2月27日

【菊池桃子♪斉藤由貴♪倉沢淳美】1985年にリリースされたアイドル3人の「卒業」ソング

33
0
 
 この日何の日? 
菊池桃子のシングル「卒業 -GRADUATION-」発売日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1985年のコラム 
カラオケ必勝!バービーボーイズの曲を男女ツインボーカルで超絶カッコよく決める方法

伊藤銀次とハイ・ファイ・セット、もう一度聴きたい山本潤子のやさしい歌声

1985年2月26日【第27回 グラミー賞】わたしたちが人間を取り戻すヒントがここに!

菊池桃子「卒業-GRADUATION-」80年代に誕生した昭和の卒業ソング

イギリス北部の町の情景、ドリーム・アカデミーが奏でる郷愁のメロディ

みんなで歌おうパンクロック!ニューロティカのライブは笑いと多幸感に溢れてる

もっとみる≫




4曲の「卒業」が同時期にリリースされた1985年


春は出会いや別れ、そして旅立ちの季節。新生活の準備に忙しい人も多いことだろう。そんな人生の転機を彩るのが“卒業ソング” である。歌謡曲やJ-POPには卒業ソングが多い。卒業の心境を歌った曲はもちろん、大切な人との別れを “卒業" に例えたり、歌詞から卒業を想起させたりと、多様な作品が各年代でリリースされている。

特に1985年は、「卒業」というタイトルのシングルが同じ時期に4曲リリースされた異例の年だった。しかも、そのうち3曲は当時全盛だったアイドルの歌。もう1曲はシンガーソングライターの尾崎豊。オリコンや『ザ・ベストテン』で複数の「卒業」がランクインして話題になった。そんなアイドルが歌う3つの「卒業」には、タイトル以外にも共通の特徴が見られた。各曲の歌詞を紐解きながら、共通点を述べてみたい。

“卒業” バトルを勝ち抜いた菊池桃子


まず、3つの「卒業」を発売順に振り返りたい。最も早くリリースされたのが、1985年2月14日発売の倉沢淳美「卒業」である。この曲は、前年3月にデビューした倉沢淳美の4作目。作詞は売野雅勇、作曲は林哲司。卒業式が終わり、誰もいない教室で見たのは、初恋だった “あなた” の机に刻まれた自分の名前だったという切ないシチュエーションが、キャッチーなメロディーに載って歌われる。



次は、2月21日発売の斉藤由貴「卒業」。デビュー曲にして昭和ポップスの定番になったこの曲は、松本隆と筒美京平という最強タッグの作品である。舞台は卒業式。「♪ああ 卒業しても友だちね」と認めつつ、「♪東京で変わってく あなたの未来は縛れない」と相手をおもんばかる歌詞が新鮮だ。



3曲目は、2月27日発売の菊池桃子「卒業 -GRADUATION-」。前年4月にデビューした菊池桃子の4作目。新進気鋭の秋元康が作詞し、これも林哲司が作曲している。歌われるのは、都会へ旅立った “あの人" との想い出をポプラ並木を歩きながら回想するシーン。「♪4月になればここへ来て 卒業写真めくるのよ」と近未来を想像する歌詞が、心に刺さる。

こうして見ると、3曲を貫くテーマは恋愛対象だった男性との別れであり、卒業後に想い出を回想する点も同じ。誰もいない教室、机の傷、胸のボタン、並木道といった表現が見られるのも一緒だ。

この “卒業" バトルを制したのは、オリコン初登場で 1位を獲得して約40万枚を売り上げた菊池桃子だった。彼女の人気の凄さや、秋元さんの曲が最も売れたという事実からは、80年代の主役交代を見るようで興味深い。



卒業ソングはアイドルにとっての勝負曲


そして、、こうしたテーマ以外にも、この3曲には共通点が2つある。1つめは、ヒットの起爆剤となる期待を担った曲であるということ。豪華な制作陣からも分かるとおり、「卒業」というタイトルへの期待が感じられるのだ。

