3月16日

グレン・フライの最も派手なヒット曲 ー ビバリーヒルズ・コップの主題歌

15
1
 
 この日何の日? 
グレン・フライのシングル「ヒート・イズ・オン」がビルボードHOT100で最高位(2位)を記録した日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1985年のコラム 
頂点で鳴り響くラテンのリズム、この国の80年代と中森明菜

気持ち高まるモーグの響き、ディズニーランドのエレクトリカルパレード

マイケルもビックリ!モーフィングを世界に知らしめたゴドレイ&クレーム

PAなしの面白さ、くじら(Qujila)の音楽をレコードで表現するには?

爆音で響かせたい!2017年の「ヤングブラッズ」世界になにかをするために

真の魅力は内省的な歌詞にあり — 尾崎豊に堕ちていく少年の物語

もっとみる≫






photo:Discogs  

共有感満載の80年代洋楽ヒット!ビルボード最高位2位の妙味 vol.43
The Heat Is On / Glenn Frey


世界的著名ミュージシャンの逝去が相次いだ2016年。年明け早々デヴィッド・ボウイの訃報が届いたと思ったら、その約一週間後(1月18日)にはグレン・フライの訃報が届いた。

70年代、米ウェストコースト・ロックの雄、というより最早歴代アメリカンロックの代表格ともいえるイーグルスの創設メンバーにしてリーダーだったグレン・フライ。

1980年代以降、実質的な解散状態となったイーグルスだが、多くのヒットを残したドン・ヘンリーとグレン・フライを筆頭に、ジョー・ウォルシュやランディ・マイズナーといった各メンバーのソロ活動は活発に行われていた。意外にもそれぞれのソロにおける全米ナンバーワンソングは生まれていないが(イーグルスは5曲の全米1位を残している)、グレンとドンは2曲ずつの全米トップ3ソングを輩出している。

そんな各ソロ活動の中で80年代最大ヒットとなっていたのが、80年代41番目に誕生したナンバー2ソング、グレン・フライの「ヒート・イズ・オン(The Heat Is On)」(85年3月2位)である。

80年代洋楽の象徴的事象、“サントラ” 及び “産業ロック” ブームにうまく乗ったような作品でもあった「ヒート・イズ・オン」は、エディ・マーフィ主演の映画『ビバリーヒルズ・コップ』(84年米公開、85年日本公開)のサウンドトラックからの主題歌ヒットだった。

それまでのグレンのソロヒットといえば…


「サムバディ(I Found Somebody)」
(82年31位)

「恋人(The One You Love)」
(82年15位)

「セクシー・ガール」
(84年20位)


―― といった、実に味わい深いながらも、決して派手ではない地味目な作品といえるもの。どちらかといえば、同時期のドン・ヘンリーの一連のヒットソング、


「レザー・アンド・レース」
※with スティーヴィー・ニックス
(82年6位)

「ダーティ・ラウンドリィ」
(83年3位)

「ボーイズ・オブ・サマー」
(85年5位)


―― の方が、チャートアクションも上回っており、比較的派手な印象を与えていたかもしれない。ドンに対抗して(かどうかはわからないが)グレンの「ヒート・イズ・オン」は、結果として “グレン・フライvsドン・ヘンリー” の80年代ヒット闘争における最も派手で、最もヒットした作品になった。

人気アーティストの新曲を多数詰め込んで1枚のアルバムから複数のヒットソングを送り出した80年代のサントラブーム。

パティ・ラベル、ポインター・シスターズ、ハロルド・フォルターメイヤー、そしてグレン・フライらの新曲を取りそろえた『ビバリーヒルズ・コップ』は、『フラッシュダンス』『フットルース』『トップガン』といった他のメガヒット作品にも勝るとも劣らないブームの決定打的な作品となっている。「ヒート・イズ・オン」は、80年代の独特な雰囲気にうまく乗せられた、そんなヒットソングだったのだ。

そして、グレン・フライはもう1曲80年代洋楽史に深く刻まれたナンバー2ソングを残す。

2017.12.12
15
  YouTube / Saracen006
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1973年生まれ
コグマ打線
とんねるずの二酸化マンガンクラブ
2017/12/12 10:32
0
返信
カタリベ
1962年生まれ
KARL南澤
コラムリスト≫
15
1
9
8
5
イーグルスなき80年代、グレン・フライの歌うマイアミ・バイスの挿入歌
カタリベ / KARL南澤
34
1
9
8
6
フットルースとトップガン、サントラから公開までの時間差マーケティング
カタリベ / 喜久野 俊和
22
1
9
8
2
グレン・フライの歌声にはカリフォルニアの青い空がよく似合う
カタリベ / 宮井 章裕
21
1
9
8
6
ケニー・ロギンスは産業ロック? フットルース と デンジャー・ゾーン
カタリベ / KARL南澤
29
1
9
8
4
MVチラ見のお預け状態、史上最強サントラ「フットルース」が席巻した夏!
カタリベ / goo_chan
24
1
9
8
3
フラッシュダンスが産んだメディアミックス戦略とMTV映画
カタリベ / 鎌倉屋 武士
Re:minder - リマインダー