11月9日

六本木心中、素直になれなかった80年代とリアルにヤバかったゼロ年代

20
5
 
 この日何の日? 
アン・ルイスのシングル「六本木心中」が再リリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1984年のコラム 
デッド・オア・アライヴ、プラハの夜に鳴り響くエイティーズクラシック

永遠の青春ロッカー、ブライアン・アダムズのホワイトTシャツとデニム

タバコと私とスライダーズ、まずはマレーネ・ディートリッヒ

フロアを熱狂させるアン・ルイス「六本木心中」80年代ディスコシーンの真実!

アン・ルイスの多大なる功績、ロックをお茶の間に持ち込んだ過激な歌姫

郷ひろみ・西城秀樹・野口五郎「新御三家」がくぐり抜けたそれぞれの80年代

もっとみる≫




六本木、僕にとっては非常に馴染み深い街である。社会人になって数年後に所属したテレビ番組の制作会社は麻布十番にあって、その後に勤めたスペースシャワーは飯倉片町にあった。なので、約20年にわたり、ほぼ毎日この街に足を運んでいたのである。

年齢にして20代後半から40代後半。仕事の上でも脂が乗りまくっている時期で、半分くらいは家に帰ってなかったし、毎晩のように飲みまくっていた街でもあった。リアルな話、この街にいくらお金を落としてきたか、ちょっと考えるだけで背筋が凍る。

そんな愛すべき六本木ではあるが、80年代においては全くと言っていいほど足を運んだことがない。埼玉の奥地から渋谷の大学に通っていた身分からすれば、この街の敷居はかなりの勢いで高かった。一方、バブル期特有のチャラチャラした雰囲気を全否定するようなサブカル好きティーンエイジャーを気取っていた自分だけに、交差点周辺のベタなノリに敵意のようなものを抱いていた側面もあった。

なので、行くとすれば再開発前のヒルズ周辺にあった「六本木WAVE」のみ。ここは全フロアがポップカルチャーで埋め尽くされ、間違いなく当時の最先端を走る情報発信基地のようなビルだった。世界中から集まってくるレコードやCDを物色した後、一階にあったレイン・ツリー(雨の木)という喫茶店でカフェオレを飲んで悦に入っていた自分を思い出す。

だからこの「六本木心中」に初めて接した時も、けっ、なんだこの曲、ダセーな。としか思わなかった。ましてやしばらくしてこの曲がカラオケで頻繁に歌われるようになった時は(あの頃のカラオケはロック少年にとって天敵のような存在だった)、それに輪をかけて嫌っていた。

アン・ルイスは好きだったし、作編曲を手がけたNOBODYや伊藤銀次のアルバムはよく聴いていたから、クレジットや楽曲面でこの曲が嫌いになる訳もなく、ましてやフジテレビの「夜のヒットスタジオ DELUXE」での吉川晃司とのコラボレーション。これを自宅の茶の間で観ていた僕は、内心「おおぉ、すげぇ、カッケー」と思いながらも、この曲が好きだと公言することはなかった。

今にして思えば、なんという狭量! 六本木という特殊な磁力を持ったコミュニティに入りたかったけど、入るきっかけすら掴めず遠巻きに文句を言っている三流ジャーナリストみたいじゃないか!


 この街は広過ぎる
 BIG CITY THE LONLY PLACE

 一人ぼっちじゃ
 街の灯りが
 人の気を狂わせる


その後、この街の変遷を見続け、歌詞の意味も少しは理解できるようななった…

なぁーんて言えるとカッコ良かったのかもしれないけど、20年もの時間を費やした六本木ナイトライフは僕のクレジットカードとキャッシュフローを際限なく侵食して、いつ六本木と心中させられてもおかしくはなかった。

あー、リアルにヤバかった(汗)。

2016.09.06
20

吉川晃司&アンルイス - 六本木心中 投稿者 Elzaba
  Dailymotion / Elzaba より
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
ポンメロ
六本木心中、歌詞は湯川れい子さんが担当しているのだが、フレーズはアンさんのアイディアが盛り込まれている。何故、その事を知っているのか、というとアンさんのラジオを担当していたM氏こそ歌詞の中に出てくる「長いまつ毛が卑猥ね、貴方」の貴方のモデルその人だから、と、M氏とラジオ制作をしていたK女史に教えて貰った事がある。
2022/08/18 08:56
0
返信
1965年生まれ
宮木 宣嗣
テレ朝の深夜ドラマ『トライアングル・ブルー』のエンディングテーマでこの曲に出会いました。
これは売れるな、と思った記憶がしっかり残っています
2016/09/07 14:17
7
返信
1963年生まれ
やっすぅ
猪木?
2016/09/07 08:14
2
返信
1970年生まれ
ジャン・タリメー
吉川晃司の腰振りと直後の跪くアン・ルイスの姿勢,今じゃ自主規制に引っかかりまくるんでしょうね.
2016/09/06 09:06
2
返信
1966年生まれ
鎌倉屋 武士
湯川れい子さんの歌詞がかっこ良過ぎる~~~!!!曲が良いのは勿論ですけど、言葉の力に一気に持っていかれますネ~~~。
2016/09/06 06:50
1
返信
カタリベ
1966年生まれ
太田秀樹
コラムリスト≫
37
1
9
8
3
伊藤銀次と高橋幸宏、¥ENレーベルのクリスマスアルバムにみる2人のポップスター
カタリベ / KZM-X
22
1
9
8
6
学園祭でアン・ルイス。あの娘に夢中!高ぶる気持ちは「あゝ無情」
カタリベ / 時の旅人
27
1
9
8
1
名曲満載! ビートたけしの歌世界 ~ タケちゃんの思わず歌ってしまいました
カタリベ / 鈴木 啓之
80
1
9
8
2
沢田研二「おまえにチェックイン」佐野元春、大沢誉志幸、伊藤銀次がコーラス参加!
カタリベ / 伊藤 銀次
40
1
9
8
9
イカ天「いかすバンド天国」テレビの中に潜む音楽の本質と審査員たちの眼識
カタリベ / 本田 隆
61
2
0
2
2
早見優インタビュー ② 数多くの出会い、尊敬する先輩はアン・ルイスとテレサ・テン
カタリベ / 鈴木 啓之