2月27日
1985年に誕生した「卒業」という名のマスターピース 菊池桃子 篇
53
3
 
 この日何の日? 
菊池桃子のシングル「卒業-GRADUATION-」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1985年のコラム 
美伝説・ジェフリア、産業ロックの波に乗り遅れたシンセの実力派!

ニューミュージックの扉を開いたハイ・ファイ・セット vol.3

第27回グラミー賞、わたしたちが人間を取り戻すヒントがここに!

マドンナ初のバラードシングルはマイケルとカーペンターズにつながった!

80s音楽にビジネスを学ぶ:ウィアーザワールドと多様性マネジメント 後篇

80s音楽にビジネスを学ぶ:ウィアーザワールドと多様性マネジメント 前篇

もっとみる≫

photo:DIGIMONO  

今回も前回に引き続き、1985年にリリースされ、今なお名曲として君臨する2つの「卒業」の話です。2つの卒業とは、1985年2月21日にリリースされた斉藤由貴の「卒業」と、1985年2月27日にリリースされた菊池桃子の「卒業-GRADUATION-」のことで、今回は菊池桃子の卒業の話です。

この同時期にリリースされた2つの卒業をデータとして見てみると、斉藤由貴の卒業はオリコンの順位で最高6位、菊池桃子の卒業はオリコンの順位で最高1位ということなので、セールスの面では菊池桃子に軍配が上がることになる。でもこれは、斉藤由貴の卒業はデビュー曲、菊池桃子の卒業は4枚目のシングルと、1983年から学研のアイドル雑誌「Momoco」イメージガールとして活動を開始し、1984年には歌手としてデビューしているというアイドルとしての実績の違いがその差になったのではないかとも考えられる。なんてったて菊池桃子は卒業がリリースされた1985年には日本武道館で単独コンサートを行っているのだから。

菊池桃子の「卒業-GRADUATION-」は、作詞が秋元康氏、作曲は林哲司氏で、菊池桃子のデビュー曲でもある「青春のいじわる」からずっと手がけていたコンビだ。この楽曲はまだ秋元氏がおニャン子に関わるほんのちょい前の作品ということになる。この曲のテーマは学生時代の恋… その甘さを思い起こしては、もう戻らないであろうあの頃を切なく思う… ビターな感傷にひたる少女が主人公。あの時、クラスメイトの皆と一緒に撮った卒業写真。その写真を小道具として効果的に使用しながら、聴き手をセンチメンタルな世界へといざなう歌詞が実に魅力的な作品に仕上がっている。菊池桃子はお世辞にも歌唱力抜群とは言えなかったっけど、その囁くような歌い方は個性的でかつ味があったので、彼が都会へと旅立ってしまう切なさを歌うこの卒業に実にあっていると思う。

いづれにしても斉藤由貴と菊池桃子の卒業は、僕にとって卒業をテーマにした曲の中で甲乙付け難いワン・ツーです。皆さんの卒業をテーマにした曲のNo.1って誰の曲ですか?是非ボイスから是非コメント入れてください。


卒業-GRADUATION- / 菊池桃子
作詞:秋元康
作曲・編曲:林哲司
発売日:1985年(昭和60年)2月27日

2016.04.02
53
  YouTube / wrngbctqieda
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1964年生まれ
小山 眞史
個人的には、由貴さんだなあ。
2016/04/02 10:21
0
返信
カタリベ
1965年生まれ
藤澤一雅
コラムリスト≫
51
1
9
8
4
菊池桃子の「青春のいじわる」囁きボイスは天使の歌声
カタリベ / 藤澤 一雅
34
1
9
8
4
菊池桃子が表紙を飾った「BOMB」アイドル雑誌が仕事に役立った話!
カタリベ / 時の旅人
68
1
9
8
5
1985年に誕生した「卒業」という名のマスターピース 斉藤由貴 篇
カタリベ / 藤澤 一雅
15
1
9
8
0
聖子チャンと良美チャン、クラスを二分した女性アイドル決選投票の夏!
カタリベ / goo_chan
37
1
9
8
2
キョンキョン vs 明菜!? 花の82年組に挑んだ女性アイドル決選投票の秋!
カタリベ / goo_chan
72
1
9
8
5
尾崎豊をスターダムに押し上げた「卒業」、その秘密は<哀愁のソ#>
カタリベ / スージー鈴木
Re:minder - リマインダー