まず、倉沢淳美の「卒業」は、デビュー曲「プロフィール」以降の伸び悩みを打開する一手として、アルバムの先行シングルとしてリリースされた。そのアルバムのタイトルは『卒業 ほほえみがえし Bonjour! Nice et Mallorca』。全曲が卒業までの学園生活をテーマにした作品で、“卒業” に賭ける意気込みが伝わってくる。
また、斉藤由貴の場合は、デビュー曲に「卒業」というタイトルを持ってくるインパクトがヒットに拍車をかけた。そして、菊池桃子は、ヒットした前作「雪にかいたLOVE LETTER」の勢いをキープし、ステップアップを図る勝負曲として、「卒業」をリリースした。

このように、ヒットへの期待を “卒業" に託した理由は、前例の存在も大きかった。1983年春にリリースされた柏原芳恵の卒業ソング「春なのに」である。この曲の大ヒットで彼女は存在感を高め、紅白歌合戦への初出場も果たしたからだ。他にも、1982年春の松田聖子「制服」が、同曲のA面だった「赤いスイートピー」とセットで女性ファンの獲得に貢献したり、アイドルではないが沢田聖子「卒業」のスマッシュヒットも見逃せない。

これらの前例に準じるように、各レコード会社の期待を乗せた3曲の「卒業」は、同名曲の競演効果もあって好調なセールスを記録した。菊池桃子や斉藤由貴はもちろん、倉沢淳美の「卒業」も前作から売上を伸ばしたのである。

女性と男性が卒業に抱く異なる思い


2つ目の共通点は、時代背景が歌詞に反映されていること。3曲の主人公(女子学生)は、大切な人と別れるしかないと卒業前に分かっていて、半ば諦めているようなのだ。

振り返れば、1985年は “男女雇用機会均等法” の施行1年前。女性の社会進出は遅れていた。恋人同士でも、地方から都会に出る男性に付いていくのは経済的・社会的に難しかったか、親が許さない傾向が強かった。斉藤由貴と菊池桃子の「卒業」には都会に行く男性が描かれているが、男性は都会に出ると帰ってこないという「木綿のハンカチーフ」の呪縛に、当時の女子学生はとらわれていた感がある。

だから、倉沢淳美は「♪ほろ苦いメモリー ここに残して大人になってくのね 」と理屈づけたり、斉藤由貴は「♪守れそうにない約束は しない方がいい」と割り切ったり、菊池桃子は「♪あの人の 素敵な生き方 うなずいた私」にしかなれなかったのだ。こうした運命に逆らえない別れが日本各地で見られたからこそ、卒業ソングのテーマになり得たのだろう。

一方、男子学生が卒業に抱く思いは、自分探しや夢だった。それが分かるのが、奇しくも同時期に発売された尾崎豊の「卒業」である。尾崎にとって卒業とは「♪支配からの卒業」であり、学校や社会に疑問を呈しつつ自分の生き方を探る通過儀礼だった。一概には言えないが、卒業に対する男女の思いの相違が歌詞から読み取れるのも、この年ならではである。ちなみに尾崎も、「卒業」のヒットでブレイクを果たす。他の3人と同じく「卒業」で勝負し、見事に成功したのだ。



時代は平成から令和に移り、卒業ソングも多様化している。しかし、時代の価値観が読み取れるのが、昔から変わらない卒業ソングの魅力だ。昭和の終わりに3人のアイドルが歌った「卒業」を、主人公の心情を察しながら改めて聴いてみてはいかがだろう。

▶ 卒業ソングに関連するコラム一覧はこちら!



2024.02.27
33
  Songlink


  Songlink


  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1966年生まれ
松林建
コラムリスト≫
23
1
9
8
6
おすすめランキング! 80年代「お正月アイドル映画」ベストテン
カタリベ / 高橋 みき夫
48
1
9
8
3
昭和ポップスから選ぶ【卒業ソングランキング】岡村孝子、柏原芳恵、そして1位は⁉
カタリベ / 長井 英治
43
1
9
8
6
斉藤由貴の傑作アルバム「チャイム」は水嶋凛がカバーした「予感」で幕を開ける
カタリベ / 広瀬いくと
110
1
9
8
4
菊池桃子の「青春のいじわる」囁きボイスは天使の歌声
カタリベ / 藤澤 一雅
43
1
9
8
7
夕やけニャンニャン最終回、大人たちが精一杯遊んだおニャン子クラブ
カタリベ / 宮木 宣嗣
251
1
9
8
6
河合奈保子「涙のハリウッド」あえてキラキラポップスに挑んだ隠れた名曲
カタリベ / 臼井 孝