6月28日

徹底的に深読み妄想、ユーミンの「ANNIVERSARY」が指す記念日とは?

37
1
 
 この日何の日? 
松任谷由実のシングル「ANNIVERSARY ~ 無限にCALLING YOU」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1989年のコラム 
スパイク・リー「ドゥ・ザ・ライト・シング」に教わったヒップホップの魅力

J-POP界の開発屋、なぜ角松敏生はいつも早すぎるのか? vol.3

ペット・ショップ・ボーイズのボーダレスな音楽が世界を救う日

これぞドゥービー、あまりにもドゥービー、時を超え黄金メンバー再結成!

その魂に幸あれ。どんとが暮らした町で、いま僕は暮らしている

ボ・ガンボスの「トンネルぬけて」この1曲が頭から離れない!

もっとみる≫






photo:yuming.co.jp  

アニバーサリーとは、「ある出来事に対する毎年の記念日」という意味である。お店の営業開始日や学校創立日などが挙げられるが、一般的には誕生日や結婚記念日がそれにあたるだろう。各個人ごとに発生する固有の記念日がアニバーサリーの特徴である。

ユーミンの「ANNIVERSARY ~ 無限にCALLING YOU」は、1989年6月にリリースされた23枚目のシングルで、同年11月には、21枚目のスタジオアルバム『LOVE WARS』ではバラードとしてラストを飾る。

歌詞のイメージが挙式当日の朝を思わせることから、ふたりの門出… つまり結婚式にふさわしい曲で間違いないし、披露宴の定番 BGM として多くのカップルに選ばれてきたことも肯ける。ただ、僕自身そう思っている反面「ユーミンがそんな表面上だけで捉えられる歌詞など書くのだろうか?」というモヤモヤした気持ちが正直あったのだ。

今回は結論から言わせてもらう。ユーミンが歌う「ANNIVERSARY」が指す記念日とは、亡くなった彼の四十九日のことである。

ドキっとした読者も多いだろう。それはきっと思い当たる節があるからだ。そう、歌詞をよく読み込めばこの曲から確実に “死の影” を感じ取ることができる。そのあたりを踏まえ、ここからは「ANNIVERSARY」の歌詞を大胆に深読みして、どうして僕がこの考えに至ったのかを解説していきたい。

まずは、松任谷由実18枚目のスタジオアルバム『ALARM a la mode』(1986年)の7曲目に入っている「Autumn Park」の歌詞を引用する。この曲は「ANNIVERSARY」より先に “パートナーの不在(死)を意識したことで永遠の愛に気づいた” という作品だからだ。


 どちらか先に
 いつかこの世を去る日が来ても
 大好きなまなざしを
 私はずっと覚えていたい


この曲は、公園にあるボートの上で愛する人と一緒に揺られていた瞬間、ふと感じた思いが淡々と綴られている。何事も起こらない日常の中の幸せとはこういうものなのだろう。


 コートの腕をくみ
 辺(ほと)りを歩く恋人達
 今日の日をありがとう
 或る日の午後の 或るAutumn Park
 今日の日を心にいつまでも


この歌詞の『今日の日』とは、平凡な日常の中で気づいた幸せと、無意識に存在した彼への愛情を確認した大切な瞬間であり、心に留めおきたい彼女だけのアニバーサリー… つまり記念日と読み取れる。

さて本題である。僕の直感だけれど、「ANNIVERSARY」に出てくる『あなた』とは、「Autumn Park」に出てくる『あなた』であり、公園のボートで一緒に過ごした彼が亡くなったということではなかろうか。

そう、「ANNIVERSARY」は「Autumn Park」に綴られた大切な思い出に対するアンサーソングであり、続きの物語に “幸せな日常を昇華させる決意” というのが僕の見立てなのだ。

「ANNIVERSARY」の歌詞を順に追ってみる。


 なぜこんなこと 気づかないでいたの
 探し続けた愛がここにあるの
 木洩れ日がライスシャワーのように
 手をつなぐ二人の上に降り注いでる
 あなたを信じてる 瞳を見上げてる
 ひとり残されても あなたを思ってる


冒頭部分は回想である。彼が亡くなったことによって、そのさり気ない愛情のひとつひとつを思い出したのだ。歌詞が疑問形なのは、ゆるやかな自責の念が含まれるためである。

ライスシャワーとは、結婚式を挙げて教会から出てくる新郎新婦に、参列者が米粒(ライス)を振りかけて祝福する儀式である。この一節は、その華やかな様子に朝の柔らかい日差しの木洩れ日をなぞらえているのだ。

後に続く歌詞をみれば一目瞭然だけれど、これは遺影を胸に抱えている彼女(きっと心の中で彼と手をつないでいる)に、キラキラと木洩れ日が降り注いでいる光景であり、それは太陽の光=天国が彼を暖かく迎える意思表示… つまり天使の祝福であると考えられる。イメージで言うと『フランダースの犬』の最後、パトラッシュとネロを天使が連れてゆく場面といったところか。

