11月12日
ナイル・ロジャース、マドンナをプロデュースしたシックという劇薬
50
2
 
 この日何の日? 
マドンナのアルバム「ライク・ア・ヴァージン」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1984年のコラム 
タバコと私とスライダーズ、まずはマレーネ・ディートリッヒ

野口五郎・西城秀樹・郷ひろみ「新御三家」がくぐり抜けたそれぞれの80's

上條淳士のロードムービー、スライダーズが越えた「金網」の向こう

チ・ン・ピ・ラ、渋谷の街を疾走するカマロとプライベートストーリー

人事担当者必見!「イージー・ラヴァー」に見るダイバーシティの理想形

幻の1曲、バンド・エイドの向こうを張ったクイーンのクリスマスソング

もっとみる≫

photo:WARNER MUSIC JAPAN  

突然だが、音楽ファンは、音楽オタクになる人とならない人に分けられると思う。そして、おそらくその分岐点の1つに「演者だけでなく、作り手にも関心を持つ」というのがある。僕自身も音楽オタクの1人だと認めざるをえないが、きっかけとなったのは、シックのナイル・ロジャース、バーナード・エドワーズの2人の存在だった。なにしろ1980年代に彼らがプロデュースした中で、ビルボードで1位になったシングル曲だけでこんなにあるのだ。

・ Diana Ross / Upside Down(80年9月6日1位)
・ David Bowie / Let's Dance(83年5月21日1位)
・ Madonna / Like A Virgin(84年12月22日1位)
・ Duran Duran / A View to a Kill(85年7月13日1位)
・ Robert Palmer / Addicted To Love(86年5月3日1位)

一方で、アーティストにとって、彼らにプロデュースを依頼すれば単純にハッピーかと言えば、必ずしもそうではないようにも思える。例えば、『レッツ・ダンス』はデヴィッド・ ボウイにとって最大のヒットとなったが、同時に最後のNo.1でもあった。ダイアナ・ロスのNo.1ヒットは、『アップサイド・ダウン 』以降はデュエット曲しかない。

バーナード・エドワーズと親交のあったクイーンのベーシスト、ジョン・ディーコンは、シックの『グッド・タイムズ』(79年8月18日1位)に影響を受けて『地獄へ道づれ(Another One Bites The Dust)』(1980年10月4日1位)を書いたが、それがクイーン最大のヒット曲となった。しかし、あまりにも「らしくない」楽曲だったことが、バンドの死期を早めた気がしてならない。実際、この曲が彼らにとって最後のNo.1となった。

つまり、何が言いたいかというと、この2人が楽曲に及ぼす影響力には、アーティスト本来の「らしさ」を奪うリスクがあったということだ。その点で、この影響力をうまくレバレッジ(=テコに)して成り上がったのがマドンナだと思う。『ライク・ア・ヴァージン』は彼女のキャリア初のNo.1ヒットである。


Like A Virgin
作詞・作曲:Billy Steinberg, Tom Kelly
プロデュース:Nile Rodgers
発売:1984年11月6日

2016.02.11
50
  YouTube / madonna
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1965年生まれ
中川肇
コラムリスト≫
30
1
9
8
5
80年代サウンドの発信源!ニューヨークのスタジオ・パワー・ステーション
カタリベ / 中川 肇
31
1
9
8
5
長髪のフレディを知らない子どもたち、の迷いごと ~ クイーンに捧ぐ
カタリベ / ソウマ マナブ
46
2
0
1
7
愛にすべてを… クイーンのフロントマンにふさわしいのは誰?
カタリベ / 中川 肇
25
1
9
8
5
マドンナ初のバラードシングルはマイケルとカーペンターズにつながった!
カタリベ / DR.ENO
26
1
9
8
5
マドンナは高校球児だった、ライヴエイドでのひたむきなパフォーマンス
カタリベ / 太田 秀樹
53
1
9
8
0
クイーンの「ザ・ゲーム」、僕が選ぶ歴代ナンバーワンアルバムはこれだ!
カタリベ / 藤澤 一雅
Re:minder - リマインダー