11月1日

感情喪失を歌った中森明菜のダークソング「アイ・ミスト・ザ・ショック」

66
0
 
 この日何の日? 
中森明菜のシングル「I MISSED“THE SHOCK”」がリリースされた日 
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1988年のコラム 
バブルの象徴「MZA有明」と ポーグスの酔いどれボーカル、シェイン・マガウアン

ポール・マッカートニーのルーツ、いつだってそこにはリトル・リチャードがいた

魁!!男塾、アニメの放送が『打ち切られちまった悲しみに…』!?

浅香唯「メロディ」アイドル絶頂期の傑作メッセージソング 

EPICソニー名曲列伝:岡村靖幸「だいすき」が好き過ぎた平成最初の夏

自粛ムードと有頂天、全身ニューウェイヴのケラが歌う「君はGANなのだ」

もっとみる≫



photo:Warner Music Japan  

オリコン連続首位が途切れたシングル「I MISSED “THE SHOCK”」


1985年に「ミ・アモーレ」でレコード大賞を受賞して以来、アイドルの枠を破り、アーティストへの道を本格的に歩み始めた明菜。シングル曲も、聴きやすさよりクオリティを重視した作品が多くなってゆく。

それでもオリコンチャートでは、1984年の「サザン・ウインド」から15作連続で首位を獲得していた。作家を次々と変えて挑戦を続ける明菜に、ファンはしっかり(あるいは何とか)付いていたのだ。

その連続首位が途絶えたのが、1988年10月に発売された22枚目シングル「I MISSED “THE SHOCK”」だった。この曲はオリコンで最高3位、『ザ・ベストテン』でも、3位を4週間維持した後にランクダウンしてしまう。それもそのはず、この曲は明菜の歴代シングルの中でもマニアックでダークな作品だからだ。

中森明菜自身も答えられなかった? タイトルの意味


斬新なサウンドと大胆な衣装で話題を集めた前作「TATOO」に比べると、「I MISSED “THE SHOCK”」は少し地味な印象を受ける。メロディーは全体的に単調だし、前半部は明菜の低い声が淡々と続いて盛り上がりに欠ける。ラストのタイトル連呼も長くしつこい。

そもそも、タイトルの意味が不明だ。「ショックを避けた」のか「ショックを受ける気が失せた」のか…。明菜自身も歌番組で「タイトルは翻訳できない」と話していたそうだ。

しかし、そうした印象だけで聴き終えるのはもったいない。この曲は絵画を鑑賞するように、独自の世界観をじっくり味わうべき “作品” なのである。

アルバム「不思議」の系譜? ゴシック・ホラーの味付けをしたダークソング


この曲が表しているのは、滅びが漂うダークな世界。この2年前に発売され、声が聴き取れないと問題になったアルバム『不思議』の系譜に通じるものである。

別コラムでカタリベの後藤護さんが『プロデューサー中森明菜の慧眼際立つ!最大の問題作『不思議』を再評価』で述べているが、ホラー映画で流れるようなゴスロックを好んでいた明菜は、ゴスでダークな美学を基調に『不思議』を作った。その美学がこの曲にも反映されている。それも、スルメを噛むように繰り返し聴くと味が染み出すような恐さ。

何しろ歌われているのは、心が壊れてゆく女性なのだ。

タイトルの意味は「SHOCK(感情)の喪失」? 心を失う底しれぬ恐さ


この曲の主人公は、愛を失い、雨の日に一人部屋に閉じこもる女性。「夜が長い一日のせいで」意識が閉じている時間が多くなっている。そのうちに、過去や未来がわからなくなり「全てが壊れ始め」、雨に象徴される何かを恐がって引きこもるうちに「寂しさに慣れてしまう」。もはや感情喪失の一歩手前。ついには「何も見えない 見られない 誰にも言えない 聞こえない」という心境に陥る。きれい、優しい、空しい等、あらゆる感情が言語化できなくなり、錯乱してゆく…。

このように歌詞を解釈すると、タイトルは「ショック(=感情の一切)を失った」と訳すのが適切に思える。この曲のテーマは、心を失うことへの底しれぬ恐さなのだ。

このダークな歌詞を、明菜は静と動のメリハリを付けて歌いあげる。Aメロではひたすら無機質で感情を抑えてボソボソと歌うが、サビでは静から動に一転、声に悲哀がこもる。ラストは、これでもかと言うくらい「SHOCK,SHOCK,SHOCK」を繰り返す。まるで断末魔の叫びのように…。しかも衣装は、ゴシック・ファッションを彷彿させる黒基調のドーム型スカートなのだ。

A面とB面を入れ替えて発売、自分のセンスを信じて貫いたセレクト


このダークソングの作詞・作曲は、“QUMICO FUCCI”ことシンガーソングライターの福士久美子。編曲は、『不思議』のサウンド制作に関わり、「TATOO」の編曲も手掛けたロックバンドのEUROX(ユーロックス)。

QUMICO FUCCIは、8月に出した明菜のアルバム『Femme Fatale』にも曲を提供しているので、元々はアルバムの候補曲だったのかもしれない。EUROXのアレンジは歌詞に反し躍動的で、ゴス風の弦楽サウンドが耳に残る。楽器がひとつずつ加わる4つ打ちイントロも素晴らしい。

それにしても、なぜこのマニアックな作品をシングルで出したのか? 実は当初、B面の「BILITIS(ビリティス)」がA面だったそうだ。「BILITIS」は、ファンの間でも評価が高いダンサブルで親しみやすい曲。明菜の声もピタリ合っている。「BILITIS」がA面だったら、オリコン連続首位を維持できたかもしれない。

しかし、発売直前に明菜の意見でA面とB面が入れ替わり、「I MISSED “THE SHOCK”」が表題曲になった。おそらく明菜は、自分が追求する美学をこの曲から感じ、2年前の「DESIRE」の時と同じく自分の感性を優先したのだろう。そして、「I MISSED “THE SHOCK”」は30万枚を超える売上を記録する。これは、1988年に出た明菜のシングルで最も多い。首位は取れなかったが、「TATOO」や翌年の「LIAR」よりも売れたのだ。1988年の紅白歌合戦で、明菜がこの曲を歌ったことも大きかった。

昭和が終わる直前の大晦日の夜、王女のような衣装で「愛がもう取り残されるのSHOCK! SHOCK!」と歌う明菜。その姿をお茶の間で見て心を動かされた人も多かったことだろう。



2021.05.24
66
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1966年生まれ
松林建
コラムリスト≫
34
1
9
8
5
聖子をしのぐ横綱相撲!中森明菜「ミ・アモーレ」大いに評価すべき松岡直也の慧眼
カタリベ / KARL南澤
70
1
9
8
3
魅惑の中森明菜、その歌にはいつだって「彼女らしさ」があった
カタリベ / ミヤジ サイカ
79
1
9
8
6
攻めを貫く中森明菜「ジプシー・クイーン」おニャン子全盛期の軽薄さとは対極!
カタリベ / 広瀬いくと
53
1
9
8
6
中森明菜「クリムゾン」竹内まりやを黒に染めるダーク・シティポップ
カタリベ / 後藤 護
91
1
9
8
3
中森明菜「トワイライト」角川娘に立ち向かった来生姉弟のスローバラード
カタリベ / 指南役
24
1
9
8
7
中森明菜出演!留守電付きのステレオコンポ「パイオニア プライベートCD」
カタリベ / 時の旅人