをとられます。やりたい放題ですね。

最後には「Sponsored By Nobody」と書かれたビールをニヤリと笑いながら飲むニール・ヤングのアップでエンディング。

このあまりの直接的すぎる表現のミュージックビデオをMTVは放送禁止にしましたが、それが逆に反響を呼ぶことになり、視聴者から多数の「オンエアしろ!」というリクエストを生み出すことになりました。遂にはその年(89年)のMTVビデオ・オブ・ジ・イヤーに選ばれるという結果に! ノミネートのマイケル・ジャクソン「リーヴ・ミー・アローン」に勝つというおまけまでついてきます。

今でもモンサント(遺伝子組み換え作物で世界の90%のシェアを持つ企業)やスターバックス(そのモンサントを支援している)などに噛みついているニール。

そのやり方に賛否はあれど、私はどこか不器用で直球表現の彼の新作をこれからも買い続けることになると思います。

2017.06.21
34
  YouTube / neilyoungchannel


  YouTube / Sean Mc
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1968年生まれ
DR.ENO
コラムリスト≫
30
1
9
8
3
マイケルのビリー・ジーン、キング・オブ・ポップとMTVの幸福な関係
カタリベ / 中川 肇
16
1
9
7
9
ヒットチャートに背を向けたニール・ヤングと『地方創生』
カタリベ / 浅井 克俊
13
1
9
8
5
くたばれMTV!リプレイスメンツのパンク的映像表現
カタリベ / 後藤 護
69
1
9
8
4
奇跡の年1984。第1回MTVアワードを揺るがせた最大の事件―マドンナ
カタリベ / 指南役
26
1
9
8
4
カーズ、マイケルのスリラーをおさえてMTV大賞を勝ち取ったバンド!
カタリベ / DR.ENO
39
1
9
7
9
MTV誕生前夜、プロデューサー「クインシー・ジョーンズ」の面目躍如
カタリベ / 中川 肇
Re:minder - リマインダー