2月21日

アメリカン・ロックンロールの良心の証明 ― ジョージア・サテライツ登場!

17
1
 
 この日何の日? 
ジョージア・サテライツのシングル「キープ・ユア・ハンズ」がビルボードHOT100で最高位(2位)を記録した日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1987年のコラム 
ド迫力の入場テーマ、マサ斎藤とスタローンの「オーバー・ザ・トップ」

佐藤孝信のアーストンボラージュとマイルス・デイヴィス、麻布ってどこ?

リリックビデオのルーツ!殿下ことプリンスは映像作品でも我々を驚かす

つねに当事者であれ。ブルーハーツが教えてくれた危うくも純粋な青い心

80年代の沖田総司は中川勝彦!美しすぎるルックス、知性に溢れ、気さくでお茶目!

心に突き刺さった「真島昌利のことば」ブルーハーツやハイロウズも入れて10曲セレクト

もっとみる≫




共有感満載の80年代洋楽ヒット!ビルボード最高位2位の妙味 vol.63
Keep Your Hands To Yourself/Georgia Sattelites


今の洋楽シーンと比べると、共有感高いヒットソングの絶対数が断然多い1980年代。日本のメジャー・メディアがこぞって紹介していたり、バブリーな時代に向かっていく時代の雰囲気も後押ししていたり、その要因はいくつか挙げられるだろう。確実に言えるのは、その大半は英米のヒット・チャートを飾った “キラキラまぶしく輝く” きわめて80年代的なゴージャスなポップソングが占めていたということだ。

第2次ブリティッシュ・インベイジョン、ド派手なサントラブーム、産業ロック、AOR / ブラコン、ポスト・ディスコ期に突入したダンスミュージック、英米ハードロック… 様々な印象的現象が80年代洋楽シーンを彩っていたのだが、表面的なド派手さへの揺り戻しかのように、渋~いジャンルの音楽が突発的に脚光を浴びることもあった。そのひとつがアメリカン・ロックンロールの良心ともいえるだろう、サザン・ロックだ。

そもそもは60年代終盤から70年代前半にかけてオールマン・ブラザーズ・バンドやレイナード・スキナードらが具現化した、ブギウギやスワンプをルーツとする広大な大地を想起させるイナカ臭い土着的ロックであり、南部の白人のオジさんたちはカントリーと共にサザン・ロックが大好きなわけだ。

80年代後半、ボン・ジョヴィ、マドンナ、シンディ・ローパー等がひしめくヒットチャートに、サザン・ロックを標榜する活きのいい若いグループが殴り込んできた。それが80年代61番目に誕生したナンバー2ソング、ジョージア・サテライツ「キープ・ユア・ハンズ(Keep Your Hands To Yourself)」(87年2月2位)。

彼らの大ヒットソングは、後にも先にもこの1曲だけ、いわゆる一発ヒット屋である。普通の格好をした普通のにいちゃんが、シンプルな3コード・ロックでヒットチャートを席巻、バブリーなキラキラポップからの揺り戻したるアメリカン・ロックンロールの良心の証明は、1曲だけで充分だったのかもしれない。まあ、この大ヒットにいちばん驚いたのは、何を隠そう本人たちだったろうけど。

しかし80年代以降ジョージア・サテライツ以前、38スペシャル、トム・ペティ、ジョン・クーガー、ボブ・シーガー、ZZトップといった、サザン・ロックをベースとする先人たちの存在を忘れてはいけない。彼らが切り開いた道があったからこそ、「キープ・ユア・ハンズ」のヒットが実現したのだから。

ジョージア・サテライツは、この後サントラ『カクテル』(88年)に参加、米ロックンロール・スター、チャン・ロメロのカバー「ヒッピー・ヒッピー・シェイク」(88年45位)(英スウィンギング・ブルー・ジーンズやビートルズもカバー)が小ヒット。さらなる先人へのリスペクトを示していた。

2019.07.29
17
  Apple Music


  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1962年生まれ
KARL南澤
コラムリスト≫
16
1
9
7
7
格好いいのか悪いのか、教科書の落書きはモーターズのロゴ!
カタリベ / やっすぅ
65
1
9
8
8
ジョージ・ハリスンからの指南、好きな音楽だけを作っている方がチャンスは大きい!
カタリベ / 宮井 章裕
54
1
9
8
4
ジョン・レノンへのアンサーソング「チェッカーズの X’mas Song」
カタリベ / 本田 隆
56
1
9
8
1
ジェームス・ディーンのように、ちょっと気になる Johnny がモテる理由
カタリベ / 指南役
11
1
9
7
9
イアン・ハンター「クリーヴランド・ロックス」君はいつラジオの音量をあげたか?
カタリベ /  白石・しゅーげ
31
1
9
8
0
鳴り響くロックンロール!ピート・タウンゼントのステップは止まらない
カタリベ / 宮井 章裕