9月24日

プリンスとエロ、ランジェリー姿のヴァニティ6から始まった女達への賛歌

30
0
 
 この日何の日? 
プリンスがプロデュースしたヴァニティ6のシングル「ナスティ・ガール」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1982年のコラム 
めんたいロックじゃ括れない!博多ビートグループの研ぎ澄まされた音楽性

グッドナイト・サイゴン〜80年代にビリー・ジョエルが歌ったベトナム戦争

ビリー・ジョエル「アレンタウン」新しい時代が来るのを待ち続けた若者の歌

ちょっと皮肉な出世作、ジョン・サイクスの「どうか私を置いていかないで」

デビューソング「人生晴れたり曇ったり」を突き進む宇佐元恭一!

夜の鼓動を聴け —「ネブラスカ」が描くアメリカンマインドの闇

もっとみる≫



photo:ソウマ マナブ  

先にプリンスと “エロ” のイメージについて書いたけれど、それを語るうえで欠かせないのが、彼とコラボレーションした女性アーティストたち。プリンスはクリエイティブ面における女性関係が派手な人だったが、80年代はとりわけインパクトがあった。

始まりは『1999』のリリースと同じ1982年にデビューした3人組ヴァニティ6。プリンスがほぼすべての曲を作り、ほぼすべての楽器をプレイしてサポートした。ランジェリー姿で歌い踊る彼女たちの『ナスティ・ガール』のPVは、当時の高校生には目の毒で、後に知ったが歌詞も “早くきて~” 的な扇情的な内容。

このトリオは後にセンターのヴァニティ(奇しくもプリンスが亡くなる2か月前に夭逝)が脱退。映画『パープル・レイン』でヒロインを務めたアポロニア・コテロが後釜に収まり、アポロニア6と改名して10代の煩悩をさらにつのらせてくれた。

アポロニア6が注目された1984年には、シーラ・E.もプリンスのバックアップを得てデビュー。彼女もセクシーだったが、むしろヒット曲『グラマラス・ライフ』のPVでシンバルを蹴り上げる姿の方がかっこよ過ぎて印象に残っている。

同年でむしろムラムラを感じたのはシーナ・イーストンだ。プリンスの変名提供曲『シュガー・ウォールズ』は露骨なセクシャル・ソング。女性に “私のお砂糖のような壁の中にいらっしゃい” と歌わせるなんてほぼセクハラだが、この後、彼女がしばしプリンスとコラボしたことを思うと、成果を上げたということなのだろう。

他に『1999』のバックシンガーだったジル・ジョーンズ(今年、新譜をリリース!)や、ザ・レヴォリューションの核を成したウェンディ&リサ、シングルで切ない声を聴かせた女優キム・ベイシンガー等、80年代のプリンスの女性コラボレーターは実に華やか。“実は男女の関係だったんじゃね?” なんてゲスな詮索は置いておいて、ここら辺のプリンスの仕事は再評価されて欲しい。

2016.05.11
30
  YouTube / exclusivevids1000


  YouTube / ohnoitisnathan28


  YouTube / WelcomePurpleCity


  YouTube / 711curioso
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1966年生まれ
ソウママナブ
コラムリスト≫
10
1
9
8
7
プリンス feat. シーナ・イーストン、典型的ミネアポリス・ファンクが炸裂!
カタリベ / KARL南澤
48
1
9
8
3
まだ天才と呼ばれていなかった頃のプリンス、そのエロに導かれて
カタリベ / ソウマ マナブ
25
1
9
8
2
まるでコインの裏表? プリンスの「1999」とマイケル・ジャクソンの「スリラー」
カタリベ / ジャン・タリメー
21
1
9
8
6
プリンス初来日公演、歴史に残る横浜スタジアム狂乱のオープニング!
カタリベ / 宮木 宣嗣
63
1
9
8
5
止まらない快進撃!80年代におけるプリンス&ザ・レヴォリューションの革命
カタリベ / 宮木 宣嗣
19
1
9
8
4
双璧だったマイケルとプリンス、そしてスリラーとパープル・レイン
カタリベ / ジャン・タリメー
Re:minder - リマインダー