3月6日

伊藤銀次の証言!佐野元春とハートランドの快進撃が始まった〜東松山女子高の奇蹟

119
1
 
 この日何の日? 
佐野元春 with ザ・ハートランドのライヴが東松山の女子高校で開催された日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1981年のコラム 
イアン・スチュワート、ストーンズから外された愛すべきブギウギの名手

みんなの洋楽ナイト — 忘れじのツバキハウス、とびっきりのニューウェイヴ

メシ喰うな!町田町蔵の独特な歌詞とバンド名に気い狂て死ぬ

音楽が聴こえてきた街:タワーレコード渋谷の衝撃!黄色と赤のレコードバッグ

女子高生の証言!佐野元春とハートランドが私にくれたもの〜東松山女子高の奇蹟

80年代の奇才、ジム・ジャームッシュ「パーマネント・バケーション」

もっとみる≫




佐野元春との出会い、音楽家としてのセンスの良さと感覚の鋭さに脱帽


不遇の70年代のトンネルをくぐり抜け、80年代に入ろうとした時、佐野元春と出会うことができたことは、僕のその後の音楽活動にとってとてもエポックメイキングな出来事だったことはいうまでもない。

人は出会いを自分で選ぶことはできないけれど、自分の中で音楽的な思いを深くして活動していれば、きっと同じように深く音楽に身を捧げている才能あるアーティストに出会える。彼との出会いはそれからの僕にそんな音楽のおとぎ話を信じさせてくれるものだった。

彼のファーストアルバム『Back to The Street』のアレンジャーとして彼と出会った時から、その音楽家としてのセンスの良さと感覚の鋭さに脱帽した僕は、仕事を離れて彼の音楽を世に知らしめることに力を貸したいと本気で思ったものだった。正直彼がこのままもし評価されることがなかったら、もう日本の音楽シーンも終わりだろうとまで思っていたものだった。

佐野元春にとってライヴとは? 辛抱強くステージをビルドアップ


ただその道は決して楽なものじゃなかったね。ちょうど70年代にシュガー・ベイブが『SONGS』という素晴らしいアルバムを発表してたのに当時はほとんど評価されなかったように、彼の音楽も一般的になかなか理解を得ることができなった。

そんな状況の中で僕が最も恐れていたのは、元春がいじけたりヤケになってしまわないか… ということ。盆栽のようにねじ曲がって育たず、まっすぐ伸びていってほしかった。

ところが元春はそんな僕の心配をはねのけるように、ライヴを一回やるごとに、聴衆にダイレクトに響いていく新たなアイデアを加え、辛抱強くステージをビルドアップしていった。ライヴこそが自分を最も的確に表現できる場所。ライヴこそが聴衆と確実なコミニューションを交わせる場所。そんな信念のもと、彼は自らの手足のようなバンド、ザ・ハートランドを根気よく創り上げていき、彼の思いを自由に表現できる音楽チームに仕立て上げていった。

佐野元春 with ザ・ハートランド伝説のライヴ “東松山の奇蹟”


そんな彼のアプローチがついにあるライヴで突然とんでもない爆発を見せた。それが1981年3月6日に東松山の女子高校で開かれた伝説のライヴだったのである。

このライヴは、在校生が卒業生を送り出す壮行会へのゲスト。会場は学校の講堂のようなところで、観客はもちろんセーラー服姿の女子高校生ばかり。ライヴが始まってすぐはまだおとなしくしていた生徒たち、ライヴが進んでいき、いよいよクライマックスの、元春十八番の「デトロイト・メドレー」「悲しきRADIO」のくだりにさしかかるや、なんとその生徒たちが総立ちとなって、ステージの際まで押し寄せて来たのだった。

それまで常宿でライヴをやってきた新宿ルイードでもそんなことはなかったのに、しかも女子校で、まるでビートルズのような熱狂状態になったのである。本編が終わって楽屋にはけてくると、なんと楽屋の窓を叩いて熱狂している生徒まで!!

パニクったベースの小野田清文の「一体どうなってんだ。まるでグループ・サウンドだよ」の一言を耳にしながら、僕は「おお、信じてやっててよかった! これはきっと、ここからやっと何かすごいことが始まるきっかけにすぎない」という確信を持つことができた。

案の定、この日を境に、まるで急な階段を一気に駆け上がるように、佐野元春 with ザ・ハートランドの快進撃が始まったのだった。初めて元春と聴衆のチャンネルがピタリと合った日、1981年3月6日は今でも忘れられないミラクルな日。僕たちハートランドはこの日の出来事を “東松山の奇蹟” と呼んだ。


※2019年8月27日、2021年3月6日に掲載された記事をアップデート

アルバム「SOMEDAY」リリース40周年☆特集 Early Days 佐野元春

▶ 佐野元春のコラム一覧はこちら!



2022.06.04
119
  Songlink


  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
土屋 美哉
この時あの会場にいて、シャウトしていた素敵な思い出がこんな形で記事になってるなんて。80年、ラジオから流れてきたビートに魅せられ40年。81年にこんな素敵なライブの真ん中にいた。今でも一番の思い出。
2020/09/08 17:45
3
返信
カタリベ
1950年生まれ
伊藤銀次
コラムリスト≫
26
1
9
8
2
伊藤銀次 meets 横尾忠則、芸術はすべからく偉大なるシロウトによるものです!
カタリベ / 伊藤 銀次
73
1
9
8
1
矢野顕子と大滝詠一の因果な関係【資生堂 vs カネボウ CMソング戦争】
カタリベ / @0onos
80
1
9
8
2
沢田研二「おまえにチェックイン」佐野元春、大沢誉志幸、伊藤銀次がコーラス参加!
カタリベ / 伊藤 銀次
82
1
9
8
2
伊藤銀次が教えてくれたカラー盤探求の悦、レコード盤は黒だけじゃない!
カタリベ / ソウマ マナブ
75
2
0
2
2
佐野元春インタビュー ③「SOMEDAY」完全再現ライブの主人公は僕じゃないよ
カタリベ / 本田 隆
39
1
9
8
9
佐野元春「約束の橋」②:スージー鈴木の OSAKA TEENAGE BLUE 1980 vol.17
カタリベ / スージー鈴木