5月16日
これぞパーティーロック、武道館でモトリー・クルーと踊りまくった夜
50
0
 
 この日何の日? 
モトリー・クルーの「Dr.Feelgoodツアー」日本武道館での最終日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1990年のコラム 
ブルーノートと専属契約を結んだトランペッター・日野皓正の素顔

アダルトな名曲を詰め込んだ宝箱CM、アメリカンブルー・パーラメント

CBSの「カープールカラオケ」番組ヒットの功労者はマライア・キャリー!

東京ドームのデヴィッド・ボウイ、これが最後の「ロックンロールの自殺者」

昭和から平成へ。時代の変わり目に頭脳警察が活動を再開した

ユダヤの民族音楽と「たま」の共通点? 音楽の強さが人種を越えたとき

もっとみる≫

photo:Wikipedia  

「みんなのノリが最高だったよ。特に今日はステージ裏のやつらがクレージーだった。日本人は比較的おとなしくステージを見るタイプかと思っていたけど、あんなに楽しそうに踊っているやつらもいるんだね。こっちもついステージ裏に向かって演奏しちゃったよ」

そんな趣旨のインタビュー記事がミュージックライフだったか、バーンだったかに掲載されたの読んで大喜びしたのを覚えている。そう、そのクレージーなやつらは僕たちのことだ。

1990年5月16日の日本武道館、この日はモトリー・クルーの『ドクター・フィールグッド・ツアー』の最終日。親友のHくんと一緒に行ったこの時のツアーは、贅沢にも初日と最終日の2回武道館に足を運んだ。

初日はアリーナのかなりいい席で観ることできたので大満足だったんだけど、最終日は残念ながら1階スタンドのステージがあまり見えなさそうな席。案の定、会場に入ってみるとあまりステージが見えないどころか、ほとんどステージに真裏に近い。

これじゃメンバーの後ろ姿しか見えないよ、いくらなんでもこんな席売り出すなよ、とウドー音楽事務所に悪態をつきつつ、コンサートが始まる。

ところが、いざコンサートが始まると、すぐにこの席がなかなか面白いことに気付くことになる。とにかくステージが近いので、手を伸ばせばメンバーに手が届きそうだ。

ステージ裏のスタッフの動きも良く見え、まるでバックステージパスを手に入れてスタッフ目線でコンサートを鑑賞している感じ。アリーナで観た初日とはまったく違う楽しみ方でコンサートを体験することができたんだ。

特に最高だったのは、このツアーに帯同していたナース姿で踊りまくるバック・コーラスの女性デュオ、ナスティ・ハビッツが近い近い。

まさに、お色気たっぷりの二人と同じフロアで一緒に踊っている感じ。このエリアの席にいた僕たち以外の人たちも、多分同じ気持ちだったと思う。どうせメンバーの後ろ姿しか見れないなら、開き直って踊りまくるしかないと。

前述のインタビュー記事はギターのミック・マーズの言葉。ミックは踊りまくる僕たちに気付いて、結構こっちを向いて演奏してくれたんだよね。そのうちヴォーカルのヴィンス・ニールもこっちを向いて歌ってくれたりね。結果大満足の武道館だったという思い出。

『ドクター・フィールグッド』は1989年9月に発売されたモトリー・クルー5枚目のアルバムで、全米チャート1位を記録し、アメリカだけで700万枚を売り上げたモンスターアルバムだ。収録曲の「ドクター・フィールグッド」と「キックスタート・マイ・ハート」はグラミー賞のベスト・ハード・ロック・パフォーマンスにノミネートされたほど。

歴史に残る名盤のひとつです。

2016.07.02
50
  YouTube / wimpyliberalbuster32


  YouTube / ioannis agapitidis
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1965年生まれ
藤澤一雅
コラムリスト≫
18
1
9
8
7
酔い覚ましのモトリー・クルー「ガールズ、ガールズ、ガールズ」
カタリベ / 鎌倉屋 武士
19
1
9
8
8
メガデスとモトリークルー、ロサンゼルスの「アナーキー・イン・ザ・UK」
カタリベ / KazーK
1091
1
9
8
4
マイケル・シェンカーの泣き叫ぶギターとヘビメタまわりのおかしな邦題
カタリベ / 田中 泰延
25
1
9
8
4
リッチー・ブラックモアとレインボー、黒の美学・ハードロックの美学
カタリベ / ジャン・タリメー
41
1
9
8
9
ヘビメタクイーン浜田麻里、渾身のバラードは珠玉のクリスマスソング!
カタリベ / goo_chan
13
1
9
8
1
孤独の男の叫びを聴け!ハードロック界の横山やすし、グラハム・ボネット
カタリベ / DR.ENO
Re:minder - リマインダー