8月8日
世界でいちばんドラムをカッコよく叩く男、それがコージー・パウエル
23
1
 
 この日何の日? 
「スーパー・ロック '84 イン・ジャパン」大阪公演が開催された日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1984年のコラム 
アナーキー&バイオレンス!リップ・クリームは速くて激しいハードコア!

80年代カラオケの実情:意外なアイドル、香坂みゆきの歌うフワフワ感

これが真のエンターテイナー、スティーヴィーは音楽の魅力だけじゃない!

マイケル・シェンカーの泣き叫ぶギターとヘビメタまわりのおかしな邦題

ライオネス飛鳥との遭遇!カウンターの端に座ったクラッシュギャルズ

今、哀しみのスパイを聴きながら謎めいた女神・小林麻美について語ろう

もっとみる≫

photo:Discogs  

バンドの中ではどうしても地味な存在ともいえますが、縁の下の力持ちでもある存在、ドラマー。ヴォーカリストやギターほど特徴や個性を見つけにくいのですが、実に様々なプレースタイルがあるのも事実。プログレ界では変拍子の達人的な人、メタル界ではへヴィなサウンドが醸せる人が重宝されますし、ドン・ヘンリーやフィル・コリンズのように歌えるドラマーも素敵です。

そんな中で私が特に好きなのが “カッコよく叩ける” 人。ステージ上でも後ろのほうにいることが多いのに、その奥の方に目が奪われるなんていいじゃないですか。前置きが長くなりましたが、そんな私が好きな “カッコよく叩ける” ドラマー、それがコージー・パウエルです。

ワイルドで男っぽいルックスも勿論かっこいいし、テクニックも抜群なんですが、なんといってもその叩き方がカッコイイ。映像で見ていただくのが手っ取り早いのですが、「この人絶対ナルシストだろう」と思わずにいられないくらいカッコつけてドラムを叩きます。「カッコつけて」叩くんだけど “カッコ” だけでなくてサウンドも素晴らしい。これは理想的です。

ハイハットの位置をわざと遠くに離してセットしているのではないかと思うくらい大きなアクション(ジェフ・ベック・グループの「Definitely Maybe」参照、キメがしつこい)や、その楽曲に必要なのか考え直したくなるほど目立つツーバス(バスドラが二つあるやつです)、チャイコフスキーの「1812年序曲」をバックにワンマンショー化してしまうドラムソロ、千手観音ならぬ八手観音になったソロアルバム「オクトパス」のジャケット等々。

ネタが豊富でどうしても目立ってしまうコージーさんはなかなか安住の地が見つけられず、バンドを転々とし「スティックを持った渡り鳥」と称されることもあります(下手したらバンドのメインより目立っちゃいますからねえ)。それでもセッションドラマーとして生計を立てるのを主とせず、ちゃんとパーマネントのメンバーとしてバンドに加入するのがまた彼らしいところ(エマーソン、レイク&パーマーならぬエマーソン、レイク&パウエルなんてのも組んでました)。

私がリアルタイムで彼のドラムを聴いたのがマイケル・シェンカー・グループのアルバム「神話」。ギターヒーロー、マイケル・シェンカーに負けないくらいドラムが派手でした。バンドのアンサンブルは大事だと思うのですが、これくらい自己主張するドラム、嫌いじゃないです。当時の私の思い出としては、生で見たコージー。ホワイトスネイクのメンバーとして出演した84年のメタル野外イベント「スーパー・ロック・イン・ジャパン」。

大阪公演を観に行った私が印象に残ったのは、同じく出演したボン・ジョヴィでもスコーピオンズでもマイケル・シェンカーでもなく、ホワイトスネイクのステージでのコージーのドラムソロ(この時はホルストの「惑星」!)でした。盛り上がりきったセット中盤をまたアンコールまでゼロから温めなおすホワイトスネイクのメイン、デイヴィッド・カヴァデールが大変そうでした。

そんなコージーさんは残念ながら98年に自動車事故で他界してしまいます。レーサーへの転向も考えていたほど車やバイクが好きだった彼らしい最期ともいえるでしょう。「すげえスピード出して走ってたんだろうな」と勝手な推測をしてしまうほどのもの、彼の生き様みたいなものが、今思うと彼のプレースタイルに凝縮されていたような気がします。

2016.10.16
23
  YouTube / Gyozateisyoku


  YouTube / Fernando Snake


  YouTube / taky67
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1965年生まれ
藤澤 一雅
DR.ENOさんも西武球場にいらっしゃったんですね。
初日でしたか?2日目でしたか?

僕の神グループだった、「MSG」「ホワイトスネイク」「スコーピオンズ」と
日本デビューの「ボン・ジョヴィ」が一緒に見れるなんて(アンヴィルは置いといて)、素晴らしい1日でしたね〜。

後にも先にもこんなLIVEないですもんね、キョードー東京頑張りました。

MSGのヴォーカル問題はいただけませんでしたが、コージーのドラムも観れたし最高のLIVEでした。
2016/10/18 21:44
0
返信
カタリベ
1968年生まれ
DR.ENO
コラムリスト≫
1091
1
9
8
4
マイケル・シェンカーの泣き叫ぶギターとヘビメタまわりのおかしな邦題
カタリベ / 田中 泰延
38
1
9
8
1
派手な動きとツーバスドコドコ!コージー・パウエルは僕のアイドル
カタリベ / 飛影
47
1
9
8
0
デイヴィッド・カヴァデールは僕の中に君臨するNo.1ヴォーカリスト!
カタリベ / 藤澤 一雅
12
1
9
8
1
孤独の男の叫びを聴け!ハードロック界の横山やすし、グラハム・ボネット
カタリベ / DR.ENO
25
1
9
8
4
リッチー・ブラックモアとレインボー、黒の美学・ハードロックの美学
カタリベ / ジャン・タリメー
41
1
9
8
9
ヘビメタクイーン浜田麻里、渾身のバラードは珠玉のクリスマスソング!
カタリベ / goo_chan
Re:minder - リマインダー