12月5日

ロックの継承とはなんだ? 鮎川誠は日本で最もロックンロールを愛したギタリスト

23
0
 
 この日何の日? 
シーナ&ザ・ロケッツのシングル「ユー・メイ・ドリーム」発売日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1979年のコラム 
眩しい日差しを味方につけて、夏の朝はブルー・ラグーンでビタミン補給!

もう歌なんかいらない!? ギターがヤバすぎた高中正義のブルー・ラグーン

オフコース「さよなら」:スージー鈴木の OSAKA TEENAGE BLUE 1980 vol.1

戦国自衛隊のサントラは10曲すべてがメインテーマである

日本映画最強タイトル「戦国自衛隊」薬師丸ひろ子も出演した青春群像劇!

久保田早紀の名曲「異邦人」あの日 運命を背負って生まれた歌

もっとみる≫




日本で最もロックンロールを愛したギタリスト、鮎川誠


2023年1月29日、鮎川誠逝去。突然の訃報は、SNSなどを通じて瞬く間に日本中のロックファンに伝わる。突然の訃報というのは、それまで、癌を患い、余命宣告されていたことを公表せず、ギリギリまでライブ活動を精力的に展開していたからだ。

2022年の5月に余命宣告をされた後も何事もなかったかのようにステージに立ち続け、この年は40回以上のステージに立った。生涯メインギターとして弾き続けた1969年製黒いレスポール・カスタムと共に、ファンは誰もが鮎川誠が永遠だと信じて疑わなかったはずである。

鮎川の逝去から3ヶ月が過ぎようとしているが、訃報を知った時の軽い眩暈というか気が遠くなるような浮遊感がまだ僕の身体の奥底に残っている。数多くの追悼文を読み、鮎川が遺したサンハウスやシナロケ、ソロ作品を日々ぼんやりと聴きながら、最近やっと「あぁ、僕らは鮎川誠のいない世界を生きているんだな」と実感するようになった。

ギター雑誌の老舗『ギターマガジン』では4月13日発売の5月号で急遽鮎川誠の特集が組まれた。表紙に書かれたキャッチコピーは「日本で最も愛されたロックンロール・ギタリスト 鮎川誠」だった。まさに言い得て妙であると同時に、鮎川は、「日本で最もロックンロールを愛したギタリスト」でもあったとも思わずにいられない。

理知的な黒縁メガネがトレードマークだった80年代


鮎川誠は、ライブアーティストとして、ギタリストとしてステージに立ち続けると同時に、自らが愛したロックンロールの継承に生涯尽力した。いや、尽力というのは本人が否定するかもしれない。自由な発想で、誰にも何にも縛られることなく、音楽と向き合ってきた生涯だったと思う。

それは例えば、ロックミュージシャンにとってテレビはご法度という時代から数多くのCMやドラマにも出演。80年代は理知的な黒縁メガネをトレードマークとしながら、ロックにさほど興味のない人にとっても、「鮎川さん、あ、ロックをやっている人だ」という印象を残した。つまり、鮎川自身がロックの代名詞であり、ギターを抱えていなくとも、その姿はロックンロールのアイコンであり続けたことは、80年代にロックが市民権を得るまでの経緯の中で大きく貢献していたと思う。

80年代の幕開けにふさわしい名曲「ユー・メイ・ドリーム」


シーナ&ザ・ロケッツの起爆剤となった「ユー・メイ・ドリーム」のヒットによる数多くのテレビ出演もお茶の間から縁遠かったロックとの距離感を一気に縮めた。

「ユー・メイ・ドリーム」は、ロニー・スペクターが在籍したロネッツやシャングリラスなど60年代ガールグリープのドリーミーで煌びやかな世界観を80年代という新たな時代に呼応すべくマッシュアップされた名曲だ。

作曲者である鮎川がこれまで愛してやまなかった音楽たちの集大成であると同時に細野晴臣の類い稀なアレンジセンスにより、ロックンロールをフォーマットとしながら先駆的な印象を残す。79年の12月にリリースされたこの曲こそが間違いなく70年代から80年代へという新たな時代の扉を開けたことになる。

また、1987年に放送されたジャノメミシンのCMでは真っ白いスーツにサングラスという姿で当時小学5年生だった双子の娘と共演。ロックンローラーであると同時に娘を愛する一介の父親である姿が体現されたその映像は、ロック=無頼というアウトロー的なパブリックイメージを覆した。ロックという檻に閉じこもるのではなく、個人個人が自由な発想、ライフスタイルのもとでロックを選ぶという新たな時代へのメッセージにも感じ取れたものだ。



鮎川誠が遺したロックの継承にふさわしい生き方とは?


シーナ&ザ・ロケッツとしても、公私ともに最愛のパートナーだったシーナを亡くした後に鮎川の横でマイクを握りステージに立ったのは末娘のLUCYだった。シーナの置き土産だったシナロケを継続させ、娘と同じステージに立つ。そして晩年まで鮎川は「ステージに立つとシーナがそこにいるから」と言い続けた。



ロックンロールを愛し、ファミリーを愛し、何も縛られることなく、大好きな音楽と生涯向き合った鮎川誠。地位も名声も、そんなことは端から気にかけずに自分の周りにある宝物をしっかりと見据え、ブレずに生き続けた生涯は、なんてドリーミーなんだと思う。そしてこれと同時に、そういう生き方がリアルにあること忘れずにいることが、今の時代に最もふさわしいロックの継承ではないだろうか。

▶ シーナ&ザ・ロケッツのコラム一覧はこちら!



2023.05.01
23
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1968年生まれ
本田隆
コラムリスト≫
41
1
9
8
0
70歳のジョン・ベルーシ、ブルースは続いていく!
カタリベ / 海老沼 大輔
36
1
9
8
0
日本のリヴァプールと呼ばれた街「博多ビートパレード」開催決定!
カタリベ / 本田 隆
52
1
9
8
0
高橋ユキヒロ「音楽殺人」アナタはスイミングスクールの美人教師に会いましたか?
カタリベ / KZM-X
111
1
9
8
6
伝説の音楽番組「MERRY X'MAS SHOW」こんな番組2度とできない! '86 - ②
カタリベ / 藤澤 一雅
41
1
9
8
2
めんたいロックじゃ括れない!博多ビートグループの研ぎ澄まされた音楽性
カタリベ / 本田 隆
28
2
0
2
0
決して懐メロにならない80年代 J-POP、時代を超えた究極のエヴァーグリーン
カタリベ / 本田 隆