だからこそ彼女は遺影を高々と空に向かって掲げたのだ。これから旅立つ彼に祝福あれ… と。彼女は瞳を見上げ、そしてまた回想する――


 今はわかるの 苦い日々の意味も
 ひたむきならばやさしいきのうになる
 いつの日か かけがえのないあなたの
 同じだけ かけがえのない私になるの


愛し、そして愛された彼が亡くなり彼女は絶望の淵を彷徨ったはずだ。それでも少しずつ時は経ち、ひたむきな毎日を送ることでようやく探し続けた愛に気づくことができた。そして彼から受けた愛情をひとつずつ確認しながらついに決心する… 彼の愛情に見合う私になることが彼の思いを継ぐことであり、それが一番の供養になることを。


 今朝の光は無限に届く気がする
 いつかは会えなくなると
 知っていても


曲調が展開するところである。それは当然歌詞の意味することであって、ここにこのストーリーの肝が存在する。

今朝の光とは、彼が向かう遠い天国まで彼女の思いを伝える強さの象徴である。つまり今日を最後に彼の魂と会えなくなることを彼女は知っているのだ。

命日も含めて七日目に行う法要を「初七日」という。故人が三途の川のほとりに到着する日とされ、その川が激流か緩流かのいずれを渡るかがお裁きで決まる大切な日とされている。

その後、七日ごとに故人が極楽浄土へ行けるよう供養を行い、四十九日法要の日に、住職から本位牌へ魂入れをしていただく… つまり、故人はこの四十九日を最後に天国へ旅立つのだ。

四十九日とは、現世から魂が天国へ召される最後の日であって、この日を境に喪に服していた遺族が日常生活に戻る日でもある。彼女が日常に戻るための決意表明という意味合いがこの曲の根底に流れているに違いない。

だからこそ彼女はこの日を敢えて “記念日” と決めたのだ。他の人にはわからないありふれた日だけれど、それは心の中に刻まれた今は亡き彼と私だけの大切な記念日なのである。

最後の二行に全てが言い表されている。


 青春を渡って あなたとここにいる
 遠い列車に乗る 今日の日が記念日


きっとこの二人は十代のころから付き合い始め、愛し合い、結婚をして、そして最期の日が訪れたのだろう。

お気づきだろうか… これは老夫婦の物語である。長年連れ添った二人の “愛し愛されること” が日常に埋もれてしまい、死という決別を経て忘れかけていた幸せに気づいた… 本当はこんなにも愛して止まなかったのだという壮大なストーリーがこの曲に詰まっているのだ。

最後の歌詞を映像にするとこうだ… 亡くなった彼(おじいさん)は天国へ続く上り列車に、そして彼女(おばあさん)は、残された人生を歩むため現世へ続く下り列車に乗る。彼から継いだ愛の心を、これから続く日常の中で思い出しながら生きてゆくために。

時がきて、列車は走り始める… 四十九日という駅のホームから二人はゆっくりと縦に離れゆき、もう二度と会うことはない。


間違いない。この「ANNIVERSARY」はレクイエムなのだ。死者が天国へ迎え入れられるよう神に祈る典礼であり、生者に対する未来と希望の曲である。

“死” を意識したときに、生きることは輝いてみえる。ユーミンの死生観を感じられる多くの曲の中でも、この「ANNIVERSARY」はかなり踏み込んだ作品だろう。

ユーミンは、「自分が描く歌詞の世界を聴く人は自由に解釈して欲しい」と言っていて、本人には「こんな風に考えたことなんてない」なんて言われそうだけれど、100人いれば100人感じ方がそれぞれあって、深読みすることは実に楽しいのである。

最後に余談だが、この「ANNIVERSARY」の世界観を男女逆にしたパターンの曲がある。平井堅が2004年にリリースした「瞳をとじて」だ。映画『世界の中心で、愛をさけぶ』の主題歌としてあまりにも有名な曲だからご存知であろう。ここからは自分で調べ、歌詞を見比べ、そして想像してみて欲しい。きっと何かを感じることができるだろう。

さあ、深読みLIFEの始まりだ!

2019.06.28
37
  Apple Music


  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1967年生まれ
ミチュルル©︎
コラムリスト≫
74
1
9
7
8
黄金の6年間:いよいよユーミン再始動!松任谷由実の新しい世界が始まった
カタリベ / 指南役
41
1
9
8
6
ユーミンの隠れた名曲「白い服、白い靴」は私のエピソードから!?
カタリベ / 稲田 雪路
85
1
9
8
6
浜田省吾 40th Anniversary:すべては「路地裏の少年」から始まった!
カタリベ / 藤澤 一雅
32
1
9
8
5
資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 ユーミン初の資生堂タイアップ
カタリベ / @0onos
32
1
9
8
7
私をバブルに連れてって♡ 黄金のユーミン伝説とダイアモンドダスト
カタリベ / 鈴木 啓之
56
1
9
8
1
80年代ユーミン ー 珠玉かつ最高のクリスマス・パンチラインとは?
カタリベ / スージー鈴木
Re:minder - リマインダー