6月28日
これぞドゥービー、あまりにもドゥービー、時を超え黄金メンバー再結成!
50
2
 
 この日何の日? 
ドゥービー・ブラザーズの再結成アルバム「サイクルズ」が日本でリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1989年のコラム 
プリンスのバットダンス、ゴミ袋かぶって踊りまくった奴がいた!

スパイク・リー「ドゥ・ザ・ライト・シング」に教わったヒップホップの魅力

J-POP界の開発屋、なぜ角松敏生はいつも早すぎるのか? vol.3

ボ・ガンボスの「トンネルぬけて」この1曲が頭から離れない!

80年代最後を飾る大物アイドル、Winkとタクシー券と僕のバブル初体験

鬼平犯科帳!ジプシー・キングスのラテンギターと江戸の春夏秋冬

もっとみる≫

photo:OKMusic  

ドキドキしたのを覚えている。もうこの時はCDの時代だ。CDプレイヤーにディスクを挿入して再生ボタンを押す。きた〜、耳になじんだ軽快なギターリフ、やった〜、トム・ジョンストンのドゥービー・ブラザーズが帰ってきた〜。僕は、鳥肌を立てながら、この待ちに待ったアルバムを最後まで一気に聴いたんだ。

僕が愛したドゥービー・ブラザーズは、残念ながら1982年に解散してしまう。その7年後の1989年、トム・ジョンストンを中心とした初期黄金期のメンバーで復活。再結成後の第1弾のアルバムが「サイクルズ」だ。1曲目はシングルカットされた「ザ・ドクター」。彼らの'70年代の名曲「チャイナ・グローヴ」を彷彿させる軽快でノリノリの曲を聴いた時、僕は思わずガッツポーズをしてしまった。

ドゥービー・ブラザーズは2面性があるバンドだ。トム・ジョンストン期とマイケル・マクドナルド期で曲調というか音楽性が変わってくる。1970年の結成から1977年まで中心メンバーだったのがトム・ジョンストン。そのトム・ジョンストンがバンドを離れた後に加入し、その後中心メンバーとして活躍するのがマイケル・マクドナルドだ。トム・ジョンストン期は野性味あふれる快活なギターロック。マイケル・マクドナルド期は、R&Bの影響を受け洗練されたAOR色の強いものへと変化していった。

僕はマイケル・マクドナルド期のドゥービー・ブラザーズも好きだけど、トム・ジョンストン期の軽快なロックを奏でていたドゥービー・ブラザーズの方が好きだ。だから、この再結成の時のメンバーが1973年発売の名アルバム「キャプテン・アンド・ミー」の頃のメンバーだったのがうれしく、同じ時代にトム・ジョンストンのドゥービー・ブラザーズと再び過ごせることを心から感謝した。

ドゥービー・ブラザーズの代表曲といえば「ロング・トレイン・ランニン」だろう。「キャプテン・アンド・ミー」に収録されたこの曲は、1973年に発売された曲とは思えない、今でもまったく古さを感じない名曲だ。事実、テレビCFやテレビ番組のBGMでも使われ続けている。こういう時代を超えた名曲って、今の時代生まれているのかな、、、

2016.06.01
50
  YouTube / emimusic


  YouTube / kuklinski987
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1965年生まれ
トシちゃん25歳
ちょー最高!
2016/06/05 18:33
0
返信
カタリベ
1965年生まれ
藤澤一雅
コラムリスト≫
44
1
9
8
2
もう文句は言わせない!マイケル・マクドナルド初のソロアルバム「思慕」
カタリベ / 中川 肇
15
1
9
7
8
黄金タッグふたたび~マイケル・マクドナルド&ケニー・ロギンス(前篇)
カタリベ / DR.ENO
77
1
9
8
3
ポパイ少年は行く、JJガールとドライブデートの音楽スグレモノ
カタリベ / 中川 肇
36
1
9
8
2
ゼロからのスタート、飽くなき挑戦を続ける矢沢の It's Just Rock'n Roll
カタリベ / 本田 隆
25
1
9
8
2
黄金タッグふたたび~マイケル・マクドナルド&ケニー・ロギンス(後篇)
カタリベ / DR.ENO
36
1
9
8
1
35年前のアカデミー歌曲賞は名曲「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」
カタリベ / DR.ENO
Re:minder - リマインダー