9月21日

横浜銀蝿完全復活!生涯現役ツッパリの人生哲学 ①

55
1
 
 この日何の日? 
横浜銀蝿のデビューシングル「横須賀Baby」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1980年のコラム 
共有感満載の80年代洋楽ヒット!ビルボード最高位2位の妙味 vol.7

高校教師を見つめていたい、ポリスを通じて英米音楽市場を比較する

山下達郎「いつか(SOMEDAY)」の演奏に挑んだド素人軍団の試み!

昭和天皇とも対面!日本中を席巻し時代を駆け上った横浜銀蝿

サンシャインパワー炸裂!田原俊彦を彩った船山基紀のポップセンス

リリイベ初体験!ツッパリの山田麗子こと三原順子「セクシー・ナイト」

もっとみる≫




来年2020年、結成40周年を期にあの横浜銀蝿が、「横浜銀蝿40th」として完全復活する。1983年の解散以来バンドを離れていたリードギター Johnny 参加のニュースも含め、9月14日に正式に発表された。全国紙の全段ぶち抜き広告など、華々しいアナウンスを目にした人も多いだろう。

今回の復活発表にあたり、週刊プレイボーイ誌にて4人のインタビュー記事を書いた(取材記事は現在発売中9月14日発売特大合併号に掲載中。WEBでも近日掲載予定)。なんと39年前、横浜銀蝿を初めて取り上げたメディアが1980年9月30日号の同誌だったのだそうだ。

横浜銀蝿と言えば、1980年代前半の不良・ツッパリブームのど真ん中にいたロックンロール・バンドだ。いかにもアウトローという、リーゼント、サングラス、黒の革ジャン、白いドカンという暴走族スタイルなのに、誰もがとっつきやすい人気バンド。

小学生時代、掃除の時間にはホウキを持って真似をしたし、全校お楽しみ会では皆で体育館で「ツッパリHigh School Rock’n Roll」で踊り狂った。強面ビジュアルに反して、音楽性や歌詞がキャッチー、とにかくポジティブなのが人気の秘訣だったのだろう。

彼らのあのスタイルは、果たして大真面目だったのか、作り物だったのか、一体何だったのか!? 子ども時代にはわからなかったことを、今こそ確認するチャンスだと思って取材に臨んだ。横浜銀蝿コラム仏恥義理3連発、今回は80年代当時の横浜銀蝿について書いていきたい。

「バイクとか車とか、ツッパリ文化の言葉って俺達には当たり前。わざわざ歌詞にするもんじゃないと思ってたんですよ」と Johnny は言う。学校もタイマンもしりとりも、電車の中での一服も、なんでもありのままにロックンロールにしてしまった銀蝿。日常密着型ツッパリと言えるが、最初は「ベイビー」とか「サタデーナイト」とか、いわゆるロックンロール定番のカッコいい歌詞ばかり書いていたそうだ。

すると、彼らのレコード会社キングレコードのディレクター、元ジャックスの水橋春夫氏に「君たちは暴走族やってるのになんでその世界の言葉で書かないの? 自分たちにしか歌えない歌はないの?」と問われたという。よくデビューした途端に「お前らはこのスタイルでいけ」と、売るため、マーケティングのためにスタイルを強制されるという話しはあるが、銀蝿は逆だった。

「大人が俺達の世界観を引き出してくれた」のだそうだ。そう語るボーカルの翔の表情は、とても幸せそうだった(目はサングラスで見えないが)。「売りたいとか、売れなきゃいけないとか、誰かにやらされてるんでもなくて、やりたいことをやっていた感じだよ」と Johnny も言う。

実際の彼らの、リアルなツッパリ生活はどんなものだったか。例えば学生時代、翔は中学教師に角材、時には金属バットで殴られ、ドラムでリーダーの嵐にいたっては「毎日喧嘩で血まみれ」で帰宅。タバコも吸えばバイクも乗り回す。それでも彼らは、昨今の「半グレ」みたいなものとはまったく違う、むしろ健康的な生活を送っていたそうだ。

不良はみんな、強くなるために体育会系部活にいそしんでいたというから驚く。太陽の下でカラッと元気、友達がいて、先生がいて、体と心を生でぶつけ合い、絆と根性を深めるツッパリエブリデーだった。そんな日常が、ポジティブで一生懸命、笑っちゃうほどピュアで猪突猛進な横浜銀蝿を生んだのかな、と思った。

「俺らのツッパリは無理に作ってきたスタイルじゃないからさ」と翔は言う。それでもしつこく、戦略はなかったのか? ターゲットは? と聞く私に翔は「背伸びしようとか、わざとどうしようかとかではなく、精一杯。なんでも精一杯。全力でいったら、ああなった」と笑っていた。その笑顔にかぶるように、脳内のカーステが、あの歌を鳴らした。


 走り出したら止まらないぜ
 土曜の夜の天使さ
 うなる直管闇夜をさき
 朝まで全開アクセルON


80年代のインタビューで翔は、「青春にウソをつきたくない。これが俺達のツッパリ」と自分たちのスタイルにこだわり理由を語っていた。横浜銀蝿40thでは、大人になったツッパリの、どんな全力疾走を見せてくれるのだろうか。

(続く)


歌詞引用:
横浜銀蝿 / ぶっちぎりRock'n Roll

2019.09.21
55
  YouTube / KING RECORDS


  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1971年生まれ
上村彰子
コラムリスト≫
43
1
9
8
2
横浜銀蝿完全復活!生涯現役ツッパリの人生哲学 ③
カタリベ / 上村 彰子
30
1
9
8
1
ジェームス・ディーンのように、ちょっと気になる Johnny がモテる理由
カタリベ / 指南役
56
1
9
8
1
横浜銀蝿完全復活!生涯現役ツッパリの人生哲学 ②
カタリベ / 上村 彰子
34
1
9
8
1
ヤンキー量産異常事態! ツッパリと、なめ猫と、横浜銀蝿と!!
カタリベ / パックンチョ。
30
1
9
8
2
今日俺バンドもカバー! 男の勲章は Johnny が描いたセンチメンタリズム
カタリベ / 本田 隆
57
1
9
8
0
昭和天皇とも対面!日本中を席巻し時代を駆け上った横浜銀蝿
カタリベ / 本田 隆
Re:minder - リマインダー