8月24日

70年代のアウトテイク「刺青の男」ローリング・ストーンズのアップデート術

7
0
 
 この日何の日? 
ローリング・ストーンズのアルバム「刺青の男」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1981年のコラム 
日テレ日曜夜10時半、UFO時代のときめき飛行「アメリカン・ヒーロー」

黄金の6年間:時代を疾走した向田邦子「父の詫び状」と市井の人びと

ロックを選んだ漫才師、ビートたけしとロッド・スチュワートの意外な接点

歌手としてのとんねるず — その序章、デビューはピョン吉ロックンロール!

山下久美子は言った「佐野くん、そろそろあたし歌ってみるわ♪」

ピンチヒッター伊藤銀次♪ロックでポップな「雨の日は家にいて」完成秘話

もっとみる≫






ローリング・ストーンズは、いよいよ2019年6月21日よりシカゴを皮切りに『ノー・フィルター』US &カナダ・ツアーをスタートする。しかしオリジナル曲をレコーディングしたニューアルバムは、2005年の『ア・ビガー・バン』以来13年間リリースされていない。

音楽だけでなく、映画や文学や、絵画や、色んなジャンルで、ベテランになればなるほど新作が出せずに、作品毎のインターバルが長く空くことが多々あるものだ。しかし、ストーンズはその限りではないようだ。

たとえば、彼らが81年に出したアルバムに『刺青の男(Tattoo You)』がある。本作は、70年代のストーンズのアウトテイクを集めたアルバムで、いわば裏ベストだ。ワールドツアーの前に、ニューアルバムを出しておく必要があった81年当時のスト-ンズは、かつてレコーディングしたが、棚上げになっていた膨大なアウトテイクに着目した。

このアルバムの仕上がりは、80年代初頭のトレンドだった “Back To 60's” をベースに、先入観なく愉しんで聴くことができる。しかし、後から判明した制作時の秘話をチェックしながら聴くと、より興味深く聴くことができ、今のストーンズの活動の礎を作った重要な1枚であることが実感できる。3つほどエピソードを挙げてみよう。


①参加ミュージシャンがとにかく豪華!

70年~72年に録音された「トップス」や「友を待つ(Waiting on a Friend)」は、ミック・テイラーやニッキー・ホプキンスがしっかりと参加している。また、ジャズファンでもあるチャーリー・ワッツに「まさか?」と訝しがられながらも、ミック・ジャガーは、テナーサックスの巨人、ソニー・ロリンズをスタジオに招き入れて、「友を待つ」のアウトロにサックスソロを付け加えさせた。


②試せるものは全部試したテイク

「友を待つ」は、ミック・テイラーの脱退後に、後任ギタリスト探しのセッション音源で、ウェイン・パーキンスがひっそりとギターを弾いているほか、ビリー・プレストンもバックを支えている。冒頭の「スタート・ミー・アップ」も、延々レゲエヴァージョンを試した後に、1回だけ試したロックンロールヴァージョンのテイクを、キースが思い出して発掘したものだ。


③ストーンズらしさ全開のナンバー群

『女たち(Some Girls)』に収録されていても遜色ないナンバー「ハング・ファイヤー」や、ロン・ウッドの名前が初めて作曲クレジットに載ったブルージーなナンバー「黒いリムジン(Black Limousine)」など、これぞストーンズといえるナンバーが揃っている。そして、当時急激に腕を上げつつあったミキサー、ボブ・クリアマウンテンを起用。アルバム全体を81年当時のトレンドにフィットするようフィニッシュしたのは、勿論ミック・ジャガーの采配だ。


2010年、2011年、2015年、とオリジナルアルバムが出ない時期を穴埋めするかのように、70年代の傑作である『スティッキー・フィンガーズ』『メイン・ストリートのならず者(Exile on Main St.)』『女たち』のアウトテイクがリリースされている。曲によっては、オリジナルのセッションから約40年を経て、ミック、キース、ロニー、ミック・テイラーが追加レコーディングを施している。『刺青の男』を制作した時の経験が見事に活かされたのだ。

それは、彼らのキャリアの中で一番テンション高く創作していた時期の気分を、改めて今現在の自分たちの中にインストールし、創作意欲を高めていくという手法であり、いうなれば「魂のアップデート」だ。

それがさらに発展し、2016年には、実質3日で録音した、ブルース・カバーアルバムの『ブルー&ロンサム』をリリース。また、オリジナル・ニューアルバムの制作も続行中、とのことだ。メンバーそれぞれが70代という、老いては益々さかんな彼らが鳴らすロッキンブルース、そしてワールドツアーを、心して待ちたい。

“A rolling stone gathers no moss”

「転がる石に苔は生さない」という意味のことわざで、国や地域によって解釈は様々あるようだ。それでも、ローリング・ストーンというワードにちなんで、どうしても反応してしまうのは、ストーンズがライブツアーに向けたリハや、レコーディングで試行錯誤する姿を的確に表現しているように聞こえるからだ。ストーンズに苔は似合わない。全くその通りだと思う。

2019.06.19
7
  YouTube / The Rolling Stones


  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1971年生まれ
海老沼大輔
コラムリスト≫
27
1
9
8
3
映画館で観てから30年、やっとたどり着いたローリング・ストーンズ
カタリベ / 本田 隆
131
1
9
9
0
ローリング・ストーンズ初来日、ここから始まった21世紀型ライブビジネス
カタリベ / 喜久野 俊和
58
1
9
7
8
世界一過小評価される弟分、ロニー・ウッドがストーンズにもたらしたもの
カタリベ / 山口 順平
14
1
9
8
6
80年代ストーンズ!ダーティー・ワークとワン・ヒットの衝撃!
カタリベ /  白石・しゅーげ
63
1
9
8
1
スタート・ミー・アップでわかるミック・ジャガーの商才と商魂
カタリベ / 中川 肇
28
1
9
8
8
唯一無二。ストーンズのキース・リチャーズが作った至高のロックンロール
カタリベ / 宮井 章裕
Re:minder - リマインダー