2月25日

美伝説・ジェフリア、産業ロックの波に乗り遅れたシンセの実力派!

12
2
 
 この日何の日? 
ジェフリアのデビューアルバム「THE AWAKENING 美伝説・ジェフリア」が日本でリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1985年のコラム 
どうなる!? 鼻歌検索アプリでディスコクラシックをハミングしてみた!

渡辺音楽出版からEPICへ 〜 ゴンチチはどうやって難局を乗り越えたのか?

イギリス育ちのブラコン・シンガー、ビリー・オーシャンのプライド

伊藤銀次とハイ・ファイ・セット、もう一度聴きたい山本潤子のやさしい歌声

カラオケ必勝!バービーボーイズの曲を男女ツインボーカルで超絶カッコよく決める方法

ニューミュージックの扉を開いたハイ・ファイ・セット vol.3

もっとみる≫



photo:Last.fm  

ジェフリアと言えば、バンド名にもなっているグレッグ・ジェフリアだ。1970年代から、エンジェルのキーボーディストとしてシンセサイザーを操り、ロックにシンセを大幅に取り入れた一人。

しかし、1970年代から1980年代のロック界では次々とギターヒーローが現れ、よく多く取り上げられ話題になったのは、キーボーディストよりもギタリスト。ロックバンドにおけるギタリストの重要性が大きくなっていった時代に、シンセを全面に押し出したグレッグ・ジェフリア率いる「ジェフリア」は少々主流から反れていた感はあった。

このアルバム『THE AWAKENING 美伝説・ジェフリア』でギターを弾いているのはクレイグ・ゴールディ、後にロニー・ジェイムズ・ディオ率いるディオに加入するギタリストである。このアルバムを聴いた当時、ギターが弱いとは思わなかったが、やはりシンセがメインになっていることはよく分かった。

シングル・カットした「コール・トゥ・ザ・ハート」は全米FM局でブレイクし、異常な速度でシングル、アルバム共に急上昇、ハードロック・ルネッサンスの新しいページをめくり始めている(アルバムのライナーノーツより引用)、かのように思えたが、1980年代前半にヒットを飛ばし続けていた、あのジャーニーと似ていると揶揄されたりもして、その後はヒット曲に恵まれなかった。

ビジュアルと実力を兼ね備えたジェフリアであったが、比較された相手がジャーニーだったというのは喜ばしくもあり不運でもあったのかもしれない。そして産業ロックという(その是非が話題にもなったりもしたが)波に乗り遅れたかのように、その波の影響を受けたバンドの一つだったのかもしれない。

グレッグ・ジェフリアの生み出す様式美、世界観は他に劣ることはなかったと個人的には思っているのだが、時代の流れや混沌としたロックの変革に翻弄され、オーディエンスの支持を集めきれなかった不遇のバンドだったようにも思う。もし… だったら… はタブーではあるが、ジェフリアが5年、いやあと3年でも早く、産業ロックの成長期にアルバムデビューしていたらどうであったろうか? そんなことを考えてしまった。

2016.07.10
12
  YouTube / GiuffriaVEVO


  YouTube / Largarife2
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1965年生まれ
KazーK
そうですね。時代の流れ、タイミングって大事なのでしょうね。
2016/08/31 21:38
0
返信
1966年生まれ
太田 秀樹
なるほど。確かに「コール・トゥ・ザ・ハート」を聴く限りにおいて、フットルースみたいな映画のサントラに入っていてもおかしくないですね。それにしてもこの曲はまさにエイティーズ。初めて聴いたのにも関わらず、懐かしい感じが満載です。別にジャーニーに似せようと思ってやっていた訳じゃないでしょうが、タイミングというものを考えると二番煎じ感は否めないかもなあ。
2016/07/10 05:41
2
返信
カタリベ
1965年生まれ
KazーK
コラムリスト≫
37
1
9
8
6
エアロスミスを世界にリマインドした RUN DMC「ウォーク・ディス・ウェイ」
カタリベ / 中川 肇
88
1
9
8
3
その完成度、実にえげつない!デフ・レパードの最高傑作「炎のターゲット」
カタリベ / 藤澤 一雅
28
1
9
8
6
ヴァン・ヘイレン、アナタはデイヴ派? それともサミー派?
カタリベ / DR.ENO
15
1
9
8
1
何度聴いても新発見!ブライアン・イーノ&デヴィッド・バーンの悪ふざけ精神
カタリベ / moe the anvil
56
1
9
8
3
ジャーニーのアーネル・ピネダ、フィリピンからのアメリカンドリーム!
カタリベ / 中川 肇
33
1
9
8
4
メタリカが導き出した最適解、懐かしむより超えていけ!
カタリベ / 中塚 一晶